生活に役立つお金の情報です。

働くのが怖いのを克服するために

記事作成日:2015年8月25日

人間関係などの問題から仕事をするのが怖いと感じる時があります。働くのが怖いのを克服する方法を説明しています。怖い原因を考えて、怖い原因から遠ざかれる働き方を考えましょう。最初は短時間で簡単な仕事から慣らしていくと克服できる場合があります。働くことによる成功体験を積み重ねていくことが重要です。

スポンサーリンク

働くのが怖くなってしまう

働くのが怖くなってしまうには理由がいろいろありますが、典型的なものが上司などから強いプレッシャーや理不尽な叱責を受けた、上司や同僚から暴力的な言動や性的な嫌がらせを受けた、職場でいじめを受けた、お客さんのクレームが酷いなど人間関係によるものです。一度トラウマになってしまうと、ことあるごとに働くのが怖いと思ってしまいます。

立場が弱い人は嫌な目に合ってもなかなか反論できないですし、誰かに相談しても逆に我慢が足りないとか、仕事ができない方が悪いなど悪者にされてしまうことがあります。

普通に働いているはずなのに、肉体的あるいは精神的な負担を強く感じる職場を一度経験してしまうと、身体や心を病んでしまい、働くのが怖くなってしまうことがあります。

労働環境が良くない職場は少なくないので、転職や異動などで職場が変わっても似たような経験を続けてすることがあります。そうするとどんな職場も辛く思えてしまい、働くのが怖くなってしまうことがあります。

その他、長時間労働が酷い職場や休日が取れない職場にいると、働くのが怖くなってしまうことがあります。

酷い環境からは遠ざかる

会社の社長であれば、酷い職場を変えることはできるかもしれません。しかし立場が弱い人間では改善を訴えてもまともに取り合ってもらえないことがあります。

強い負担がかかる職場で働き続けてしまうと、体や心を壊してしまい人生の貴重な時間を無駄にしてしまうかもしれません。他の職場では何にも問題なく働けるのに合わない職場では消耗し続けてしまいます。

本当に改善が出来ないのかはしっかり考えなければいけませんが、酷い環境からは辞めるなどによって遠ざかることも選択肢です。苦しいことや辛いことには真正面から向き合わないで、逃げてもいい場合があります。

働くのが怖いのを克服する方法

身体や精神の症状は専門家に相談を

胃やお腹が強く痛むなど身体的な症状がある場合や、極度に緊張してしまうなど精神的な症状がある場合には、無理をしないで専門のお医者さんに相談しましょう。

頑張ることや無理をすることで身体や心を壊してしまっては意味がありません。

怖いと感じる原因を考える

なぜ働くのが怖いと感じるのか、原因を考えてみましょう。人によっては思い出したくないことを思い出すことになってしまいますが、何が原因になっているのか自分自身を見つめ直すことは大切です。

怖いと感じる原因が分かれば、怖いと感じる原因を無くすような働き方を考えることができます。

短時間から少しずつ始める

働いていない場合は、少しずつ働き始めてみましょう。週一回とか短時間のアルバイトやパートでもいいので、働くことに慣れていくことが重要です。

短い時間であったり週1日であったりすれば多少負担を感じてもすぐに仕事が終わるので何とか乗り切れるかもしれません。ただし、仕事と仕事の間が空いてしまうので行きたくなくなってしまうことがあることに注意しましょう。

辛さを誰かに話して聞いてもらう

辛い事を誰かに話すことで、楽になれる場合があります。自分だけで考えてしまうと考えが悪い方向悪い方向へと行ってしまうので、誰かに相談することで心の負担を減らすことができます。

誰か聞いてくれそうな人がいる場合は、話を聞いてもらうと心が軽くなることがあります。

簡単な仕事から始める

働いていない場合は、自分が取り組みやすいと思う仕事、これならできそうだと思う仕事を探して少しずつ始めてみましょう。人間関係で悩んでいる場合は、人間関係があまりなさそうな仕事を選ぶという手もあります。

ただし、働くということは少なからず人づきあいが発生する物なので、ある程度は乗り越えなければいけません。

楽しい事や夢のためと思う

働くことは何か楽しい事や自分の夢を実現するために必要な事なんだと思うと前向きになれる場合があります。何の目的もなくただ働いていると、辛いことがあっても心のよりどころがないためすぐに耐えられなくなってしまうことがあります。

楽しい事や夢のためを思えば、前向きな気持ちになって頑張れるようになることがあります。

収入がない辛さも考える

資産運用などで収入がある人は別ですが、通常は働かないと収入が得られません。収入が得られないことの辛さも考えると、それに比べたら働く方がマシかなと思えるかもしれません。

しかし、人によっては刺激が強い方法になってしまうので、向いていない場合があります。もっと嫌なことを想像して、そうならないように頑張るという方法です。

頑張り過ぎない無理しない

仕事で成果を出さないととか、周りに迷惑をかけたくないとか、責任感が強すぎて、上手くいかなかった時のことや失敗をしてしまった時を恐れてしまって仕事が怖くなる場合があります。

そういう場合は、頑張り過ぎない、無理をしないことが大切です。誰もが最初は仕事が上手くできないのは当たり前ですし、ミスをするものです。深刻に考えすぎないようにしましょう。

なんとか職場に行き続ける

嫌だなと思うことであっても、続けることで慣れていく場合があります。なんとか毎日職場に行き続けることで、自然と問題が解決することもあります。

まとめ

  • 人間関係などの問題から仕事をするのが怖いと感じる時があります。
  • 怖い原因を考えて、怖い原因から遠ざかれる働き方を考えましょう。
  • 最初は短時間で簡単な仕事から慣らしていくと克服できる場合があります。

スポンサーリンク

【働くのが怖いのを克服するためにの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ