生活に役立つお金の情報です。

頭金が多い場合と少ない場合のメリットとデメリット

記事作成日:2016年4月21日

住宅ローンでは頭金を多く用意した方が良いと言われますが、頭金が多いと利息負担や毎月の返済金額が少なくなるというメリットがありますが、頭金を支払うと手元のお金が少なくなってしまうというデメリットがあります。逆に頭金をほとんど用意しない場合にはお金が貯まっていなくても買えるというメリットがありますが、利息負担や毎月の返済金額が多くなってしまうということや、売却をしようとしても住宅ローン残高よりも売却代金が少なくなってしまい売却できない可能性が高まるというデメリットがあります。

スポンサーリンク

頭金が多いメリット

頭金をたくさん用意するメリットについてです。

審査に通りやすくなる

住宅ローン借り入れの審査では、頭金が多くなるほど審査に通りやすくなります。物件価格に対する自己資金の比率が高いこと、借入金額に対する物件の担保価格が高いこと、毎月の返済金額の収入に対する返済比率が低くなること、借入金額が少なくなることなどが審査でプラスに働くことになります。

借入金額が少なくなる

頭金を増やせばその分借入金額を減らすことができます。

毎月の返済金額が少なくなる

借入金額が少なくなるほど毎月の返済金額は少なくて済むため、毎月の家計の負担は軽くなります。

利息負担が少なくなる

住宅ローンは借入金額が少なくなるほど利息負担が少なくなります。

金利上昇による影響が軽くなる

借入金額を減らせばその分変動金利などで金利が上昇した時に受ける影響が小さくなります。

売却時に住宅ローンを完済しやすくなる

住宅ローンの返済途中で購入した住宅を売却しなければいけなくなった場合に、借入金額を少なく抑えることができていれば借入金の残高を上回る金額で売却できる可能性が高まり、売却したお金で住宅ローンを完済しやすくなります。

頭金が多いデメリット

頭金をたくさん用意するデメリットについてです。頭金は増やせば増やすほど良いかといえば、実はそうでもありません。

手元のお金が少なくなる

頭金を増やすと、住宅ローンの毎月の返済額が少なくなり、利息の負担も減りますが、手元のお金が少なくなってしまいます。手元のお金のほとんどを頭金につぎ込んでしまい、お金が残っていないという状況になると、何か急にお金が必要になった時や進学でまとまった教育費が必要になった時などに困る可能性があります。

頭金が準備できるまで住宅を購入できない

住宅を購入する時は頭金は2割以上、3割以上といったように考えていて、頭金が貯まるまで家は絶対に買わないと決めていると、頭金が十分貯まるまで住宅を購入できないことになります。もちろん、頭金が貯まるまで買わないということは、慎重な行動で望ましい部分もあります。しかし、タイミングを逃してしまうことにもつながります。

市場の好タイミングを逃す

住宅にも価格変化の波があり、後から振り返ってみると、買い時と買い時ではない時があります。頭金が貯まるのを待っていると不動産市場の好タイミングで望む物件が買えないかもしれません。金利の動向や不動産価格の動向を見て最適なタイミングで買うということが難しくなる場合があります。

条件にあった物件を逃す

住宅は住むという意味でも、売却を想定した場合でも、立地が非常に重要です。しかし、条件が良い土地には限りがあり、都市部では条件が良い土地には何かの建物が立っていることが多いです。立地が良い住宅を手に入れたい場合には、自分が望む立地で購入したいと思う不動産が売りに出なければいけません。

そのため、条件が良いと思う物件は売りに出た時点で購入できた方が望ましいです。頭金が貯まるのを待っていると、自分の希望に沿った物件の買い時を逃してしまう可能性があります。もちろん、今後人口が減少していく中で空き家が増えていくとみられるため、より良い立地を求めやすくなる可能性はありますが、条件が良い物件はすぐに売れてしまうかもしれません。

人生での買い時を逃す

住宅購入で重要なものに人生での購入タイミングがあります。若いうちに住宅を取得した場合と、定年前後に住宅を取得するのでは、利用できる期間が変わってきます。住宅購入に何を求めるかは人によって違いますが、結婚して子供が生まれたら、家族みんなで自分の家を買って住みたいと考えている場合、結婚や出産のタイミングで購入する方が満足度は高くなると考えられ、子供が成長して自立していた時点で購入しても希望とはずれていることになります。

わざわざ住宅ローンを借りてまで家を購入するのであれば、購入した家で人生の満足度が高まった方がいいのですが、お金が貯まるまで買ってしまうと望んだタイミングを逃してしまうことになりかねません。

頭金が少ないメリット

頭金が少ない場合のメリットについてです。

頭金が貯まっていなくても物件が購入できる

頭金が少ないメリットは頭金のお金が貯まっていなくても物件を購入できることです。極端な事を言えば自己資金がほとんどなくても最低限の申し込み証拠金を支払うだけで購入できてしまう場合があります。

好きなタイミングで購入できる

頭金を貯めなくても購入できるため、欲しい物件が見つかったらお金が貯まっていなくても買えます。そのため、タイミングを逃すことなく希望する物件を購入できます。

手元にお金を残せる

頭金を支払えるだけのお金が手元にあっても、敢えて頭金として支払うのではなく手元に残すことで、急にお金が必要になる場合や教育費など大きな支払いに備えることができます。ライフプランを考えて近いうちに大きなお金の支払いが発生する可能性があるなら手元にお金を残すことは重要です。

金利が低い住宅ローンを活用できる

頭金に回すお金を頭金にしないでその分住宅ローンを借りることで、別の借金をしなくて済むことがあります。例えば、教育費の支払いのお金が無ければ、教育ローンや奨学金を借りてしのぐ可能性がありますが、住宅ローンの頭金を少なくして住宅ローンを多めに借りておいて、手元に残ったお金で教育費を支払うということが考えられます。住宅ローンの金利は教育ローンの金利よりも低くなることが多いため、返済タイミングなどを上手に工夫すれば利息負担を無駄に増やさなくて済むかもしれません。

頭金が少ないデメリット

頭金が少ない場合のデメリットについてです。

審査に通りにくくなる

頭金が少ないと住宅ローンの審査に通りづらくなり、希望する金融機関で借りられないかもしれません。物件価格に対する自己資金の比率が低いこと、借入金額に対して担保価格が少なくなりやすいこと、毎月の返済金額の収入に対する返済比率が高くなること、借入金額が増えてしまうことなどが審査でマイナスとなる可能性があります。

借入金額が多くなる

頭金が少なくなるとその分借入金額が増えてしまいます。

毎月の返済金額が多くなる

借入金額が多くなるほど毎月の返済金額は多くなってしまうため、毎月の家計の収支を圧迫してしまいます。

利息負担が多くなる

住宅ローンは借入金額が多くなるほど利息負担が多くなってしまいます。

金利上昇による影響が大きくなる

借入金額が増えた場合には、変動金利などで金利が上昇した時に受ける影響が大きくなります。金利上昇をより心配しなければいけなくなります。

返済途中での売却が難しくなる

頭金が少ない場合の最大の問題は購入した住宅を売却したくなった場合に、売却価格が住宅ローンの残債務を下回ってしまい完済ができず抵当権が抹消できない可能性があることです。詳細については住宅ローンで頭金が少ない時のリスクで詳しく解説しています。

まとめ

  • 住宅ローンでは頭金が多いと借入金額が少なくなり、利息負担や毎月の返済金額は少なくなり、売却時に売却代金で住宅ローンを完済しやすくなるというメリットがありますが、手元のお金が少なくなってしまうというデメリットがあります。
  • 頭金が少ない場合には、お金が貯まっていなくても住宅ローンを組んで住宅が購入できるというメリットがありますが、借入金額が多くなり、利息負担や毎月の返済金額が多くなってしまうということや、売却時に売却代金で住宅ローンを完済できないリスクが高まるというデメリットがあります。

スポンサーリンク

【頭金が多い場合と少ない場合のメリットとデメリットの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ