生活に役立つお金の情報です。

借金が必要な状況に追い込まない

記事作成日:2015年7月18日

借金をしないためには借金が必要な状況に自分を追い込んでしまわないようにすることが大切です。借金が必要な状況になっているということは金銭的に苦しいということですが、多くの場合苦しい状況が続いてしまって、借金地獄に陥ってしまうからです。借金を一度始めると、どんどん状況が悪くなるだけのことがあります。

スポンサーリンク

支出が収入を上回ると借金に陥る

収入よりも支出が上回ってしまう場合に借金をすることになってしまいます。現金だけで支払いを行っていると現金の範囲内でしか使えません。

しかし、払わらないと生活に重大な支障が出てしまうようなお金があるので、借金をしてでも支払うということになってしまいます。例えば家賃、光熱水道代、電話代、学費などはお金が無くても払わないと大変なことになります。また、食べ物や飲み物が買えないと生きていくことができません。

苦しい状況は続きやすい

借金をしなければならない状況に陥った理由にもよりますが、収支のバランスが崩れている上に、借金の利子や元本の返済のお金が必要になるため、家計が苦しい状況は続きやすいといえます。

歯止めをかけることが出来なければ借金が膨らんでしまうことにもなりかねません。

計画的に行動すれば多くの借金は防げる

今後の収入と支出を予測する

突然の出来事で急にお金が必要になる場合もありますが、多くの場合は急にお金のやりくりが難しくなるということは少ないです。大体の場合は何らかの予兆や原因が起きています。自分の収入や支出が把握できていて、これからの収入や支出を予測しながら家計のやりくりをしていけば、ほとんどの借金は防げます。

予測は1年先位までは必要ですが、教育費や自動車購入費などで100万円を超える支出がある場合には、頭に入れておき備えておく必要があります。

収入を上回る支出をしない

遊びや買い物でお金を使い過ぎてしまって借金にはまってしまう場合があります。これは本来支出していい額よりもお金を使ってしまっているからです。

支出していい額よりもお金を使ってしまうと、支払わないといけないものが支払えなくなってしまい、借金をすることになります。

しかし、収入と支出を把握し、収入を上回る支出をしないようにするため、お金を計画的に使うことができれば防ぐことができます。

大きな支出に備える

大きな支出が予定されている場合にはお金を準備しておかなければいけません。年に1回発生するような特別支出の支払いは見落としやすいので注意が必要です。

お金が足りないようであれば、早めに手を打つ必要があります。節約で支出を削っていったり、転職や副収入、労働時間の増加などで収入を増やしたりしなければいけません。

生活が苦しい時も家計を見直す

生活が苦しいと感じる時も、生活費が足りなくなり借金をしてしまうことがあります。特に生活が苦しい時は状況が借金で悪化しやすいので注意が必要です。

生活が苦しいということは収入と支出のバランスが崩れているので、仕事を変えて収入をアップするか、生活水準を落として支出を減らすなど、根本的な対策をしなければいけません。

緊急時用の貯金を作る

支出は予測できる以外に、急なトラブルで臨時支出が発生してしまうことがあります。予想外の支出は多額なもの少額なものなど様々ですが、頻繁に起きる場合もあります。

家計がぎりぎりの状態でやりくりされていると、何か臨時支出が発生した途端に一気に収入と支出のバランスが崩れてしまいます。借金をしてしまわないように緊急時用の貯金を作り、何かあっても借金をすぐにしなくても済むようにしておくことが大切です。

まとめ

  • 借金をしないためには借金が必要な状況に自分を追い込んでしまわないようにすることが大切です。
  • 借金をしなければならない状況になって初めて慌てるのではなく、家計の収入と支出を把握し計画的に行動することが大切です。

スポンサーリンク

【借金が必要な状況に追い込まないの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ