生活に役立つお金の情報です。

お金がない時にお金を用意する方法

記事作成日:2015年5月6日

お金がない時にお金を用意する方法について説明しています。緊急度合いや必要な金額によって選べる手段は変わってきます。お金が無いならキャッシングやカードローンとなってしまいがちですが、キャッシングやカードローンは最後の手段です。キャッシングやカードローンに手を出す前に出来ることがあるので出来る限りのことをしましょう。

スポンサーリンク

お金を借りるのは最後の手段

お金を借りるということを安易に考えてはいけません。お金が足りないということはそれだけお金のやりくりが厳しいわけですから、返せる当てがあるかどうかをちゃんと真剣に考える必要があります。多重債務者への入り口を気が付かないままにくぐっていたということになりません。キャッシングやカードローンはやれることを尽くして、どうしてもだめな場合の手段です。同じお金を借りるでも家族や親族に借りることや、物を質に出して借りることなどを優先し、キャッシングやカードローンに頼らなくても済むようにしましょう。

お金になりそうなものを換金する

不用品を売却する

まず不用品を売却するという手があります。即効性が高い手段です。家電製品、家具、ゲーム、書籍、宝石、貴金属、ブランド品、楽器、芸術品、衣類などが対象になります。リサイクルショップ、ネットの出張買取、ネットオークション、フリーマーケットなどで売却することができます。

株式など金融商品を換金する

株式や投資信託、国債など金融商品を保有している場合は換金してしまいましょう。

出資や預け金を回収する

友人や知人の会社に出資している場合などは出資金を回収するという手段もあります。株式を買い取ってもらうなどの形になります。また、特殊ですが、生協を利用している場合など脱退、退会することでお金を返してもらえる場合があれば資金を回収てきます。預託金などと呼ばれるものも回収できる場合があります。

自動車を手放す

自動車は維持費もかかるため、売却することで資金を用意することができます。買い取り業者はたくさんあるため、できるだけ多くの業者から見積もりを取り、高く買い取ってくれる業者に売却しましょう。あまり、焦ってしまうと足元を見られてしまい買い叩かれてしまうので、ゆとりを持って交渉できるといいです。

家や土地を売る

最悪どうしても必要な場合は自宅を売却するという手段もあります。どうしても高額な資金が必要という場合の選択肢です。

短期で働く

短期のアルバイトで働く

どうしてもお金が欲しい場合は短期のアルバイトをするという方法があります。ただし、時間があって働ける人でないといけません。何日か働けばある程度まとまったお金が確保できると思います。

ネット上で依頼を受けて仕事をする

ネットを利用して仕事が小口で発注される時代になりました。不特定多数の人に業務を依頼するクラウドソーシングと呼ばれるものです。ちょっとした作業をしてお金がもらえますので試してみる価値はあると思います。在宅でできるものもあり、時間もかからないものがあるため、少額の資金を稼ぐことができます。

担保を提供してお金を借りる

何かを担保にお金を借りる方法です。担保があるため担保の価値の範囲内でお金を借りれば、返せない場合でも担保実行で返済に充当されるため、借金を残さなくてもすみます。無担保で借金をする前に、まず何か手放してもいいものはないか考えましょう。

質屋でお金を借りる

質屋は物を質に出してお金を借りることができます。利息が発生しますが、一定期間内にお金を返せば質物を取り戻せます。質に出される商品は時計、指輪などの宝石、貴金属、ブランド物のバッグや財布、電化製品、毛皮などの衣類などがあります。通常の無担保融資よりは金利が低いため、質に出せそうなものがあれば利用価値があります。

定期預金を担保に融資を受ける

多くの銀行では定期預金を担保に融資を受けることができます。そもそも定期預金がある必要があるため、利用できる局面は限られそうですが、定期預金を解約したくないけれどもお金が必要という場合に使えます。ただ、低金利環境であるためどうしても定期預金に無いと困るという状況は想定しづらいです。

生命保険の解約返戻金を担保に融資を受ける

生命保険を契約していて解約返戻金がある場合には解約返戻金の一定の範囲内で生命保険会社から貸し付けを受けることができます。契約者貸付という制度です。生命保険の場合は解約したくないという場合があるでしょうから定期預金の担保融資よりは現実味があります。長年保険料を払ってきた場合、ある程度の資金を準備できるはずです。

自動車担保融資は避ける

自動車担保融資には怪しい業者も多いのでお勧めしません。できれば売ってしまいましょう。資金を提供する側からすれば、自動車は不動産よりも扱いづらいものであることは明白ですし、担保実行時の換金の不確実性があります。そのため、自動車を担保にした融資はまともなビジネスとして成り立ちづらいということが背景にあると考えられます。

不動産担保融資を受ける

巨額の出費が必要になる場合は不動産などを担保にしたローンも考えられます。名が通った大手金融機関でも取り扱っていますので信頼できる先で借り入れを行いましょう。担保があればそれなりの資金を融資してもらえるはずです。最悪不動産を手放しても何とかなる範囲での借り入れにとどめておくことが必要です。

公的な支援を受ける

公的な支援を受けることでお金の問題が良い方向に向かう場合があります。

生活保護を受ける

生活に困窮している場合は生活保護を受けましょう。資産や能力などを尽くしても生活が成り立たない場合に支援を行う制度です。どうしても生活に困ってしまうという場合のセーフティーネットです。生活保護は福祉事務所で相談を受け付けています。

公的な貸付(生活福祉資金貸付制度)を受ける

日本には生活に困っている人に向けて生活資金を融資してくれる「生活福祉資金貸付制度」というものがあります。収入が低い人、障害がある人、高齢の人に融資してくれる制度です。住んでいる地域の「社会福祉協議会」で相談を受け付けていますので、相談をしてみましょう。失業などで生計の維持ができなくなった場合も支援を受けられる場合があります。

雇用保険の給付(いわゆる失業保険)を受ける

失業でお金が無くなってしまった場合は雇用保険から基本手当の給付(いわゆる失業保険)を受けることができます。失業した理由などによって給付期間が異なりますが、一定期間お金をもらえます。

障害年金、遺族年金を受ける

病気やけがで障害の状態になってしまった場合は障害年金を、収入があった人が亡くなって生活に困ってしまったという場合は遺族年金を受けることができる場合があります。

クレジットカードの決済時期を利用する

クレジットカードは1回払いであれば手数料(利息)が発生しません。一方で利用してから支払うまでには1~2か月の猶予が得られます。別に必要な買い物をクレジットカードの1回払いを利用すれば、一時的に資金繰りが楽になってお金を用意できるはずです。ただし、返せる当てがなければ絶対やってはいけません。また、ボーナス1回払いも同様の効果があります。2回払いでも手数料がかからない場合がありますが、かかる場合もあります。カードによって異なるので2回払いは気を付けてください。

最後の手段として無担保で借りる

担保がないけど借金をする場合です。まずは家族に相談できないか考えましょう。それでもダメな場合は、公的な融資が受けられないかを先に考えましょう。カードローンやキャッシングは本当に一番最後です。借金する場合は可能な限り低い金利で借りましょう。カードローンやキャッシングの前に目的別のローンが借りられないか金融機関で相談してみましょう。なるべく低い金利のローンを利用してください。

家族などに借りる

まずは家族などにお金を借りられないか考えましょう。キャッシングやカードローンに安易に手を出してはいけません。よほど返す当てがあるならば別ですが、キャッシングやカードローンに一度手を出してしまうとなかなか抜け出せなくなってしまう恐れがあります。借金はうまく活用できるなら、資金調達手段としてあり得るのですが、無計画な借り入れは将来の自分を苦しめてしまいます。友人など家族・親族ではない人はなるべくなら避けるべきです。人間関係に影響してしまいます。

銀行の目的ローンを借りる

本当にやれることをやり尽してもうどうしようもないという場合に、お金を借りるという選択があります。キャッシングやカードローンを借りる前に、金利が低い目的が定められたローンの融資を受けられないか考えてください。いろいろな目的に合わせたローンがあります。

キャッシングやカードローンを借りる

全ての手段が当てはまらない場合、キャッシングやカードローンを借りるという選択もありますが、可能な限り金利が低い所から借りてください。大手金融機関、銀行のカードローンの方が金利は低い傾向にあるため、まずは銀行系ローンを選択肢に入れてください。どうしても借りられない場合でも可能な限り金利が低い所から借りましょう。

スポンサーリンク

【お金がない時にお金を用意する方法の記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ