生活に役立つお金の情報です。

キャッシングやカードローンも借り換えで金利を下げられる

記事作成日:2018年4月28日

消費者金融や信販会社など貸金業者のカードローンやキャッシング、クレジットカードに付帯するカードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いや分割払いも借り換えて借入金利を下げることが可能です。カードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いや分割払いの借り換えで借入金利を下げることができれば利息(手数料)の負担を軽くすることが可能です。

スポンサーリンク

借金の借り換えが効果的な条件

借金の借り換えというと通常住宅ローンが有名ですが、住宅ローンは借入金額が大きいこと、借入期間が長いことから、借り換えによる僅かな金利低下でも、数十万円、数百万円の単位で利息負担の軽減ができる場合があります。

借金の借り換えは、大雑把に言うと「利息=借入金額×借入金利×借入期間」で決まるため、借入金額が大きい場合、借入金利が高い場合、借入期間が長い場合に効果が大きくなります。

キャッシング・カードローン・リボ払い・分割払いも借り換えが効果的

カードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いや分割払いは借入金額は住宅ローンよりも少額ですが、借入金利はとても高く、借入期間も返済金額にもよりますが5~10年間程度と比較長くなることもあります。

そのため、カードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いや分割払いでも、借り換えが効果を発揮します。例えば18%の金利をパーセント表示で1桁台、例えば7%や8%にできれば大幅に利息の負担が軽減します。

通常のカードローンやキャッシングでは借り換えの意味が薄い

消費者金融や信販会社など貸金業者のカードローンやキャッシング、クレジットカードに付帯するカードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いや分割払いを、それまでと同じように消費者金融や信販会社のカードローンやキャッシングで借り換えようとしても意味がほとんどありません。なぜなら、金利が高いからです。

消費者金融や信販会社など貸金業者のカードローンやキャッシングは審査結果が良ければ、低い借入金利で借りられる場合がありますが、恵まれた状況にある人でないと低金利は難しく、借り換えを考える人は借金が既にあるため低金利で借りられる可能性は低いと言えます。

銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合の融資で低金利のものを探す

銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合などの融資は低金利で借り換えが可能なものがたくさんあります。ただし、積極的に売り込もうとしているカードローンなどは金利が10%を超える場合も多く、あまり状況は改善しません。

しかし、銀行・地方銀行・信用組合などはお金を貸して初めて商売が成り立つため、常に新規の融資先を探しています。

極度額が設定されるカードローンではなく、目的別ローンやフリーローンなどのように最初に1度借りてその後は返済だけが続き再度の借り入れができないようなローンは金利が低いものも多く、借りてくれる人を探しています。銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合などのカードローンも金利が低く好条件なものも探せばあります。

身近に目にする消費者金融など貸金業者のカードローンやクレジットカードのカードローン・キャッシングだけではなく、世の中の融資商品を比較して金利が低いものがないかを探すことが大切です。

キャッシングやカードローンの借り換えは手続きや審査が大変

キャッシングやカードローンの借り換えによって金利を下げることが可能ですが、金利が低くなるとその分審査の手続きが煩雑になりますし、審査も通りづらくなります。

しかし、その審査に手間をかけることによって借入金利を大幅に下げることができる場合があり、積極的に挑戦すべきであると考えられます。

クレジットカードのリボ払いや分割払いが借り換えできるローンも

クレジットカードのリボ払いや分割払いも借り換えが可能です。銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合などの融資の中には資金使途が事業の場合を除いて自由となっている場合があり、カードローンやキャッシングだけではなく、クレジットカードのリボ払いや分割払いの返済に利用できることもあります。

クレジットカードのリボ払いや分割払いは金利が年率で10%を大きく超える場合も多いため、借り換えによって利息(手数料)負担を下げることができる場合があります。

金利が年率で10%を超えるような場合は積極的に借り換えを検討

借り換えは住宅ローンが有名ですが、キャッシング・カードローン・リボ払い・分割払いも借り換えが可能です。既に借金がある状態の場合には、審査が難しくなりますが、収入がある程度多い場合など借り換えが可能な場合があります。

キャッシング・カードローン・リボ払い・分割払いも積極的に借り換えができないか検討し、借り換えの審査に挑戦してみる価値があるのです。

なお、複数のキャッシングやカードローンなどの借金を1つの借金に一本化する場合にはおまとめローンというような場合がありますが、借り換えの一種です。ただし、おまとめローンには金利がそれほど低くないものもあるため注意が必要です。

金利が年率で10%を超えるようなキャッシング・カードローン・リボ払い・分割払いは積極的に借り換えを検討することが大切です。

まとめ

  • カードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いや分割払いは金利が高いことが多いですが、借り換えによって金利を下げることが可能です。
  • カードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いや分割払いの金利が10%を超えている場合は、積極的に借り換えを検討しましょう。その場合、同じようなカードローンやキャッシングを借りても金利はほとんど下がらないことが多いので注意が必要です。

スポンサーリンク

【キャッシングやカードローンも借り換えで金利を下げられるの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ