生活に役立つお金の情報です。

専業主婦は泥沼化しやすいので借金してはいけない

記事作成日:2017年3月17日

専業主婦(主夫)が借金をしてしまうと泥沼化しやすいため、借金をしてはいけません。収入がない場合には基本的には借金は難しいのですが、何らかの理由でクレジットカードやカードローンを利用できる場合であっても、借金をすると厳しい状況に陥りやすいので借金をしてはいけません。特にクレジットカードは専業主婦が利用しやすい場合もあり、使い過ぎてしまうリスクがあります。

スポンサーリンク

専業主婦でも借金ができる場合がある

借金は収入がなければ基本的には難しいですが、専業主婦でもクレジットカードを利用することができる場合があります。また、専業主婦でもカードローンを利用できる場合もあります。専業主婦でも借金をできる場合がありますが、借りられるからといって借りてしまうと大変な目に合うことがあります。

専業主婦の借金は収入がないから泥沼になる

専業主婦が借金をすると大抵の場合は泥沼化します。専業主婦は基本的に収入がありませんし、パート・アルバイトや内職などをしている場合(主婦・主夫)でも、収入はそれほど多くはないため、お金が足りなくて一度借金をすると、借金が増えていくことが多いからです。

本当に一時的にお金に困った場合であれば、借金をしても家計のお金をこっそり返済に回して返すというようなことも考えられますが、専業主婦がお金が足りないという場合には、家計からのお金も期待できないからこそ足りないわけで、借金をすることでより厳しい状況になることが多いです。

そのうち何とか返せるだろうと思っても、なかなか返せなかったり、追加で借金をしてしまったりして、返せなくなってしまうことがあります。

借金が家族の関係を悪くすることがある

専業主婦の人が家族に内緒で借金をすると、何かのきかっけで借金が発覚した場合、家族の関係を悪化させてしまう可能性があります。知らないまま家族が借金をしていたということを知ると気分が良くない人も多いのです。やむを得ない事情があるにしても内緒で借金をすると問題が拡大することもあります。

専業主婦は借金をするより夫など家族に相談する

もしお金が足りなくて借金をしようと考えるのであれば、まず借金をする前に夫(妻)などの家族に相談することが先です。家計に入れてもらっているお金やお小遣いでは買えないものがある、あるいは家計が足りなくて困っているというのであれば、家計について夫婦など家族の間でしっかり話し合うべきです。

お金が足りないなら金融機関から借りるのではなく、まず家族の中でなんとかならないか考えるべきです。借金を借りてしまうと利息も付いてしまいます。

借金があるなら一刻も早く夫など家族に相談する

もし既に専業主婦の人で借金をしてしまっているなら状況が悪化しないようにすることが大切です。一番良いのは夫(妻)などの家族に打ち明けて相談することです。しかし、夫婦仲が悪い、単身赴任などで遠隔地に住んでいるなど、相談できるような状況でない場合には、他の信頼できる親族に相談するということも選択肢になります。

家族でも相談できる人がいないという場合には、債務の専門家に相談して法的な解決を模索するということも選択肢の1つとなります。

自分一人で問題を抱えていると借金が増えていってしまって事態が悪化してしまうことが多いので、借金問題が悪化してしまっている時には一刻も早く誰かに相談することが大切です。

お金が足りないなら借金ではなく収入を増やす

もし専業主婦の人でお金が足りないと感じるのであれば、借金をすることを考えるのではなく、収入を増やすことを考えましょう。パートやアルバイトをする、内職をするなど働いていない場合には働くことを考えましょう。働いている場合は、働く時間を増やす、収入が高い仕事を探すなどして、収入を増やす方法を考えるようにしましょう。

借金をすれば一時的に手元にお金が入りますが、いつか返済をしなければいけないものです。借金でお金が足りないのをなんとかしようとするのは避けるようにしましょう。

まとめ

  • 収入がない専業主婦が借金をすると厳しい状況に陥りかねないので借金はやめましょう。
  • お金が足りないなら家族に相談するか、収入を得るようにしましょう。

スポンサーリンク

【専業主婦は泥沼化しやすいので借金してはいけないの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ