生活に役立つお金の情報です。

自動車ローンは毎月返済金額だけでなく総返済金額も気にする

記事作成日:2016年7月8日

自動車を自動車ローン(マイカーローン、オートローン)で購入する場合には、毎月の返済金額(支払金額)がいくらかということを気にする人は多いですが、総返済金額(総支払金額)や利息総額を気にしている人はほとんどいません。自動車ローンの組み方次第で利息総額はかなり変わってきますが、毎月の返済金額を抑えたいばかりに、利息が膨らんでしまうことがあります。

スポンサーリンク

自動車ローンで気になるのは毎月の返済金額

自動車ローンに限りませんが、ローンを返済をする場合には、毎月の返済金額がいくらなのかは気になるのに総返済金額や利息は気にしていないという人が多いです。

毎月の家計のやりくりを考えると、毎月の返済金額がいくらになるのかに気が行ってしまうのは仕方がない事なのかもしれませんが、節約になるかならないかは総返済金額や利息を見ないと分かりません。

自動車ローンを借りる場合に、毎月の返済金額がいくらになるかを見て買う買わないを決めることはあっても、総返済金額や利息の金額を見て決める人は少ないのです。

自動車ローンの毎月の返済金額を抑える方法

同じ金額の自動車を購入する場合でも、毎月の返済金額はある程度変化させることができます。

自動車ローンを残価設定ローンにする

毎月の返済金額を抑える方法の1つが残価設定ローンです。残価設定ローンとは返済期間終了時点まで自動車の残価分の支払いを据置き、返済期間中に返済する元本の金額を減らすローンです。返済期間終了時点で、残価を一括で返済するか、分割で返済するか、自動車を返還するかを選ぶことができます。

据え置かれた残価分だけ元本の減りが遅くなるため、残価を設定しない場合と比較すると利息が多くなってしまいます。

自動車ローンの返済期間を長くする・延ばす

毎月の返済金額を抑える方法には、返済期間を長くする・延ばす(返済回数を増やす)方法があります。1年で返済するのか、3年で返済するのか、5年で返済するのかによって毎月の返済金額が変わってきます。返済期間を長くすれば長くするほど1回あたりの元本の返済金額が減るため、毎月の返済金額を抑えることができます。

返済期間を長くすると元本の減りが遅くなるため、返済期間が短い場合と比較すると利息が多くなってしまいます。

自動車ローンでボーナス月の増額返済をする

毎月の返済金額を抑える方法にはボーナス月の返済金額を増額して支払うという方法があります。ボーナス月の返済金額を増やす代わりに、ボーナス月以外の返済金額は抑えられます。

年2回のボーナスを前提すると、ボーナス月の増額返済は、ボーナス月の増額返済をしない場合と比較すると半年(6か月)ごとの支払金額は同じになるため、ボーナス月の増額返済の有無は大きな利息の違いを生まないことが多いです。

利息の面では、返済開始直後にボーナス月が来るかどうかで、得になる場合もあれば、損になる場合もあります。

毎月の返済金額を抑えれば基本的に利息は増える

毎月の返済金額が抑えられているということは、毎月の元本の減り方が遅いのでそれだけ利息が多く発生するということを意味します。ボーナス時に支払金額を多くする場合は月の順番の関係で得になる場合もあれば損になる場合もあるため、一概には言えませんが残価設定ローンや返済期間を延ばすことによって毎月の返済金額を抑える場合には、利息は増えてしまいます。

毎月の返済金額だけでなく総返済金額や利息金額も意識する

自動車ローンを借りる場合には毎月の返済金額だけではなく、総返済金額や利息金額を意識するようにしましょう。毎月の返済金額を抑えたいばかりに利息が膨らんでしまい結果的に損をしてしまっていることがあります。

残価設定ローンを使うことや返済期間を長くすることは利息が増えてしまい、最終的な負担が重くなることがあります。

まとめ

  • 自動車ローンを借りる場合には毎月の返済金額に目が行きがちですが、総返済金額や利息金額もいくらなのか気にするようにしましょう。
  • 毎月の返済金額を抑えようとして残価設定ローンを利用したり、返済期間を長くしたりすると、利息の負担が増えてしまい結果的に損をすることがあります。

スポンサーリンク

【自動車ローンは毎月返済金額だけでなく総返済金額も気にするの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ