生活に役立つお金の情報です。

あとリボでその場しのぎをしない

記事作成日:2015年5月28日

本当に怖いリボ払い。リボ払いで借金を膨らませてしまう要因の一つにあとリボというものがあります。普通の支払いをしてもあとからリボ払いに変えられるので、支払いがピンチな時によく使われます。しかし、あとリボを使ってしまうとすぐに借金が膨らんでしまい、家計がピンチに陥る可能性があることを知っておきましょう。

スポンサーリンク

リボ払いで支払う方法

リボ払いで支払う場合大きく分けて3つの方法があります。

  • 支払い時にリボ払いを選択
  • リボ払い専用カードで支払い
  • 1回払いをあとでリボ払いに変更

支払い時にリボ払いを選択

支払い時にリボ払いを選択とは、買い物などでクレジットカードの支払いを行う時に1回払いではなくリボ払いと伝えることです。ホームページでの購入の場合はリボ払いを選ぶだけなので心理的なハードルは低いですが、お店で店員さんにリボ払いと伝える時は人によっては少し心の中で言いづらい部分があるかもしれません。

リボ払い専用カードで支払い

クレジットカードによっては、リボ払い専用のカードがある場合があります。買い物は全てリボ払いになるという何とも恐ろしいカードです。普通のカードでも、全ての支払いをリボ払い専用にするという設定ができる場合もあり、同じようなことになります。

1回払いをあとでリボ払いに変更

多くのクレジットカード会社では1回払いをあとからリボ払いに変更することができます。ホームページなどから申し込むことができます。これがあとリボです。


このうち「あとリボ」の怖さについて説明します。

あとリボの問題点

あとからリボ払いの怖い所は、毎月の支払い日の少し前まで変更を受け付けてくれるということです。

よくあるのが、「今月使い過ぎた!」と支払日前に気づいても「あとリボで支払額を減らせるから大丈夫!」となってしまい、リボ払いに簡単に変えてしまうことです。

後先考えず買い物をしても、結局後からリボ払いで何とかできてしまうことが分かっていると普段の買い物の時に使い過ぎを注意しなくなってしまい、リボ払いの利用残高がどんどん増えていくという非常に危険な状態に陥ります。

あとリボでその場しのぎをしない

あとリボを使わなければ支払いがピンチ!という状態になってしまっているということは、かなり家計がまずいことになっているということので、リボ払いの地獄に落ちる前にカードの使い方を考え直した方がいいです。

あとリボでないと家計が回らないのであれば、何かしら使い過ぎているはずなので、お金の使い過ぎの原因を突き止め、使い過ぎをやめることが大切です。あとリボに手を出してしまっているのであれば、カードの利用をいったん控えたほうがいいです。

あとリボをその場しのぎに使っているとどんどん利用残高が膨らんでいきます。

リボ払い、特にあとリボは支払いがピンチになっても最初のうちは何とかなってしまうので、危機感を持ちづらいという問題があります。

「あとリボ」自体が既に相当危険だということを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

【リボ払いの支払い方法の記事は終わりです】

「借金と返済|お金を借りる」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ