生活に役立つお金の情報です。

引っ越しをするメリットとデメリット

記事作成日:2018年5月25日

引っ越しをするメリットとデメリットについてです。住む場所は人生を左右することがあるため、引っ越しによって人生が変わったり、気分転換になったりすることがあることは引っ越しのメリットとなります。また、引っ越しによって、部屋の広さ、職場までの距離、住居費などを調整できます。引っ越しのデメリットは、引っ越しなどにはお金と時間がかかることです。

スポンサーリンク

引っ越しをするメリット

引っ越しをするメリットは、引っ越しをすることで生活環境を大きく変えることができ人生を変える転機となったり気分転換になったいすること、部屋の広さや間取り、職場までの距離、住居費などを調整できることなどがあります。

人生を変える転機に

住む場所は仕事や人間関係にも影響するため、人生を変える転機となることがあります。給与の水準や仕事内容は地域によって異なるため、都道府県や市区町村を超える引っ越しをして仕事を変えると収入も変化することがあります。

また、遠くに引っ越すとこれまでの人間関係が薄くなり新たな人間関係を構築することになり、人生が大きく変わるきっかけとなることがあります。

気分転換になる

住む場所や部屋を変えることで気分転換になります。住む場所が変われば、通勤や通学のために利用する駅や買い物をする場所などがすべて変わるため新鮮さを感じることができます。

住む部屋が変われば、間取りや家具の配置、窓から見える景色などが変わるため、今までとは違った新鮮さを味わうことができます。

生活の質を上げることができる

日常生活の多くの時間は自宅で過ごすことになるため、自宅が快適かどうかは人生の生活の質にも影響します。快適で過ごしやすい部屋で過ごすのと、不快で落ち着かない部屋で過ごすのでは、日々の生活の質が大きく変わってきます。引っ越しをすることによって普段過ごす部屋を変えることができるため、生活の質を向上できるようになります。

家計に見合った住居費に変更できる

引っ越しをすれば、賃料や住宅ローン返済額などの住居費を家計に見合った水準に変更することができます。家賃が高いと感じているのであれば家賃が安い部屋に引っ越すことで家計の負担感を減らし、収入に見合った家賃にすることができます。収入に余裕があり、もう少しよい条件の部屋で暮らしたいと思えば、収入に見合った部屋にグレードアップすることも可能です。

部屋の間取りや広さを変更できる

引っ越しをすれば今の部屋の広さや間取りを変更することができます。部屋が手狭に感じてきているのであれば広い部屋に引っ越すことができますし、広さを持て余している場合は狭い部屋に引っ越すこともできます。1人暮らしの間取りから家族(ファミリー)向けの間取りに変更することもできます。

部屋の荷物の整理になる

引っ越しをするためには、今の部屋の荷物を段ボールに詰めて、新居に運ぶという作業が発生します。今の荷物を段ボールに詰める過程で、新居に持っていく荷物と処分する荷物の選別を行うことになることから、部屋の荷物を一度整理して見直すことができます。引っ越しが部屋の荷物を整理する機会になるのです。

職場や学校との距離を変更できる

引っ越しをすることで、現在の職場や自分や子どもが通う学校等との距離を変更して調整することができます。より職場に近い場所に住んで通勤の負担感を減らすことができますし、職場から距離を離して落ち着いた場所で暮らすこともできます。

子どもが中学受験、高校受験、大学受験などで新しく学校に入学し学校までの距離が遠くなった場合、引っ越すことで子どもの通学の便を図ることができます。

引っ越しをするデメリット

引っ越しをするためにはお金や時間が必要になります。また引っ越した先を気に入らなかった場合は、日々の生活が快適ではなくなったり、また引っ越しをしたいと思ったりしてしまいます。

新居探しや契約の手間がかかる

引っ越しをするためには引っ越し先となる新たな部屋を探すことが必要となります。もちろん、新居探しは楽しいものであることは確かですが、探す時間や手間がかかること、希望する部屋を契約するために手続きが必要となることはデメリットになります。賃貸の場合はまだ楽かもしれませんが、持ち家の場合は売却と購入の手続きの負担感は大きいです。

新居の礼金・敷金・仲介手数料などが発生する

引っ越しをするということは基本的に新たに部屋を借りるか、新たに家を購入するかということになります。賃貸の場合を前提とすると、新しく部屋を借りると、礼金や敷金、仲介手数料などを支払う必要があります。購入の場合でも登記費用や司法書士報酬、印紙代など諸費用を負担する必要があります。

引っ越し料金がかかる

引っ越しをするためには引っ越し料金が必要となります。全て自分で行うこともできますが、トラックなど荷物を運ぶ手段がない場合はトラックなどを借りる必要がありますし、引っ越し作業は重労働となります。

引っ越しの手配や荷造り・荷解きの手間がかかる

引っ越しをするためには引っ越しを手配する必要があるほか、転居前の家での荷物をまとめる荷造り、新居での荷解きを行う必要があります。荷物をまとめて段ボールに詰めていく作業は時間や手間がかかりますし、新居で段ボールなどから出して配置をするのも時間や手間がかかります。また、旧居での掃除なども必要になります。

各種変更手続きが面倒

引っ越しをすると、住民票などの行政関連の手続き、銀行口座やクレジットカードなどの変更手続き、電気、ガス、水道、固定電話、携電話などの手続き、オンラインショッピングや各種会員サービスなどの登録情報の変更手続きなどを行う必要があります。漏れがあると後々不都合が生じることがあるため面倒でも手続きを行わなければいけないところがデメリットになります。

引っ越し先が気に入らない可能性がある

引っ越す先はあらかじめ下調べして決めますが、実際に引っ越してみて気に入らなかったり、近所の人の騒音がうるさいなど思わぬトラブルが発生したりしてしまう可能性があります。引っ越した先を気に入らない場合は、快適さが失われてストレスになってしまうばかりか、再度引っ越すことを考えるようになるかもしれません。

まとめ

  • 引っ越しをするメリットは、引っ越しによって生活環境を大きく変えることで、人生を変えるきっかけを作ることができたり、気分転換になったりすることです。また部屋の広さや間取り、職場までの距離、住居費などを調整することができます。
  • 引っ越しをするデメリットは、引っ越しには時間やお金がかかることがあります。また、引っ越し先を気に入るかどうかも分かりません。

スポンサーリンク

【引っ越しをするメリットとデメリットの記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ