生活に役立つお金の情報です。

30代のライフイベント

記事作成日:2015年8月17日

30代では20代に続いて結婚のほか、子供を産む場合は出産や育児、入園、入学など子供関連のライフイベントが中心となります。また、30代では住宅を取得する人も多く重要なライフイベントのテーマになります。住宅取得は今後の支出を決定づける可能性がある大切なイベントです。また、仕事では中堅の時期になりますが、人によっては転職が重要なテーマになります。

スポンサーリンク

結婚

30代では20代に続いて結婚が重要なライフイベントとなります。結婚をしたいと考えている人はパートナー探しをすることになります。出産時の年齢にも影響するので、結婚をしたいと考えている場合は積極的にパートナー探しをすることが大切です。

女性は30代後半になると出産に関するリスクが高まりますので、子供が欲しい場合には30代前半に結婚をすると30代前半から中盤に出産をすることができるのでに出産に関するリスクをある程度減らすことができます。

結婚や出産を機に転職や退職をする場合もありますし、育児休暇を取得する場合もありますが、夫婦で生活設計についてきちんと話し合っておくことが重要になります。

出産

30代では結婚と同様に出産も重要なライフイベントとなります。女性は30代後半になると母体や生まれてくる子の健康リスクが上がりますので、出産を考えている場合はいつ頃、何人子供が欲しいのかを考えておく必要があります。

出産前後で育児休暇を取得するのか、仕事に復帰するのかしないのか、育児に専念したいのかどうかなどについて夫婦でよく話し合っておくことが重要です。

女性が出産後短期間で復職をする場合には子供を保育園や実家に預けて面倒を見てもらうということが必要になるので、子供の世話をどうするのかについても考えておく必要があります。

育児

子供を出産する場合、30代は育児に追われることになります。夫婦で家事や育児についてどのような役割分担で行うのか、仕事はどうするのかについて話し合っておく必要があります。

子育ては親にとって大変負担がかかることですが、子供の成長はあっという間ですので、子供との時間をどのように取るのかについて考えておきましょう。

子供が生まれると、子育て関連の支出が増える一方で、夫婦の両方あるいは片方が、働き方を変えたり、育児休暇をとったり、退職したりして収入が減ることが多いため、家計が苦しくなりやすいですので家計管理に気を付けましょう。

子供の入園や入学

子供がいる人は30代前後で保育園や幼稚園に入園し、保育園や幼稚園を卒業すると小学校に入学することになります。

幼稚園は義務教育ではなく公立の幼稚園が近くにないなどの理由で私立の幼稚園に通う場合があります。私立の幼稚園では授業料などの負担が大きくなりますので幼稚園の間は家計が苦しくなりがちで、貯金がしづらい期間でもあります。

小学校は義務教育で公立の小学校に通うことができますので、家計の負担はかなり軽くなります。ただし、私立の小学校に通わせる場合は授業料の負担がかなり高額になるため、資金計画をしっかりと練っておくことが重要です。

さらに子供の塾や習い事の金銭的な負担も増えるので注意が必要です。特に中学校で私立受験を考えている場合は小学校の中学年から高学年にかけて塾の費用が高額になる場合がありますので、計画的にお金を準備しておかなければいけません。

住宅取得

30代では住宅取得も大きなライフイベントとなります。必ずしも住宅購入が賃貸よりも得という訳ではありませんし、住宅を取得すると引っ越しが難しくなるなどリスクも抱えることになってしまうため、住宅購入は慎重に検討する必要があります。

住宅を購入する場合には、住宅購入資金をどのように貯めるかが重要な問題となります。頭金が多ければ多いほど、住宅ローンの負担が軽くなるのはもちろんですが、残債が減るためにいざという時に売却もしやすくなりますので、住宅購入は資金計画が重要です。

ただし、家族構成が固まっていないうちに住宅を取得してしまうのは危険ですので、家族構成が見えてきてから住宅購入をするようにしましょう。

仕事

30代になると会社員の場合は仕事の経験も積み、中堅の立場になります。規模が小さい企業や年功序列的な要素が薄い企業では幹部の立場になる人もいます。仕事で裁量や責任が増える時期ですが、出世や昇給などで目に見えて差が付き始めるのも30代です。

30代での仕事への取り組みによって40代や50代での仕事との関わり方が大きく変わってきます。また、仕事に違和感を覚えていて転職を希望する場合は、30代前半であれば異業種への転職の機会もそれなりに残されています。一般に35歳を超えると実務経験が重要視されるようになるため、異業種への転職は難しくなります。

まとめ

  • 30代では結婚や出産のほか育児と入園や就学、住宅取得が重要なライフイベントになります。
  • また、仕事でも経験を積み重要な役割を担うことになる時期です。

スポンサーリンク

【30代のライフイベントの記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ