生活に役立つお金の情報です。

使い過ぎを防ぐにはクレジットカードで買うのをやめる

記事作成日:2016年10月10日

クレジットカードを使い過ぎてしまって支払いが厳しい、1回払いを後から分割払いにしたり、後からリボ払いにしたりして何とかしのいでいるという場合には、まず使い過ぎを防ぐためにクレジットカードで購入することをやめるようにしましょう。しかし、クレジットカードでの購入をやめようとしても、家計の収支が赤字の場合は上手くいかず、なかなかクレジットカードを使うのを止めることができません。

スポンサーリンク

使い過ぎないためにはクレジットカードの利用をやめる

クレジットカードを使い過ぎてしまって、分割払いやリボ払いの残高が膨らんでしまっている、キャッシングやカードローンの残高が増えているという場合は、借金地獄に突き進んでいて非常に危険な状態です。まずはこれ以上借金を増やさないためにクレジットカードやキャッシング・カードローンの利用を止めることが必要です。

分割払いやリボ払い、キャッシングやカードローンの借金で苦しんでいる場合の第一歩は新しい借金をしないようにすることです。しかし、単にもう使わないと思うだけでは、なかなかうまくいかないのが現状です。

クレジットカードではもう買わないと思っても失敗する場合

クレジットカードで買い過ぎてしまって、もうクレジットカードでは買わないと思っていてもクレジットカードの利用が止められずに深みにはまってしまう場合があります。

クレジットカードの利用を止められない理由

クレジットカードの利用がやめられない背景には、意思が弱くてつい買い物をしてしまうということもありますが、収入よりも支出が多くて赤字家計になっているため、クレジットカードやキャッシング・カードローンを利用しないと家計が回らなくなってしまっているというようなこともあります。

お金が足りないならカード払いか借金してしまう

もう使わないと思って止められる場合はまだ幸せで贅沢を止めるだけでクレジットカードにお世話にならなくても済みますが、生活費が足りていない場合はお金の支払いがまま無くなりクレジットカードの利用を止められなくなってしまう自転車操業の状態になってしまうのです。

気持ちだけの問題ではない事を理解する

クレジットカードの利用を止められない理由を気持ちの問題だとか、意志が弱いからだと思ってしまうと、クレジットカードの利用を止められない本当の原因を見過ごしてしまう可能性があります。収入と支出のバランスが崩れていて支払いができないのであれば、クレジットカードで払うか借金するしかないのです。

そのため、収支のバランスが崩れてしまっている家計の見直しをセットで行わないと、意志が強かろうが弱かろうが支払いができないため、クレジットカードや借金に頼ってしまうのです。

クレジットカードの利用を止めて家計も見直す

クレジットカードを止めてもお金を支払わざるを得ない場合は、クレジットカードを使うか、キャッシングやカードローンなどの借金をするかということになってしまいます。支出が膨らみ過ぎてしまって、収入が支出に追いついていないような場合はクレジットカードを使わないと心に決めるだけでは不十分で大胆な家計の見直しが必要です。

クレジットカードを利用して支払っていた分だけ収入が足りていないのであれば、クレジットカードを利用していた分だけ収入を増やすか支出を減らす必要があります。クレジットカードを利用していただけ支出を減らすことができれば、クレジットカードで支払いを行わなくても現金の支払いができる範囲で収まります。

まとめ

  • クレジットカードを使い過ぎてしまっている場合は、これ以上クレジットカードを利用しないと決めるのが第一歩となります。
  • しかし、決意だけでは不十分でクレジットカードを使わないためには、クレジットカードを使っていた分だけ収入を増やすか支出を減らさなければいけません。贅沢を止めるだけで支出が減るならまだ幸せですが、生活費が足りてない場合は大胆な家計の見直しが必要です。

スポンサーリンク

【使い過ぎを防ぐにはクレジットカードで買うのをやめるの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ