生活に役立つお金の情報です。

キャッシング・カードローンはなるべくやめたほうがいい

記事作成日:2017年11月3日

キャッシング・カードローンは悪いことだ、よくない、何となく怖い、やめたほうがいい、といったような印象があるかもしれません。キャッシング・カードローンは単にお金を借りる方法に過ぎず手軽にお金を借りてしまえるのですが、キャッシング・カードローンは手軽であるために、家計の問題を先送りするために用いられてしまうことがあります。また、キャッシング・カードローンの元本・利息の返済の負担が家計を圧迫することがあります。キャッシング・カードローンはできればやめたほうがいいのです。

スポンサーリンク

お金を借りられると思うと我慢できなくなる

もし、本当にもう使えるお金がないという状況になれば、生活が懸かっているため、必死になって節約したり、稼いだりしようとします。しかし、お金が足りなくても借りられるという状況であれば、無理して頑張らなくても、借りてしまえばいいやと気持ちの緩みが出てきてしまいます。

キャッシング・カードローンを借りようとするということは、本来することができた努力をできない状況にしてしまうことになりかねません。努力をしてやりくりをすれば、キャッシング・カードローンを借りなくても済んだのに、借りられるから努力を怠り借金をしてしまうということになりかねません。

キャッシング・カードローンを借りてしまうようになると、キャッシング・カードローンへの抵抗感薄れ、借金の根本的な原因と向き合うことを先送りしてしまうことにならないのです。

キャッシング・カードローンは金利が高い傾向

キャッシング・カードローンは金利が高いため利息の負担が大きくなりがちです。もし、どうしても借金をしなければいけないのであれば、キャッシング・カードローン以外の借金、公的な機関から借り入れや、銀行のフリーローン、教育ローンなどのように目的別ローンを検討した方が利息負担は少なくて済みます。

もし本当にやむを得ないような理由で借金をしなければいけない場合にはなるべく低金利で借りることを心掛けましょう。多くのキャッシングやカードローンは金利が高いため、なるべくならやめたほうがいいのです。

キャッシング・カードローンは、目的別ローンなどと比べて手続きが簡単ですし、すぐ借りることができます。しかし、ひと手間かけて金利ができるだけ低いローンを選ぶべきなのです。もちろん、借金をしないならば借金をしないのが一番いいです。

利息負担で家計の収支が悪化しますます苦しくなる

キャッシング・カードローンを借りなければいけない状態というのは家計が苦しい状態です。しかし、キャッシング・カードローンを借りると元本の返済が始まるだけでなく、利息の支払いも必要になります。

借金をしなければいけないほど苦しい家計なのに、更にキャッシング・カードローンの元本・利息の支払いが発生したら、ますます家計の収支が厳しくなり、抜け出せなくなってしまう恐れがあります。

キャッシング・カードローンのような借金は一度借りてしまうと、どんどんと家計が悪い方向に転がり落ちていってしまう場合があるのです。キャッシング・カードローンはできればやめたほうがいいのです。

家計の収支の改善が最優先

当面のお金のやりくりをしなければいけないので、キャッシングやカードローンの借金で乗り切ろうと思うのは仕方がないことかもしれません。しかし、当座をしのぐことばかりに気になってしまって、日々何とか生活していけるというだけではいずれ行き詰まってしまいます。

借金をしなければいけない状況に陥っている原因はお金が足りない事です。お金が足りないということは、収入が少ないか、支出が多いことが原因です。お金を借りなければいけないようならば、家計の収支の改善を行うことが最優先です。

借金は一時的に問題を先送りできても、いつか返さなければいけません。返せなければ、また借金を繰り返すということになりかねません。

無駄な支出があれば見直しを行い、ある程度は我慢して買い物を減らさなければいけません。仕事で成果を上げられるよう努力したり、転職したり、副業をしたり、働く時間を長くしたり、共働きになったりして収入を増やすことも大切です。

キャッシング・カードローンの手軽さに安易に負けてはいけない

キャッシング・カードローンは審査がありますが、他のローンと比べるとかなり簡単に借りられてしまいます。そして、キャッシング・カードローンを既に借りていても、ある程度までは他のキャッシング・カードローンを追加で借りることも可能です。

キャッシング・カードローン自体は悪いことでもなく、単にお金を借りる手段に過ぎないのですが、キャッシング・カードローンに頼ることで、家計の問題が解決されないまま先送りされてしまったり、利息負担でより苦しい生活を強いられたりするリスクがあります。

キャッシング・カードローンを安易に借りてしまうと、将来の自分のお金から前借りをすることになってしまいます。元本分は借りて使う部分なのでまだ納得できるかもしれませんが、利息分はお金のやりくりが上手なら本来払う必要がない手数料で、その分だけ自分が人生で使えるお金が減ってしまいます。

どうしてもお金に困ったらキャッシング・カードローンなどの借金を考えざるを得ないかもしれませんが、キャッシング・カードローンはできればやめたほうがよいのです。キャッシング・カードローンなどの借金を借りなけばどうにもならないような状況に追い込まれないように家計をやりくりすることが大切です。

まとめ

  • お金が足りないとキャッシング・カードローンなどの借金をしなければいけない状況になってしまいますが、キャッシング・カードローンはできればやめたほうがよいのです。
  • キャッシング・カードローンを借りられると意識すると家計の問題に向き合えなくなってしまう可能性があり、キャッシング・カードローンを借りても一時しのぎにしかならず元本・利息の負担でますます家計が苦しくなるリスクがあります。

スポンサーリンク

【キャッシング・カードローンはなるべくやめたほうがいいの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ