生活に役立つお金の情報です。

男女共学校のメリットとデメリット(良い点と悪い点)

記事作成日:2018年5月6日

男子生徒と女子生徒が同じ場所で学ぶ男女共学校のメリットとデメリット(良い点と悪い点)についてです。男女共学か男女別学かについては、男子校や女子校の別学の選択肢が豊富な中学校や高等学校で問題となります。共学校のメリットは、男女がいるため異性とのコミュニケーションの取り方が自然に身に付くことがメリットなる一方、男性と女性の特性に応じた教育が難しいことや、恋愛に関するトラブルが発生する恐れがあることなどがデメリットです。

スポンサーリンク

共学校のメリット(良い点)

共学校のメリットとしては、異性とのコミュニケーションの能力が自然と身につく、男女両方の価値観に触れられる、異性の友人や知人が学校内でできる、などが挙げられます。

異性との関わり方や接し方や社会性が身につく

共学校では男子生徒と女子生徒が同じ場所で学生生活を送ることになるため、同年代の異性との関わり方や接し方、コミュニケーションの方法が自然と身につくことになります。

実際の社会でも男性ばかりあるいは女性ばかりで過ごすということはあまりなく、男性と女性がともに活躍する社会なので、社会と同じように男性と女性がいる自然な空間で社会性を身に付けることができるのです。

異性いるため多様な価値観に触れられる

共学校では異性がいるため、別学の男子校や女子校と比べると、学校内で多様な価値観に触れることができます。

男性固有の考え方や女性固有の考え方に引きずられ過ぎることがなく、偏った価値観に陥りづらいということが特徴です。男性ばかり、女性ばかりの集団で過ごしてもどうしても考え方や価値観が偏ってしまうことがあるのですが、共学であれば様々な価値観に触れられるのです。

異性の目を意識して振る舞いが自制される

共学校では異性がいるため、異性の目を意識して、だらしないふるまい、異性への配慮に言動、評価を落としてしまうような行動などが自制される傾向があります。

異性から悪く思われてしまうと、同性からも悪く思われてしまい、自分の立場を悪くしてしまうため、自然と自分を律することになり、規律やモラルが保たれることがあるのです。

同年代の異性の友人・知人ができる

共学校では、通常の社会生活と同じように男性と女性がいるため、自然な形で男性と女性が関わり、異性の友人・知人ができることになります。

別学の男子校や女子校の場合には、学校内には同年代の女子生徒あるいは男子生徒がいないため、学校外でないと知り合う機会がありません。しかし、共学校であれば、自然と異性の友人・知人ができるのです。

共学校のデメリット(悪い点)

共学校のデメリットとしては、男性と女性の特性に応じた教育が難しい、異性の目を意識して窮屈に感じることがある、男女間の問題に関するトラブルやからかいが学校内で発生する、などがあります。

男性と女性の特性に応じた教育が難しい

男性と女性では、様々な違いがあると考えられています。学力に関しては、男性は数学的なものが得意な傾向がある一方、女性は言語的なものが得意な傾向があります。また、学習態度の違い、教師との距離感の違い、興味や関心の違い、精神的な成熟度合いの違い、行動方式の違い、友人関係の違いなどもあります。

共学校では男性と女性が一緒に授業を受けるため、発達度合いの差や学び方の違い、得意分野の違いなどに応じた指導が難しいため、男女別学の場合と比べると学習効果を高めづらいことがあるのです。

異性の目を意識して窮屈になってしまう

共学校では、別学の男子校や女子校と異なり、男性であれば女性、女性であれば男性の目を意識することになるため、自由奔放になることは難しく、本音と建前を使い分けて、自らを律しながら生活していくことになります。そのため、窮屈にならざるを得ない部分があり、のびのびとできないと感じられることがあります。

深い同性の友人関係を築きづらい

別学の男子校や女子校と比べると、共学校は同性の友人を作りづらいと言えます。共学校では男性と女性がいるため、同性と本音での付き合いがしづらい部分があり、異性を意識して行動にも窮屈さがでてしまうことなどがあります。また、異性との恋愛などのトラブルに巻き込まれて、友人関係がぎくしゃくしてしまうというような場合もあります。

恋愛に関するトラブルが発生する

共学校では思春期の男性と女性が同じ場所で生活をするため恋愛に関するトラブルが発生することがあります。自分自身が誰かと恋愛関係になったり、破たんしたりすることがなくても、男女の友人同士が恋愛関係になったり、別れたりすれば、気を遣う必要が出てきたり、気まずい思いをしたりすることもあります。嫉妬や妬みなどに巻き込まれる恐れもあります。

異性に関するトラブルやからかいが学校内で起きやすい

共学校では男性と女性が同じ場所で過ごすことから、男性と女性がともに異性からの評価や受けを気にしてしまうことや、見栄を張ってしまうことがあり、生徒間で優劣や序列関係が生じやすくなることがあります。そのため学校空間内におけるスクールカースト(序列)が生じてしまうことがあります。また、異性が絡んだからかい(見た目、体力差、趣味に関することなど)が生じてしまいます。

男性と女性の別で役割が固定化しがち

共学校では男性と女性がいるため、男性と女性の役割が固定化しがちであるということが挙げられます。例えば力仕事などは男性といったような事例を挙げることができますが、女性が遠慮してしまう、あるいは男性が遠慮してしまうことによって、授業や学校行事などで、男性と女性によって役割が固定化し、担当しないことが出てくるのです。

まとめ

  • 共学校のメリットには異性とのコミュニケーションができるようになる、異性の友人や知人が学校内でできる、などがあります。
  • 共学校のデメリットとしては、男性と女性の特性に応じた教育が難しい、男女間の問題に関するトラブルやからかいが学校内で発生する、などがあります。

スポンサーリンク

【男女共学校のメリットとデメリット(良い点と悪い点)の記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ