生活に役立つお金の情報です。

借金返済で貴重な時間を使うことに

記事作成日:2015年6月3日
最終更新日:2016年2月5日

支払いに困った時に利用してしまうキャッシングやカードローン、その他にクレジットカードのリボ払い、手軽に利用できて便利な面もあるのですが、利用金額が膨らんでくるとなかなか返せなくなってしまいます。借金が増えてしまうと人生の貴重な時間を借金返済に追われることになってしまいます。借金は人生に影を落とします。

スポンサーリンク

借金はすべて悪いわけではないけれど

住宅ローンは住宅を変えるまでお金が貯まるのを待っていたら年を取ってしまうので、年を取る前に家を買って住めるというのは利息があっても合理的な部分もあります。

また、事業をする場合の借金も借りた利息よりも大きな利益を得られるのであれば、借金は事業の拡大の原動力になります。借金がすべて悪いというわけではありません。

しかし、キャッシングやカードローン、クレジットカードのリボ払いなどは、買い過ぎ、使い過ぎ、無駄遣いなどで生活が苦しい、支払いができないといったような場面に使われることが多く、利息も高いので返済が重くのしかかってきます。

借金返済は気分的に良くない

少額の借金であればそれほど気持ちに重くのしかかるということはないかもしれませんが、多額の借金になると気持ちに重くのしかかります。

普段から借金の事を考える時間が増えて、支払いを気にしてなかなか気分が晴れなくなります。借金がなければ気持ちがどんよりすることがなかったはずなのに、浮かない気持ちでもったいない時間を過ごしてしまいます。

借金があると人生の選択に影響も

借金をまったく気にしないという人は少ないのではないかと思います。借金があると人生の様々な場面に影響します。例えば転職や結婚などが挙げられます。

借金があると収入を上げるために転職を考えなければいけないかもしれません。逆に借金があるので収入が一時的に減ってしまうようなやりたい仕事に挑戦できないと考えてしまうかもしれません。

借金があると結婚に踏み切ることもできないかもしれません。パートナーに借金を打ち明けたら、喧嘩の火種になるかもしれません。

返し終わるまで利息がかかる

借金には利息がかかります。キャッシングやカードローンの利息は年率で10%以上になることが多いため、かなりの高金利です。借金をしてしまうと元本だけではなく利息の支払いも負担になります。借金がなければ自由に使えたはずのお金が使えなくなってしまいます。

借金は将来の自分からの前借り

借金は将来の自分からお金を前借りすることです。しかも利息分も追加して負担しなければなりません。借金がある分、将来の自分の行動を縛ることになってしまいます。自分の将来から借りても良いお金なのか借金の前に良く考えましょう。

借金を返すために時間を使うことに

借金を抱えてしまうと借金を返済することに多くの時間を使うことになってしまいます。毎月のやりくり、支払日の把握と口座管理、返済が苦しい時の資金繰り、支出を減らすための節約、収入を増やすための残業や転職など人生の様々な場面に影響します。借金は人生の貴重な時間を奪ってしまうかもしれないのです。

まとめ

  • 借金は将来の自分からの前借りです。
  • 借金があると人生に影響します。
  • 借金返済のため多くの時間を使います。
  • 本当にして良い借金か考えましょう。

スポンサーリンク

【借金返済で貴重な時間を使うことにの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ