生活に役立つお金の情報です。

固定電話から携帯電話への通話料を比較

記事作成日:2015年5月26日
最終更新日:2017年7月20日

2017年7月現在の固定電話から携帯電話への通話料金を比較しています。固定電話から携帯電話への通話料金は何もしないで電話をかけていると割高となりますが、識別番号と呼ばれる4桁の番号を090や080の前に付け加えるだけで割引される場合があります。固定電話から携帯電話へ電話をする時は意識しておくと節約になります。

スポンサーリンク

固定電話から携帯電話への通話料金の仕組み

携帯電話会社が決めた通話料金

NTT東西の加入電話から携帯電話に掛ける時の通話料金は携帯電話会社が決定した料金が適用される仕組みになっています。そのため、NTT東西の加入電話から090などで始まる携帯電話の番号にそのまま電話をかけた場合は携帯電話会社が決定した通話料で話すことになりますが、通常かなり割高となります。

識別番号をつけると中継事業者の料金に

ただし、携帯電話に電話をかける時に携帯電話番号の前に中継事業者の識別番号「00XX」をダイヤルすると、自分が中継事業者を選ぶことができます。そうすると、中継事業者が設定した料金が適用されるようになります。通常は何も識別番号をつけないよりも割安な通話料金となります。

固定電話から携帯電話への通話料金を比較

固定電話から携帯電話への通話料金を比較しました。記事更新時の2017年7月時点でのものですので、最新の情報でなくなっている場合があることにご注意ください。また、すべての割引条件を考慮しているわけではないので、場合によってはこの通りの料金でない場合があります。

固定電話から携帯電話への通話料(円/3分、税抜)
中継事業者識別番号ドコモauソフトバンク
通常料金6090~120120
NTT東日本00364852.552.5
NTT西日本0039515460
NTTコミュ0033484848
KDDI00774846.548
ソフトバンク0088545454
アルテリア0060545454
楽天コミュ0038545454
九州電話0086545454

(備考)平日昼間の通話料です。NTTコミュはNTTコミュニケーションズでプラチナ・ライン&世界割、KDDIはauまとめラインの適用時。楽天コミュは楽天コミュニケーションズ(旧フュージョン)。

固定電話から携帯電話への通話料金が安いのは?

KDDIのauまとめラインが安い

固定電話から携帯電話への通話料金が安くなるのは、単純に比較するとKDDIのauまとめラインの適用時ということになります。ただしauまとめラインはマイラインでのKDDIの利用とauケータイのセットでの利用となるため、携帯電話をどうするかという問題と関係してしまいます。なお、auまとめラインが適用されていない場合だと料金が異なりますので注意してください。

プラチナ・ライン&世界割も安い

一方で、多くの人にとって固定電話から携帯電話への通話料金が安くなるのはプラチナ・ライン&世界割です。携帯電話会社がどこであるかは問わないためです。なお、プラチナ・ライン&世界割が適用されていない場合だと料金が異なりますので注意してください。プラチナ・ライン&世界割は固定電話から固定電話への通話で必ずしも有利とは言えないため注意が必要です。

固定から携帯への通話料金を安くするには

auを利用している人でauまとめラインの割引が適用できる場合は、KDDIのauまとめラインがおすすめです。そうでない人は、NTTコミュニケーションズでプラチナ・ライン&世界割の適用を受けると最も安くなります。ただし、固定電話から固定電話への通話料として一番有利というわけではないため注意が必要です。

マイライン登録・変更料が必要になることに注意

固定電話から携帯電話に掛ける時に識別番号をつけると安くなるプラチナ・ライン&世界割を利用するには「市内通話」、「同一県内の市外通話」、「県外への通話」、「国際通話」の4つの通話区分すべてについてマイラインプラスに登録・変更する必要があります。そのため、マイラインプラスの登録・変更料として864円(税込)が発生します。

そのため、固定電話から携帯電話への通話をほとんどしていない場合は登録・変更費用が回収できない恐れもありますので注意してください。auまとめラインもマイライン利用が条件なので同じ問題が発生します。

参考:マイライン

マイラインの固定電話の通話料を比較

必ず識別番号をつけて電話

マイラインやマイラインプラスでは「市内通話」、「同一県内の市外通話」、「県外への通話」、「国際通話」の4つの通話区分について電話会社を登録することができますが、携帯電話という区分はありません。つまり、特定の電話会社を使いたい場合は携帯電話に電話するたびに識別番号を頭につけるという面倒なことをしないといけないのです。

そのため、ついつい忘れてしまうことがあるかもしれませんが、固定電話から携帯電話への通常の通話料金の通話料金はかなり割高になりますので、識別番号を忘れてしまった場合は長電話になりそうでかけ直せる場合はかけ直すことをおすすめします。

特に固定電話から携帯電話に掛ける時に頭に識別番号をつけてダイヤルすると割安になるということは、知っている人は知っていますが、案外知らない人もいるようなので気をつけましょう。

スポンサーリンク

【固定電話から携帯電話への通話料を比較の記事は終わりです】

「節約と支出|お金の使い方」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ