生活に役立つお金の情報です。

借金返済のためこれ以上はもう新たに借りないと心に誓う

記事作成日:2016年12月7日

借金返済の第一歩は借金をこれ以上増やさない事です。借金に慣れてしまっていると、本当にお金が足りないという時でなくても、ちょっとお金が足りない、欲しいものを買いたいけどお金が無いというような時に、あまり抵抗なくお金を借りてしまったり、分割払いやリボ払いで購入してしまったりすることがあります。

スポンサーリンク

借金返済の第一歩はもう借りない事

お金を借りなければ特殊な場合を除いて借金の残高が増えていくことはありません。新たに借金をしないようにして返済を続けていけば、時間はかかるかもしれませんがいつか返済が終わる時が来ます。

しかし、お金を返しては借りて、返しては借りてを繰り返していると、いつまで経っても返済が終わりません。カードローンやキャッシングは返済をしても、基本的に利用限度額の範囲内でなら何度でも繰り返して借りることができます。クレジットカードも支払った分は繰り返し利用することができます。

そのため、借金を完済したいのであれば、これ以上借金を増やさないということを心に誓って、これ以上は絶対に借りないようにすることが大切なのです。

借金生活を続けても何もいいことがないことを理解する

借金の返済の負担が増えていても、追加で借り入れをすれば何とか返せるかもしれません。借金があっても、リボ払いや分割払いなどを使いこなすことで、まだ買うことができるかもしれません。

しかし、冷静になって考えてみてください。本当に将来借りたお金を返せるのでしょうか?お金を借りれば借りた分だけ利息の負担が発生します。元本も将来返さなければいけません。

借金を続ければしばらく今の生活を変えなくても済むかもしれませんが、借金生活を続けても何もいいことがないことを理解しましょう。そうすれば、もう新たに借金はしないようにしようと決意できるはずです。借金返済のために踏み出す覚悟を決めることが必要なのです。

もう借りないとダメだと思っても踏みとどまれないか考える

借金に慣れてしまっているとお金が無くなってくると、借り入れをしないと生活ができないと考えてしまって、安易に借金をしてしまうことがあります。しかし、もう借りないとダメだと思っても、すぐに借金をするのではなく、なんとか耐えられないか、粘れないかを考えてみて、踏みとどまる努力をしましょう。

借り入れを止めないと借金は減っていかないのです。本当に借りないといけないのか、今すぐお金を使わないとダメなことなのか、先延ばせる支出ではないのか、考えてみましょう。

新たに借りなくても済むような生活をする

単なる無駄遣いや贅沢であれば気持ちの持ち方次第でやめられるかもしれませんが、借金で苦しんでいる場合は、収入と支出のバランスが大きく崩れていることが多いため、気合いや精神論だけでは新たな借り入れを止められないことがあります。

家計の収支のバランスを改善しないとお金が足りないままなので、収入を増やすように、業務に必要な範囲で労働時間を増やす、転職する、共働きになるなど工夫する必要があります。また、生活を見直すことで支出を減らす努力も必要です。

借金が増えていた今までと同じような生活をしていたら、同じように借金が増えていってしまいます。借金を返済したいのであれば、何らかの犠牲は必要になります。今までと同じようにできないこともありますが、家計を見直して新たに借りなくても済むような生活をしなければいけません。

借金を返済し終えるまでは我慢しなければいけないことを覚悟しなければいけません。借金返済は苦しく辛いものなのです。

返済ができないので借金して返しているような場合

お金が足りないので借金をして借金を返すような状況では、債務整理を検討した方が良い場合があります。本来は、生活を切り詰めて借金をしなくても済む水準まで支出を落とす必要があります。

しかし、文化的で健康的な生活ができないほど切り詰めないといけない場合は債務整理を検討した方が、生活を立て直せる場合もあります。借金で生活が苦しく、先が見えなくなっている場合は、債務整理の専門家に相談することも検討しましょう。

ただし、収入が極端に少ないなど全く借りないと生活が難しい場合でも、毎月の元本の返済金額よりも少ない金額までの借り入れならば元本が減っていくため、元本返済分の範囲内での借金で生活ができる場合は返済を減らしていくことも一応可能です。

まとめ

  • 借金返済のためには借金返済のためこれ以上はもう新たに借りないと心に誓うことが大切です。新たに借りなければ、借金の残高は通常減っていきます。
  • しかし、新たに借り入れをしないということは生活を見直して家計の収支を改善するということを意味しています。今までよりは不便な部分、我慢しなければいけない部分が出てきますが、借金返済までは耐える覚悟が必要です。

スポンサーリンク

【借金返済のためこれ以上はもう新たに借りないと心に誓うの記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ