生活に役立つお金の情報です。

家族カードの利用限度額を引き下げる方法

記事作成日:2018年3月15日

家族カードの利用限度額を引き下げる方法についてです。家族カードの利用限度額は原則として本人カードの利用限度額と同一になり、家族カードの利用限度額を個別に設定する、家族カードの利用限度額を制限するということは困難です。しかし、家族カードの利用限度額が高額に設定されていると、家族の使い過ぎ・支払い不能が心配になってしまいます。家族カードで個別の限度額の枠の設定ができない場合、本人カードの利用限度額を引き下げるしかありません。

スポンサーリンク

家族カードは家族の使い過ぎが心配

家族カードは家族が利用限度額の範囲内で使用することができますが、クレジットカードを利用している本人としては家族の使い過ぎが心配になってしまいます。本人の信用を基に家族カードが発行されているため、家族が家族カードを使い過ぎ、本人も家族も支払い不能となった場合、本人の信用に傷がつくからです。

家族に使い過ぎないようにとお願いしていても、時として家族が使い過ぎてしまうことを考えられます。家族カードで支払いのトラブルに巻き込まれないためには利用限度額を抑えておくことが重要になります。

家族カードの利用限度額は原則として本人カードの利用限度額と同じ

家族カードの利用限度額は原則として本人カードの利用限度額と同じ金額となり、本人カードの利用限度額が共有される形となります。一部のクレジットカード会社では例外的に家族カードの利用限度額を個別に設定できる場合もありますが、原則として家族カードの利用限度額を個別に設定することはできません。

個別対応が可能かはクレジットカード会社に問い合わせる必要がありますが、現在は基本的に対応してもらうことができません。

家族カードの利用限度額を個別に設定できればよいのですが、基本的に個別に利用限度額を制限できないため、何も対策をしないと本人カードの高額の利用限度額が設定されてしまいます。

本人カードの利用限度額を引き下げる

本人カードの利用限度額が大きいため、家族カードの利用限度額が大きくなってしまい、家族カードでの使い過ぎが心配になってしまう場合、家族カードの利用限度額が個別に変更できないのであれば本人カードの利用限度額を引き下げるしかありません。

本人カードの利用限度額を引き下げることで、本人カードの利用限度額に基づいて発行されている家族カードの利用限度額も引き下げられます。家族カードの利用限度額は、本人カードの利用限度額となるためです。

家族カードがあるクレジットカードをサブカードとして使う

もちろん、本人カードの利用限度額を引き下げるとクレジットカードの利便性は低下します。そのため、家族カードを発行するクレジットカードとは別にメインのクレジットカードを用意して、メインのクレジットカードで本人の買い物を行い、家族カードを発行するクレジットカードはサブカードとして、本人はあまり利用しないようにするという方法が考えられます。

  • メインカード:利用限度額高めで本人のみ利用
  • サブカード:利用限度額低めで家族カードを発行

まとめ

  • 家族カードの使い過ぎ防止のために家族カードの利用限度額を抑えて低めの金額に設定しておくことが効果的です。
  • しかし、基本的に家族カードの利用限度額は本人カードの利用限度額と同一となってしまい、個別に設定することができません。そのため、家族カードを発行しているクレジットカードでは本人カードの利用限度額を引き下げ主に家族が使うサブカードとして、本人は別のメインカードを作って使うという方法が考えられます。

スポンサーリンク

【家族カードの利用限度額を引き下げる方法の記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ