生活に役立つお金の情報です。

ゴールドカードのメリットとデメリット

記事作成日:2018年4月12日

クレジットカードの一般カードの格上のカードとしてゴールドカードがあります。ゴールドカートのメリットとしては、一般カードと比べると、利用限度額が増加する、旅行保険が充実しているということを挙げることができます。一方で、ゴールドカードは審査が一般カードと比べると厳しいため入手しづらい、年会費が高額などのデメリットがあります。

スポンサーリンク

ゴールドカードのメリット

ゴールドカードを保有することによるメリットについてです。

利用限度額が高額となる

ゴールドカードは一般カードよりも利用限度額が高額となる傾向があります。審査結果に応じて利用限度額は変わりますが、ゴールドカードは一般カードよりも高額の利用限度額が設定されることが多く、クレジットカードを頻繁に利用する人、利用金額が多い人は利便性が高まる可能性があります。

旅行保険の補償内容が充実する

ゴールドカードは基本的に一般カードよりも付帯する旅行保険の補償内容が充実しています。補償金額、補償対象となる家族の範囲、保険の条件(自動付帯か利用付帯か)などで一般カードよりも有利になる傾向があります。また、海外旅行保険だけではなく国内旅行保険が付帯する、充実する場合もあります。

海外旅行に行く人にとっては、旅行の都度海外旅行保険に加入するよりも、クレジットカードの旅行保険を利用する方が安上がるとなることがあります。

ポイントなどの還元率が良くなることがある

ゴールドカードは同じクレジットカード会社が発行する類似する一般カードよりもポイントなどの還元率が高めに設定されている場合があります。

ただし、ポイントなどの還元率はクレジットカード会社ごとによって差が大きく、ゴールドカードであれば必ず還元率が高いとも限りません。

空港のラウンジが無料で利用可能となる

ゴールドカードでは、空港のラウンジが無料で利用可能となる場合があります。利用できるラウンジなどの条件はクレジットカードによって異なりますが、空港をよく利用する人にとっては便利なサービスです。

リボ払いやキャッシングの金利が低い

ゴールドカードは一般カードと比べるとリボルビング払いの手数料(実質年率)やキャッシングの融資利率が低く設定されている場合があります。

リボ払いやキャッシングの金利はそもそも高く、家計の負担になるため利用すべきではありませんが、ゴールドカードと一般カードでは金利が違う場合があるのです。

専用のデスクに対応してもらえる

ゴールドカードの場合、一般カードとは別に専用のデスクが準備されていて、様々なサービスを提供している場合があります。ただし、クレジットカード会社によって対応は異なります。

付帯サービス・特典が充実している

ゴールドカードは一般カードと比較すると、付帯するサービスや特典が充実している傾向があります。クレジットカード会社によって提供される付帯サービスや特典は様々ですが、サービスや特典の内容が自分の求めるものと合っていれば、便利な場合があります。具体的な例としては、健康情報サービス、情報誌の提供、各種優待などがあります。

他人からの見栄えが良くなる

ゴールドカードは一定のステータス(社会的な地位・身分)を示すと認識されています。ゴールドカードは高収入の人でないと持てない、厳しい審査に通らないと持てない、持っている人は信用がある、といったように思われているため、ゴールドカードを持っていると「凄い」と思われて、他の人からの見栄えが良くなることがあります。

ゴールドカードはその名前の通り、金色の装飾となっていることがあることが多く、お店などでの支払いに使えば他の人が見てもゴールドカードであることが分かる場合が多いです。財布に入れているだけでも他の人からわかる場合があります。

保有することで自分が満足感を得られる

気持ちの問題ではありますが、ゴールドカードは基本的に信用がない人でないと持てないため、保有することで満足感が得られる場合があります。社会的に信用があるのとないのでは、ある方が自己肯定感、自信、満足感を得やすくなります。

ゴールドカードのデメリット

ゴールドカードを保有することによるデメリットについてです。

年会費が高い

ゴールドカードは一般カードよりもサービス内容が充実していますが、その分年会費が高めに設定されています。年会費が低額なゴールドカードもありますが、年会費が低い場合、サービス内容が一般カードに近くなる場合があります。

一般的には年会費が高いほど、ゴールドカードのサービス内容が充実します。

審査が厳しくなる

ゴールドカードは利用限度額が高額に設定されるなど信用がある証でもあるため、一般カードよりも審査が厳しくなります。ただし、近年ではゴールドカードも入手しやすくなったとみられます。

利用限度額が増えるため使い過ぎなどの危険がある

ゴールドカードは一般カードよりも利用限度額が増えるため、クレジットカードを使い過ぎてしまう危険性や不正利用の危険性も高まることになります。

まとめ

  • クレジットカードのゴールドカードは一般カードと比べて、利用限度額が高額となる、旅行保険の補償内容が充実するなどのメリットがあります。
  • 一方で、ゴールドカードのデメリットとして年会費が高くなる、審査が厳しいため一般カードよりは入手するのが難しいなどがあります。

スポンサーリンク

【ゴールドカードのメリットとデメリットの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ