生活に役立つお金の情報です。

債務整理を悩むなら早めに決断して人生の時間を無駄にしない

記事作成日:2016年7月19日

借金を抱えてしまった時に、借金をなくすための方法には大きく分けると、地道に返済する、債務整理をするという2つがあります。地道に返済するか債務整理をするかは、人によって考え方も違いますし、どちらの方法にもメリットとデメリットの両方があります。しかし、地道な返済がもう難しいというような場合は、債務整理を選んだ方が良いと考えられます。債務整理を使用かどうか悩んでいると、時間だけが経ってしまうので生活再建のために決断することも大切です。

スポンサーリンク

借金が増えると現状維持が精一杯になる

借金があまり増えすぎてしまうと、借り換えなど出来る手段を尽くしたとしても、いずれ現状維持が精一杯になってしまって借金がなかなか減らくなってしまうことがあります。

自転車操業と呼ばれる状態になってしまうということなのですが、毎月返済を続けていても生活費が足りなくて再び借りてしまい借金が減っていかず現状維持が精一杯になってしまうのです。

借金が減らせそうにないなら債務整理を

借金を減らすことができないほど膨らんでしまっていて、現状維持がやっと、生活をしていくのもギリギリというような場合には、人生の貴重な時間を無駄にしないためにも債務整理に踏み切って、生活を再建する方が望ましいことがあります。何年も借金が減らない状況を続けているのは人生の時間がもったいないです。

借金の返済に時間がかかり過ぎる場合にも債務整理を

借金を減らせないほどひどくはなくても、借金を完済するまでに何年もかかってしまうというなら債務整理を考えた方が良い場合が多いです。5年、6年、7年、8年といったような長期間借金が完済できないような見通しなら、債務整理について一度真剣に考えた方が良いでしょう。

人生の時間は限られているので借金でお金と時間を無駄にしない

人生の時間は限られています。何年間も借金返済の不安を抱えて、生活が苦しい状況で暮らしていくより、債務整理に踏み切って生活を立て直して新たな人生を歩んだ方が良いことがあります。

借金で苦しむようになってしまうと、お金だけでなく、時間も無駄にしてしまうのです。人生を楽しむのではなく、借金のために生きる人生になってしまいます。

債務整理をするかどうか悩んで時間を無駄にしない

債務整理をするかどうか悩むほどの状況であれば、悩む時間さえももったいないです。もうどうしようもないくらい追い込まれているのであれば、ギリギリの生活を続けて苦しむよりも、債務整理を真剣に検討すべき段階になっています。 債務整理をする場合には、専門家に言われるがまま決めてしまうのではなく、あくまでメリットとデメリットを理解した上で自分で決断することが重要ですが、悩んで何もできなくなってしまうのでは意味がありません。

借金を何とかしたいなら行動するしかない

借金をどうにかしたいのであれば、何か行動を起こさなければいけないのです。返済ができそうなら返済に向けて家計を立て直すことが大切ですし、返済が難しい場合は債務整理に踏み切るしかないのです。行動を起こさないで悩んでいるという状態では前に進めないので、行動するしかないのです。

債務整理のデメリットは絶対に理解しておく

債務整理にも方法によっては官報に掲載される、信用情報に傷がつくので借金が難しくなるなどのデメリットがあることや、借金を踏み倒しているようで悪い気がすると感じることなどから、借金の返済が限界でも債務整理に踏み切れない場合があります。

特に官報はデータベース化されるため、将来にわたって債務整理をしたという情報が残ることのリスクは意識しておかなければいけません。

まとめ

  • 借金をなんとかしたいのであれば、地道に返済するか債務整理をすることになります。
  • 借金を減らせないほど膨れ上がってしまっている、完済まで長期間かかるというような場合には債務整理も選択肢です。借金で苦しむ時間がもったいないということも意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

【債務整理を悩むなら早めに決断して人生の時間を無駄にしないの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ