生活に役立つお金の情報です。

男子校のメリットとデメリット(良い点と悪い点)

記事作成日:2018年5月6日

男子校のメリットとデメリットです。日本では、中学校や高等学校を中心に別学の男子校がありますが、中学校や高等学校で別学の男子校を選ぶことのメリットとデメリット(良い点と悪い点)についてです。男子校は進学実績が良い名門校が多数あることが特徴で、親しい友人を作りやすい、勉強に集中しやすいことなどがメリットですが、女性との関わり方や社会性を身に付けづらいことがデメリットです。

スポンサーリンク

男子校のメリット(良い点)

男子校のメリットとして、同年代の女性がいないため、女性の目を気にせずのびのびと過ごすことができる、学校内で女性との恋愛関係に思い悩むことがなくなる、勉強に集中しやすい、同性の親しい友人を作りやすい、などが挙げられます。

男女の特性の違いに応じた教育が行われる

男性と女性では、様々な違いがあると考えられています。学力に関しては、男性は数学的なものが得意な傾向がある一方、女性は言語的なものが得意な傾向があります。

また、学習態度の違い、教師との距離感の違い、興味や関心の違い、精神的な成熟度合いの違い、行動方式の違い、友人関係の違いなどもあります。男女別学によって、男性と女性の特性に応じた効果的な指導により学習効果を高めやすくなります。

進学実績が良い高校が多い

地域にもよりますが、男子校には大学受験の進学実績が良い学校が数多くあります。大学受験を見据えて学校選びをした場合に、男子校が選択肢に多く入ってくるため、共学か男子校かは特にこだわっていなかったけれど、進学実績が良いからという理由で男子校を選ぶというパターンもあります。

男女別学であることが個性を伸ばしたり、高い学力を育んだりすることと関係があるかどうかは意見が分かれますが、進学実績が良い学校は共学化をしなくても生徒が集まるということなどが背景にあるとみられます。

自由な校風の学校がある

地域や学校にもよりますが、男子校は比較的自由な校風の学校があります。男子ばかりなので女子生徒とのトラブルなどを想定して厳しい校則を準備しておく必要がないこと、入学試験による選抜で問題行動を起こす生徒が相対的に少なくなることなどから、自主性を重んじ、自由な校風としている学校もあるのです。

学校内で女性との恋愛関係に煩わされない

男子校は男性ばかりなので女性との恋愛関係に悩んだり、思いつめたり、傷ついたりすることはありません。また、友人や知り合いの恋愛関係に巻き込まれて、気を遣わなければいけなくなったり、気まずい思いになったりすることもありません。学校内に女性との恋愛関係が持ち込まれないため、変に気を揉む必要がなくなるのです。

男性ばかりなので本音でのびのびと過ごせる

男子校は男子生徒ばかりなので、男性にとっては過ごしやすい環境であると言えます。女性に気を遣う必要はありませんし、女性の目を気にする必要もありません。女性を意識して本音と建前を使い分ける必要もなく、本音を出してのびのびと気兼ねなく過ごすことができるのです。

趣味などで仲間を見つけやすい

共学校の場合にはからかわれてしまう場合があることや、悪く思われたくないという気持ちから、自分の趣味を人に話したりすることが難しい場合があります。しかし、男子校の場合には、女性の目を気にしなくていいことなどもあって、自分の趣味を人に話しやすい環境があり、仲間を見つけやすい傾向があります。

スクールカーストやいじめが起きづらくなる

女性からの評価を気にすることや、見栄を張ること、カッコを付けること、受けを良くすることが少なくなるため、生徒間で優劣や序列をつける必要性が少なくなります。そのため、学校空間内におけるスクールカースト(序列)が生じにくいか、生じても影響がそれほどないものとなる傾向があります。

また、異性が絡んだからかい(見た目、体力差など)がなくなることもあり、異性に関係するトラブル、いじめなども生じにくくなります。

親しい友人を作りやすい

男子校の場合は、男子生徒ばかりなので同性の親しい友人を作りやすい環境になります。女性がいないため本音で話しやすいということ、男女の恋愛に絡んで友人同士で気まずくなるようなことがないことなどから、深い付き合いがしやすいのです。また、男子校は中高一貫校が多いことなども親しい友人を作りやすい要因となります。

勉強に集中しやすい

男子校の場合には、女性がいないため、学校内で女性との恋愛に夢中になってしまうようなことがありません。人によっては恋愛で思い悩んでしまい、勉強が手につかなくなってしまうようなこともありますが、少なくとも学校内には同年代の女性がいないため、勉強に集中しやすくなります。

男子校のデメリット(悪い点)

男子校のデメリットとして、女性との関わり方が分からなくなる、社会性が養われなくなる、多様な価値観に触れられなくなるなどが挙げられます。

女性との関わり方が分からなくなる・社会性が養われない

男子校の学校内には同年代の女性はいないため、女性との関わり方や接し方が分からなくなってしまうことがあります。

もちろん、男子校以外の場面で女性と関わる機会を持つことは可能ですが、共学校で長い時間を一緒に過ごすのと、男子校で女性がいない環境でいるのとでは大きな差となります。大学生や社会人になってからも、女性と上手くかかわりを持てなくなることもあり、男女の社会での社会性が養われなくなるのです。

多様な価値観に触れられなくなる

男子校は同年代は男性しかいなくなります。そのため、学校内では同年代の女性と関わることがなくなり、同年代の女性の考え方や価値観に触れる機会がなくなってしまいます。意識しないうちに、自らの価値観が偏ってしまうようなことや独善的なものとなってしまうようなことがあります。

女性の友人・知人が学校内ではできない

男子校では同年代の女性がいないため、女性の友人や知人を学校内で作ることができなくなります。塾や習い事、地域活動などの学校外では女性と知り合う機会があるかもしれませんが、学校内で自然に友達ができる場合と、意識して学校外で友達を作ろうとする場合では難しさも違ってきます。

女性がいないため寂しさを感じることがある

男子校を卒業した人からは女性がいないため寂しさを感じたというような意見を聞くことがあるかもしれません。人によっては、共学校の方がにぎやかで楽しい、寂しくないというような気持ちを持つことがあります。人によって感じ方に差がありますが、男性ばかりの環境に違和感を感じる人もいます。

校舎が汚いことがある

男子校は男子生徒ばかりなので、女子校や共学校と比較すると圧倒的に汚れやすい傾向があります。男性が過ごす場所はどうしても汚れやすいのです。また、部活の部室などは汚れがひどかったり、においがひどかったりすることもあります。 ただし、しばらくすれば慣れてしまい全く気にならなくなることがほとんどです。

まとめ

  • 別学の男子校のメリットとして、進学実績が良い名門校が多数ある、同年代の女性がいないため女性の目を気にせずのびのびと過ごすことができる、学校内で女性との恋愛関係に思い悩むことがなくなる、同性の親しい友人を作りやすい、などがあります。
  • 男子校のデメリットとして、女性との関わり方が分からなくなる、男女社会での社会性が養われなくなる、多様な価値観に触れられなくなるなどがあります。

スポンサーリンク

【男子校のメリットとデメリット(良い点と悪い点)の記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ