生活に役立つお金の情報です。

突然の出費でカードローンやキャッシングに頼らない

記事作成日:2018年5月6日

カードローンやキャッシングを利用する動機の1つとして、突然の出費で困ってしまってお金が足りないということが挙げられます。突然の出費への備えを全くしていなかったため、お金が足りず、安易にカードローンやキャッシングに頼ってしまうということがあります。突然の出費でカードローンやキャッシングに頼らないようにすることは借金を避けるために重要なことです。

スポンサーリンク

家計がぎりぎりの生活を続けない

家計がぎりぎりの生活を続けないことは借金をしないために重要です。家計が常にぎりぎりの状態が続いているということは何らかの事情で均衡が破られると、家計は赤字に陥ってしまい、貯金の取崩や借金が始めることを意味します。

家計がぎりぎりであっても何とか回っているから何もしなくていい、と考えているとあっという間に窮地に陥ってしまう可能性があります。家計が苦しい、家計がぎりぎりであるならば、抜け出せるように何らかの対策を打たなければいけません。

実際に困ってからでは、カードローンやキャッシングに頼ることになってしまい、利息の負担でますます苦しくなってしまうことがあるのです。

収入を増やすことや支出を減らすことで家計の改善を早急に行う必要があります。

突然の出費に備えておく

人生何が起こるかわかりません。病気やけが、突然の転勤、冠婚葬祭、自分や配偶者の妊娠、自然災害、交通事故など様々な原因によって突然の出費に迫られることがあります。また収入もボーナスのカット、リストラなどで突然減少してしまうかもしれません。

突然の出費は突然であることは確かなのですが、あらかじめある程度は想定し対応策を準備しておくことが可能です。

貯金をしておく

突然の出費に備えるために最も基本的な方法が貯金です。貯金はお金の使いみちが自由で、好きなタイミングで利用することができます。保険や融資では迅速にお金が受け取れないことがありますし、保険会社に支払いを拒否されたり、融資が否決されたりして最悪の場合お金が準備できないこともあります。

発生の可能性が高い突然の出費には自分の貯金で対応できるようにある程度まとまった金額を常に動かせるようにしておくことがカードローンやキャッシングに頼らないために重要です。

最低でも100万円かつ毎月の給料の6か月分程度は貯金が欲しいところですが、数万、10万、20万、30万、50万でも構わないので、早めに貯金をしておくことが大切です。

保険に入っておく

突然の出費に対応する有力な方法の1つの保険があります。特に、巨額の出費が見込まれるものの、発生頻度・可能性は低いリスクに備えるものとして、自宅の火災などに備える保険(火災保険・地震保険)、他者への賠償責任に備える保険(自動車保険・個人賠償責任保険)、遺族の生活に備える保険(死亡保険)、働けなくなることによる所得減少に備える保険(所得補償保険)などは加入すべき価値があると考えられます。

保険というと、病気やケガへの保険が真っ先に頭に浮かぶかもしれませんが、医療保険やがん保険は保険事故となる可能性は高いものの、保険金額も低めで、貯金をしっかりすれば自分でも対応が可能であるため優先度は相対的に下がります。

むしろ、高額の支出が発生する可能性があるリスクへの対応が保険の活用としては重要なのです。

本当にお金に困った時の手段を知っておく

本当にお金が足りなくなってしまい、困った場合にどうしたらよいかあらかじめ知っておくことも大切です。生活福祉資金貸付制度や地方自治体・日本政策金融公庫(教育ローンなど)などによる公的な融資制度について調べておくことが大切です。また、生活そのものが困難であるならば、借金をするよりも生活保護を考えるべき場合もあります。

今お金に困っていなくても、もしお金に困った場合には、どのような公的融資制度があるのか、生活保護はどのような場合に受けられるかなどを知っておくことが大切です。また、いざという時に親族などで頼れる人がいるのかどうかについてもあらかじめ考えておくことが大切です。

もし何も知らない、考えていないということになると、カードローンやキャッシングが目に留まりやすいため、焦って借りてしまうことになりがちです。あらかじめ何ができるかを知っておくことがカードローンやキャッシングをしないことにつながるのです。

カードローンやキャッシングに頼ると借金で苦しむことに

カードローンやキャッシングに一度頼るとその後借金で苦しみ続けることが多いです。カードローンやキャッシングはお金がないから借りるにもかかわらず、高い金利で利息負担が重くなるため、苦しい家計がさらに苦しくなるのです。

そのため、できればカードローンやキャッシングとは無縁の人生を送った方が幸せなのです。突然の出費でカードローンやキャッシングに頼らなくていいよう、突然の出費への備えをしておくことが重要です。

まとめ

  • 突然の出費でカードローンやキャッシングに頼らないようにすることが借金地獄に陥らないために重要です。
  • 突然の出費に備えるために、貯金をする、保険に入る、公的な融資制度など困った時にどうしたらよいか知っておくという対策があります。

スポンサーリンク

【突然の出費でカードローンやキャッシングに頼らないの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ