生活に役立つお金の情報です。

努力は報われることも報われないこともある

記事作成日:2016年10月31日

努力は必ず報われるという言葉がありますが、努力が報われることもあれば、努力が報われないこともあります。間違ったやり方で努力をしていても、努力が無駄になってしまうだけで、前進することはできません。努力が報われるためには正しい方向に向かって努力していくことが大切なのです。特に仕事では努力の方向を間違えてしまうと、人生を踏み外してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

努力は報われることも報われないこともある

努力は報われることもありますが、努力が報われないこともあります。努力が報われるかどうかは、努力が正しい方向に向いているかが大切になります。

頑張っても報われないことがある

世の中には努力しても、頑張っても報われないことがあります。仕事を例にすると労働者を大切にしないいわゆるブラック企業で頑張って働いても報われないことが多いです。

企業のために身を削って働いても、体調を崩してしまったり、精神を病んでしまったりすることがあります。頑張っても、努力しても、頑張るところを間違えてしまうと、結果につながらないことがあるのです。

努力が報われるのは正しいやり方で努力した時

努力は報われることもあれば、報われないこともあります。しかし、正しいやり方で努力すれば、報われる可能性が高くなります。

例えば試験勉強を例にして考えてみます。試験に向けて必死に勉強しても、出題されづらい分野を重点的に勉強していては良い結果を残すのが難しくなります。一方、出題されやすい分野を重点的に勉強することができれば、努力が報われて良い結果を残しやすくなります。

正しい方向に向いて努力しているか考える

努力をすることはとても大切です。努力をしなければ成功はありません。しかし、努力の方向が正しくないと、どれだけ努力しても努力が報われないことがあるのです。

努力をしていても報われない、頑張っていても結果が出ないという場合には、努力が足りないと考えることも大切ですが、努力の方向が正しい方向に向いているかどうかも見直すことが必要です。

仕事で努力が報われない場合

人生で重要な部分を占める仕事では、努力の方向性を間違えると、どれだけ努力しても、頑張っても報われないことがあります。努力が報われないことが多いような仕事では注意が必要です。

経験や知識・技能に結びつかない仕事

人間は仕事を通じて成長し、学んでいきますが、仕事の内容によって貴重な経験を積むことができる場合や、知識や技能(スキル)が得られる場合があります。しかし、難易度が低い仕事、誰にでもできるような仕事、単調な仕事、応用ができないような特殊な仕事などの場合には、仕事を通じて成長することが難しい場合があります。

社会人としての成長が止まってしまうような仕事、遅くなってしまう仕事では、自分の能力向上につながらず、労働市場での自分の価値を高めることができないため、努力しても報われないことがあります。多くの事を学べるような仕事に就けるよう努力した方が良い場合があります。

低賃金でお金が貯まらない仕事

努力が報われる1つの形がお金です。仕事で頑張ることによって、たくさんのお金が得られれば努力が報われたということができます。しかし、低賃金の仕事に就くと、努力をしても、頑張っても金銭面で報われないことがあります。

低賃金の場合は、長時間働いた時の残業代を含めたとしても生活に必要な収入すら得られない場合があり、常にギリギリで夢のない生活を送らなければいけなくなってしまうことがあります。

低賃金の仕事には、業種や職種などが構造的にも受けづらい場合と、経営者の方針によって賃金が抑えられている場合がありますが、どちらの場合も努力が報われないことが多いので、転職を検討した方が良いことが多いです。

自分の時間が奪われる仕事

長時間労働を強いられる仕事でも努力が報われないことがあります。時間はお金と並んで人生の上でとても貴重なものですが、仕事の量が多かったり、長時間労働が奨励されるような労働環境だったりして、長時間労働を強いられて自分の時間が失われてしまうことがあります。

休日にも出勤することを求められたり、電話やメールの対応を求められたりして、自分の時間を取りづらいことがあります。また、休日が休みであったとしても平日の仕事の疲れでほとんど何もできずに寝て1日が終わってしまうこともあります。

自分の生活や人生を充実させるためには、時間を有効活用することが大切ですが、自分の時間の全てが仕事か仕事の疲れを癒すために使われてしまっては、自分の時間がないまま人生が過ぎ去っていってしまいます。

努力しても自分の時間が持てないような仕事では、時間が奪われ続けてしまい、努力が報われないことがあります。仕事を努力して早く片付けても、早くできるならもっと仕事をしてよとか、手が空いているなら手伝ってとなってしまって、頑張っても早く帰れないことがあります。

精神的に病んでしまう仕事・気力を失う仕事

やる気や希望が失われてしまうような仕事、心が荒んでしまうような仕事も努力が報われない場合の1つです。

例えば、商品やサービスを無理やり売り込んだり、クレーム対応に追われたり、倫理的に問題があるやり方で仕事をしなければいけなかったり、ストレスがたまりやすい仕事、精神的に病んでしまうような仕事、気力を失ってしまうような仕事、前向きで暖かい気持ちが無くなってしまうような仕事も、努力が報わらない仕事の1つです。

仕事で努力していても、かけがえのない何か大事なものを失ってしまう可能性があります。

労働者が大切にされない仕事

労働者が大切に扱われない場合も努力が報われない可能性が高まります。そもそも経営者が労働者を都合が良い労働力というようにしか考えておらず、人格を尊重するような労働環境を提供していない場合には、労働者がどれだけ努力しても報われない可能性が高まります。会社として働いてくれている人に報いる気がないのですから。

ブラック企業と呼ばれるような低賃金での長時間労働を強いる会社、パワーハラスメントが横行するような会社では、努力しても、頑張っても報われないことがあります。報われないどころか、体を壊してしまったり、精神を病んだりしてしまって、仕事や日常生活がままならなくなってしまうことさえあります。

役割・役職が上がらない立場

仕事で重要な役割を与えられないような立場、役職が上がらないような立場の場合には、いくら頑張っても努力しても報われないことがあります。例えば、正社員であれば勤務を続ければ重要な仕事を任せられるようになり、昇進して責任ある役職に就くことができます。

しかし、非正規社員の場合には、いつまでたっても、どれだけ努力しても役割に変化はなく、役職も変わらないということがあります。非正規労働者として頑張るくらいなら、正社員になる努力をした方が良い場合があります。

企業で会社員として雇われる場合報われないこともある

人生では仕事が重要な部分を占めますが、仕事でも努力が報われないことがあります。会社員として働く場合、報われづらい仕事を割り当てられる場合があります。会社での仕事には様々な仕事がありますが、希望する仕事ばかりではないのです。

会社には報われない仕事がある

企業が用意している仕事には様々なものがあります。

難しくやりがいを感じやすい仕事もあれば、反復継続する単調なやりがいを感じづらい仕事もあります。扱い金額が大きい仕事もあれば、扱う金額が小さい仕事もあります。人に感謝されやすい仕事もあれば、反感を買いやすい仕事もあります。経験を積めたり、技能が身に付いたりする仕事もあれば、あまり経験や技能には結びつかない仕事もあります。

報われる仕事には限りがある

会社に雇われて会社員として働く場合には、自分が望むような仕事ができるとは限りません。あくまで会社が求める仕事を割り当てられるのです。成果を出せば希望する仕事をできる可能性が高まりますが、望まない仕事をしなければいけない場合も出てきます。

会社での仕事は、努力が報われる仕事と努力が報われない仕事があり、努力が報われる仕事には限りがあります。全ての人が望む仕事を割り当てられるわけではないからです。

報われないなら諦めるか転職・起業するしかない

会社員として働き続けるのであれば、努力をして報われる仕事ができるようにすることが大切ですが、その努力がそもそも報われない仕組みになってしまっている場合があります。

もし、努力をしても報われないと感じるのであれば、無駄に終わってしまうかもしれない報われない努力を続けるか、違うところで努力をするかの選択を迫られます。つまり、転職をするか、起業をするかということになります。

転職は会社員として報われる仕事がないかを模索する道で、起業は自ら報われる仕事を作り出す道です。

まとめ

  • 努力が報われることもあれば、努力が報われないこともあります。
  • 努力が報われるようにするためには、報われるような正しいやり方で努力をすることが大切です。

スポンサーリンク

【努力は報われることも報われないこともあるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ