生活に役立つお金の情報です。

借金の利息負担で家計はますます苦しく

記事作成日:2015年6月14日

キャッシングやカードローンなどの借金をする人は、お金が足りないから借金をします。しかし、借金をすると利息がかかります。キャッシングやカードローンなどで借金をする人が高い利息を支払ってやりくりできるのか、借りる前に考える必要があります。借金の利息負担で苦しい家計はますます苦しくなる可能性があります。

スポンサーリンク

借金をしたら利息を支払わないといけない

キャッシングやカードローンを利用する理由は様々だと思います。生活費が足りない、買いたいものがある、支払いが苦しい、遊ぶお金が欲しいなど理由はいろいろあると思います。

借金をする前に考えてください。借金はタダではできません。返済をしなければいけないのはもちろんですが、利息がかかってきます。しかもキャッシングやカードローンは金利が多くの場合年率で10%以上となり、高い金利が発生します。借りた分だけではなく、利息も支払う必要があります。

お金が足りない人にとって利息は重い

キャッシングやカードローンなど借金をする人は何かしらの理由ではお金が足りない人です。お金が足りない人はお金に余裕がないはずですが、借金をして利息がかかったらますますお金のやりくりが厳しくなるはずです。

100万円を年率10%で借りたとしたら、返済分を考慮しなければ1年で10万円の利息がかかります。実際にはいくらか返済をするので利息は10万円よりは少なくなりますが数万円の利息にはなります。お金が足りなかった人は利息を抱えることで家計のやりくりがより厳しくなる可能性が高いです。

お金がないからと借りると借金地獄に

キャッシングやカードローンは業者の努力もあって気軽に借りられるようになっています。しかし、気軽に借りられるからこそ安易に手を出してはいけないのです。お金がないのに借りてしまうと利息負担でますます苦しくなります。何も考えないまま借りてしまうと借金地獄に足を踏み入れることになりかねません。

なぜなら、借金をする人はお金のやりくりが厳しくなっているはずで、利息を負担したらもっと苦しくなる可能性が高いからです。

冷静になって考えてみてください

借金をしないとお金のやりくりが厳しい時、借金をすれば一時的にやりくりができるようになります。しかし、今後は利息が発生するのでさらにやりくりが厳しくなります。今まで生活が苦しかったのに、借金をしたらもっと苦しくなりませんか?

借金をするなら理由と返済計画を明確に

どうしてもお金が必要という時もあるかと思います。しかし、本当にお金を借りてまで、お金が必要なのかは借りる前に良く考えてください。遊びなどが目的であれば借りるのを踏みとどまるべきです。

また、お金を借りる時は利息を負担しても返せるのかどうかよく考えてください。お金を借りるということは、普通はお金のやりくりが厳しいはずです。今後収入が増えることがほぼ確実であるとか、まとまったお金が何らかの理由で確実に手に入るなど、返済計画の目途が立たない限り借金をしてはいけません。ご利用は計画的にと言われますが、本当に計画的にしないと家計は行き詰ってしまいます。

利息は重くのしかかってきます。その負担を受け入れてでも借金をする理由があり、返済もできる時だけ借金のことを考えましょう。

まとめ

  • キャッシングやカードローンなどの借金をしたら高い金利の利息を負担しなければなりません。
  • お金がないからと借金をしてしまうと利息負担で生活がさらに苦しくなるリスクがあります。
  • お金を借りる時は本当に必要か、返済はできるのかよく考えてください。

スポンサーリンク

【借金の利息負担で家計はますます苦しくの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ