生活に役立つお金の情報です。

カードローンやキャッシングはお金を使い過ぎてしまう

記事作成日:2017年4月17日

カードローンやキャッシングを利用するとお金を使い過ぎてしまうことがあります。カードローンやキャッシングを使用してお金を借りると、持っている現金の金額を超えてお金を使うことができます。また、実際には借りていなくてもカードローンやキャッシングが利用できる状態の場合、お金が足りなくなったら借りればいいやという考えになってしまうことがあり注意が必要です。

スポンサーリンク

カードローンやキャッシングはお金がなくても買えてしまう

普通はお金がないと買い物ができません。しかし、カードローンやキャッシングを利用するとお金がなくてもお金を借りて買い物が出来てしまいます。返済する当てがなくても借りられてしまう事があります。

現金であれば、現金の範囲内でしか買い物ができませんが、カードローンやキャッシングは利用できるお金を増やしてしまうので、持っているお金以上の買い物が出来てしまい、お金遣いが荒くなってしまうことがあります。

借りても分割して返済できるので返済負担が最初は軽い

カードローンやキャッシングを借りた場合、キャッシングは1回で利用金額を全額返済しなければいけないことも多いですが、カードローンや一部のキャッシングは利用した金額全額を1回ではなく複数回に分けて返済すればよいので、借りた金額よりも1回あたりの返済金額が大幅に少なることも多いため、負担感が軽いです。

そのため、お金を借りても返済は余裕でできると思ってしまい、安易な気持ちで借り入れを増やしてしまい、お金遣いが荒くなってしまうことがあるのです。

いつでも借りられると思うと金遣いが荒くなる

カードローンやキャッシングを利用できるようになっていても実際にはお金を借りていないという場合であっても、カードローンやキャッシングが利用できる状態であるだけでお金遣いが荒くなることがあることに注意が必要です。

カードローンやキャッシングがいつでも利用できて、いつでも借りられるような状態になっていると、お金を使い過ぎたらカードローンやキャッシングで借りれば何とか支払えるということになってしまって、計画的なお金の使い方が出来なくなってしまうことがあります。

カードローンやキャッシングは実際にお金を借りていなくても、お金を借りられる状態である場合には、それだけでお金遣いが甘くなってしまうことがあるのです。

カードローンやキャッシングは使わず解約する

カードローンやキャッシングは、お金を借りている場合はもちろんですが、利用限度額の設定がされているけど実際には借りていない場合もお金遣いを荒くしてしまう場合があります。そのため、カードローンやキャッシングは使わずに解約をしておくことが望ましいです。どうしても解約できない場合は利用限度額を減額しておきましょう。

どうしても貯金ができないという場合には借金の利用限度額を保険として取っておくという考え方もできなくはありませんが、借金が膨らむ危険があるため、あまりお勧めできません。非常用のお金は貯金で貯めておくべきです。

まとめ

  • カードローンやキャッシングを利用すると自分が持っているお金以上のお金を使うことができてしまうため、お金を使い過ぎてしまうことがあります。
  • カードローンやキャッシングの契約があるだけで実際には借りていない場合でも足りなくなったら借りればいいという気持ちからお金を使い過ぎてしまうことがあります。

スポンサーリンク

【カードローンやキャッシングはお金を使い過ぎてしまうの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ