生活に役立つお金の情報です。

金利が上がったら固定金利に、は難しい

記事作成日:2015年7月30日

住宅ローンを借り入れる時に、変動金利は固定金利よりも低い借入金利となっていることが多いため、目先の返済の負担を軽減するため変動金利で住宅ローンを借りる人も多いです。

変動金利で借りている人の中には、金利が上昇した場合は固定金利に変更あるいは借り換えをすればいいやと思っている人も多いようです。しかし、金利が上がったからといって固定金利に変更するあるいは借り換えるというのは実際にはかなり難しいです。

スポンサーリンク

変動金利より固定金利が先に上がりやすい

変動金利は日本銀行の金融政策の変更に影響を強く受ける一方で、固定金利は国債市場の長期金利の影響を強く受けます。

国債市場では日本銀行の金融政策の動向を見越して取引が行われることになるため、日本銀行の金融政策の変更に先立って国債市場の長期金利は変動します。

つまり、金利水準が大きく変化する時には固定金利の方が先に動きやすく、変動金利は固定金利に遅れて動く可能性が高くなっています。

金利動向はあまりなじみがない世界

日頃から日本銀行の金融政策や10年国債利回りなどの動向を追っていれば金利変化を敏感に察知できますが、住宅ローンを借りている多くの人にとってあまりなじみがない世界だと考えられます。

市場金利を左右する債券の流通市場は基本的に機関投資家の市場であって、個人投資家が直接関わるような市場ではないため、資産運用をしていても日本の国債利回りはあまり意識をしていないことがあります。

株価や為替レートは一般的なニュースで伝えられることも多いですが、市場金利の動向はニュースなどで伝えられることは多くありません。急激な変化があった時や金利水準が節目に到達した時くらいしかニュースになることはありません。

金利の変化は、どちらかといえば変動金利の人は金利が変わったという通知が来た時、全期間固定ではない固定金利で借りている人は固定されている期間が終わりに近づいた時に意識することが多くなります。そのため、市場の金利の変化からは遅れて気づくことが多くなります。

「金利が上がったら固定金利に」は難しい

金利の動向はあまりなじみがなく、変動金利よりも先に固定金利が上がる傾向があるため、変動金利が上がったからといって固定金利に変更しようとしても、既に固定金利は高くなってしまっているはずです。

金利が上がってから気づくことになるため、金利が上がったら固定金利にすればいいと思っていても、なかなか上手くいかず、固定金利にすると返済負担が大幅に増えてしまうということにもなりかねません。

金融政策と10年国債利回りをチェック

金利の動向を早めにとらるのであれば、最低限日本銀行の金融政策と10年国債利回りの動きをチェックすることになります。日本銀行は金融政策決定会合で金融政策の変更を決定します。金融政策決定会合の日程や結果は日本銀行のホームページに掲載されていますので定期的に確認するといいでしょう。

また、日々の金利の変化は日本の10年国債利回りの動きを確認すると把握できます。銀行や証券会社のホームページなどで情報を得られますし、財務省のホームページでも10年国債利回りの情報が掲載されています。

まとめ

  • 住宅ローンの固定金利は変動金利よりも先に変化する傾向があります。
  • 金利の動きはなじみが薄いため変化に気づくのが遅れる可能性があります。
  • 金利動向をチェックするなら、日本銀行の金融政策と10年国債利回りの動きをチェックしましょう。

スポンサーリンク

【金利が上がったら固定金利に、は難しいの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ