生活に役立つお金の情報です。

50代の借金の返し方と借金をしないための考え方

記事作成日:2016年10月9日

50代の借金の返し方と借金をしないための考え方についてです。50代の半ばになると収入が減少する人も増え始め、家計の収支のバランスが崩れることがあります。借金を抱えていると返済が苦しくなることがありますし、贅沢な生活をしていると生活費が足りなくなることがあります。50代になるとできることも40代以前と比べると限られてしまうことがあるため、本当は50代になる前に出来ることをしておくということが望ましいです。

スポンサーリンク

50代の借金と対策

50代で借金をしている理由としては、独身の場合は生活費の資金のためという理由が多く、夫婦の場合には住宅取得のため、自動車や家具家電などの購入のため、子どもの教育費などのためといった理由が多くなっています。

生活費が足りない場合には家計の見直しをして収支のバランスを取ることが重要ですが、50代になると転職をしてより高い給与の仕事に就くということは困難になるため、支出を減らすという消極的な対応になりがちです。

また、住宅や教育費などが負担となっている場合も50代から苦しんでいるというよりも40代以前の選択で50代も苦しい状況が続いているということが多いため、やはり他の支出を見直すくらいしか対策が打てない場合があります。

50代は収入が減少し始める時期

50代になると会社での役割が変化して収入が減少する人が増える時期になります。会社員の場合には役員など経営する立場になっていないと給与水準が下がることがあります。人によっては大きく収入が減少することがあるので、借金を抱えている場合は返済が苦しくなりますし、借金をしていなくても生活費が足りなくなって借金をしてしまうことがあります。

借金返済のため健康に気を配り長く働けるようにすることも大切

50代になると健康面でも不安が出てきます。身近な人が大きな病気をするようなこともありますし、自分自身にも健康面で何らかの異常が見つかることがあります。

借金を抱えていると気が重くなりがちですが、病は気からという言葉もある通り、気持ちが沈んでいると健康面にも悪影響が出てしまうことがあります。

心と体の健康に気を配って少しでも長く元気に働けるようにすることで収入を確保することができます。健康に気を配ることはとても大切なことです。

借金を少しでも減らしておかないと老後が苦しくなる

50代は現役を引退する時期が迫ってきているため、少しでも借金を減らすようにしておかないと、老後の生活が厳しくなってしまいます。収入があるうちに節約を心掛けて支出を抑える、共働きでない場合は共働きをするなどして借金が少しでも減るように努力する事が重要になります。

本来であれば50代は老後の生活に向けて貯金を増やす最後のチャンスなのですが、借金がある場合には、貯金がほとんどない場合も多いため、老後生活への備えがほとんどできないまま60代を迎えることになります。

住宅ローンや教育費が50代の借金を左右

住宅購入でどのような選択をしたかが50代の生活を左右することになります。無理のない住宅ローンを組んでいた場合には順調に返済が進んでいきますが、収入など家計の状況から考えて高めの物件を購入していた場合には住宅ローンの返済負担で苦しむことになり家計が苦しい状況が続きます。住宅ローンを借りた年齢が遅い場合や、返済期間を長く設定した場合にはまだかなりの住宅ローンが残っている場合があります。

子どもの教育費も50代の状況を左右します。習い事や塾にお金をかけていた場合、私立の学校に進学させた場合には、教育費の負担が膨らんでしまいますが、教育ローンなど借金で乗り切ろうとした場合には家計に返済の負担がかかってきます。

住宅や教育は一度選んでしまうとなかなか途中で変更することができないので、家計が苦しくても限界まで耐えてしまうことがありますが、借金を抱え込んでしまうくらいなら住宅の売却などを検討することが必要です。

老後に備えて贅沢をせず生活費を切り詰める

50代で借金を返していくためにはどうしても支出を減らすことが重要になってきます。老後の生活の事も考えて、最低限の生活費で生活できるように、生活スタイルを見直していく必要があります。

生活水準を下げていく、付き合いなどでは見栄を張らないようにする、固定費の見直しを行うなどして支出を減らしていくことが重要です。

借金返済のためには子どもの自立を促す

子どもがいる場合には、子どものためにも経済的な自立を促すことが大切です。親が借金を抱えているのに社会に出る年齢になった子供まで養うことになってしまうと家計が苦しくなります。

子どもが就職しても自宅にとどまる場合には、家賃相当とまではいかなくてもある程度生活費を入れてもらうことも大切です。

借金はできれば50代になる前に対策を

50代になってしまうと、40代以前と比べてできることが限られてくることがあります。また、住宅や教育の選択は40代以前に住んでしまっていて、50代では変更できないこともあります。

50代で借金に苦しまないためには、30代や40代で無理な家計運営を行わず、余裕があって計画的な家計運営を行うことが重要になってきます。50代になる前にできることをやっておくことが大切です。

まとめ

  • 50代になると収入が減少する場合があり家計が苦しくなることがあります。借金を抱えていると返済が思うようにいかない場合があり、老後の生活に影響してしまうことがあります。
  • 50代では収入面でできることが限られる場合があり、支出を減らすことで、家計の収支を改善することが重要になります。しかし、30代や40代をどのように過ごしたかということが、50代の家計にとってより重要になります。30代や40代を計画的に過ごすことが重要です。

スポンサーリンク

【50代の借金の返し方と借金をしないための考え方の記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ