生活に役立つお金の情報です。

借金をしないための工夫・心構え

記事作成日:2016年5月24日

借金をしてしまうと利息負担で使えるお金が減ってしまいます。また、借金は将来の自分からの前借りなので将来の自分を苦しめることにもつながってしまいます。借金をしないためには物欲を抑えて節約を心がけることが重要です。また、普段からお金を手元に貯めておくようにすることが大切です。借金をしないための工夫・心構えを紹介します。

スポンサーリンク

借金は将来の自分からの前借り

借金をしないためには、借金は将来の自分からの前借りだと思うことが大切です。お金を借りたらいつか返さなければいけません。今お金が無いからと借金をするということは、将来自分が借金を返済する義務を負うということです。カードローンやキャッシング、クレジットカードの分割払いやリボ払いなどの借金は、将来の自分が使うことができるお金を前借りすることを意味しています。

しかも借金には利息が付くため、利息分だけ自分が自由になるお金が減ってしまいます。とてもばかばかしいことだと思いませんか?どうしてもやむを得ない借金もあるかもしれませんが、しなくていい借金はしないに越したことはないのです。

物欲を抑える

あれが欲しい、これも欲しいとなってしまうと、いくらあってもお金が足りません。欲しいものがあるからカードローンやキャッシングで借金をする、クレジットカードで支払って分割払いやリボ払いにするということは基本的にやってはいけません。お金が無いなら買ってはいけないのです。

人間の欲望は限りないものなので、借金をしないためには物欲を抑えることが重要です。借金が手軽なもの、気軽なものであると考えてしまうと、抵抗なく欲しいものを借金で買ってしまうようになります。

借金をしてまで買わなければいけないものなのでしょうか?本当に非常時は仕方がないこともあるかもしれませんが、ほとんどのものは借金をしてまで買わなければいけないものではないはずです。

普段から節約を心がける

借金に手を出さないためには、普段から節約を心がけることが重要です。お金が無くなってから節約をしても効果は薄いので、普段から無駄な支出をしないように気を付けなければいけません。お金を支払うということは、お金と物・サービスを交換するということですが、お金を支払う価値があるかどうか冷静に考える習慣を身につけましょう。

また、収入にゆとりが出てきたからと言って生活水準・生活レベルを上げたり、贅沢をしないように気を付けましょう。気を抜いてしまうとあっという間にお金を使い果たしてしまうからです。

支出は計画的に行う

借金をしないためには家計の管理も重要です。固定費などの支払い日などはしっかりと把握するようにして、支払うお金が不足するというようなことがないように気を付けましょう。また、大きな買い物をする場合には、毎月のやりくりに影響しないかなどを考えて計画的に支出をするようにしましょう。

収入を確保する

借金をしないためには十分な収入を確保することが重要です。なるべく安定した仕事に就くようにする、失業しても困らないようにスキルを磨いたり副業をしたりする、少しでも収入が増えるような努力を日ごろからする、といったような形で収入を確保することが重要です。

借金の利息の怖さを知っておく

借金をしても借金をした以上にお金を増やすことができるような場合には良い借金ということができる場合もありますが、生活が苦しくて借金をする、欲しいものがあるから借金をするというのは悪い借金の場合が多いです。借金をすることで高い利息を負担することになってしまうと、ますます家計が苦しくなり、更に借金をしなければいけなくなってしまうことがあります。

カードローンやキャッシング、クレジットカードの分割払いやリボ払いは金利が高く利息負担が重たくなること、借金をすると自転車操業になってしまい借金を繰り返す危険があることを知っておきましょう。

緊急用のお金を用意しておく

借金をするということはお金が足りないということです。お金が足りる状況に陥りやすいと借金をしなければいけなくなってしまいがちです。生活をしていると、どうしても急な出費が避けられない時があるので、急な出費にも対応できるように緊急用のお金を貯めておくことが重要です。先取り貯金をするようにして緊急時・非常時にもすぐ使うことができるようなお金を準備しておくと借金とは無縁でいられます。

十分な貯金があれば、カードローンやキャッシング、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用する必要はないのです。

不要なクレジットカードやカードローン枠を作らない

借金をしないためには不要なクレジットカードを作らない、カードローンやキャッシングなどの利用限度額を持たないようにすることが重要です。何かのキャンペーンなどでクレジットカードなどを作った場合でも不要な利用限度額は減額するか、解約するようにしましょう。

すぐに借金ができるような状況のままにしてしまうと何かのはずみで使ってしまうことがあるからです。また、不正な利用を防ぐという意味でも不要な利用限度額を削減しておくことは重要です。

まとめ

  • 借金は将来の自分が使うことができるお金を前借りするものなので、必要がない借金はしないようにしましょう。
  • 借金をしないためには、物欲を抑えて、普段から節約を心がけることが重要です。また、貯金の習慣を身につけて、手元の自由に使えるお金を増やすことが大切です。

スポンサーリンク

【借金をしないための工夫・心構えの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ