生活に役立つお金の情報です。

結婚は相手の両親と相性が合わず上手くいかないと苦労する

記事作成日:2017年3月21日

結婚をしたら結婚相手だけではなく、相手の両親ともお付き合いをしていかなければいけません。結婚相手の事は好きでも、結婚相手の両親の事は好きになれないといったようなことや、相性が合わないということもよくあるのです。結婚相手の両親との相性が合わない事は結婚生活を続けていく上で大きなストレスになることがありますし、相手の両親との相性が悪いために結婚自体が上手くいかなくなってしまうことさえあるのです。

スポンサーリンク

相手の両親との相性が合わないとストレスに

嫁姑の問題は昔から言われている事ではありますが、現代でも嫁と姑の問題はあります。恋愛をしている間はパートナーをただ好きでいればいいのですが、結婚となると日本では家と家との結びつきとなる側面が強く、相手の両親とのお付き合いをしていかなければいけなくなります。

相手の両親との考え方が違うと様々な場面で意見が対立して衝突する可能性があります。

結婚相手と相手の両親との関係が深過ぎると孤立してしまう

結婚相手とその両親の関係性も結婚後の生活に重大な影響を及ぼす場合があります。結婚相手が全面的に両親の意見に賛同するような場合は、自分と結婚相手の両親との間で意見の対立があった場合に、結婚相手に仲間になってもらえず、いつも自分の意見を我慢しなければいけない状況になってしまうことがあります。

相手の両親との距離感の問題について

結婚相手のご両親(義父母)とは結婚後に人間付き合いが続くだけでなく、場合によっては同居や介護、金銭的な援助が必要になることがあります。

どちらの実家に近い場所に住むか

夫婦のどちらかの両親が強く自分たちの家の近くに住んで欲しいと希望することがあります。夫と妻のどちらの実家の近くに住むか、あるいはどちらの実家からも距離を置くかは重要な問題です。

どちらかの実家に近い場所に住んだ場合、育児などで支援をしてもらえる可能性がある一方、結婚後の生活で干渉を受ける可能性もあるからです。

育児で両親の援助を受けるかどうか

日本では一般的に、夫婦で妻が育児に深く関わることが多いため、妻の実家に近い場所に住むと、育児で妻のご両親の援助を得られることになり、育児はスムーズにいくことが多いとみられます。逆に夫の実家に近い場所に住むと、育児の方針を巡って夫の両親と妻の食い違いから妻がストレスを感じてしまうこともあります。

結婚相手と話し合って、子どもを授かろうと考えている場合には、育児はどのようにしようと考えているのか、どちらの実家の近くに住むまたは住まないのかをよく話し合っておくことが大切です。

両親の介護をどうするか

自分の両親だけでなく、結婚相手の両親(義父母)の介護も重要な問題となります。まず両親が金銭的に自分たちの介護のお金を準備している場合とそうでない場合があり、相手の両親があまりお金を持っておらず、介護費用の援助が必要となる場合には大きな経済的な負担となります。

また、実際に介護を行わなければいけないような状況になったら、体力的、精神的に多大な負担がかかってしまいます。自分の両親であればまだしも、結婚相手の両親の介護をしなければいけないとなったら、大変な負担となってしまうことがあります。

相手の両親の老後の生活の考え方、介護問題に対する考え方は結婚前に十分確認しておいた方が良い問題です。

土地を持っているかどうか

実家が土地を持っていて、引き継がせたいというような意思がある場合、問題が難しくなる場合があります。土地があるので将来は持っている土地に家を建てて住んでほしいと願うご両親もいることから、結婚後にどこに住むかという問題を考える上でご両親の意向が重要になることがあります。

金銭的な援助が必要かどうか

結婚相手の両親の経済状況や意向次第で、経済的な援助を行わなければいけなくなるような場合があります。特に結婚相手に兄弟がおらず、結婚相手とその両親の結びつきが強いような場合には、結婚相手が自分が養わなければいけないという思いから積極的な経済的援助を行うことがあります。

両親に金銭的な援助をするかどうかは家計の収支に大きな影響を与えるため、結婚前に良くお互いに話し合っておくことが大切です。

同居の希望はあるかどうか

住んでいる地域などによっても異なりますが、両親は子ども家族と一緒に暮らすのが当然、あるいは両親は年老いたら子どもに養ってもらうのが当然と考えている場合があり、結婚後に同居を希望する場合があります。

自分も結婚相手も受け入れることを前提にしているのであれば問題ありませんが、結婚するまで相手の両親の同居の希望を知らなかったような場合には、結婚生活の重大な問題となる場合があります。

また、片方の両親と同居すると、もう片方の両親はどうするのかということになり、わだかまりが残ってしまうこともあります。

結婚を決める前に相手の両親に関することについてよく確認する

恋愛をしている間は相手との関係が良好かどうかが重要ですが、結婚になると相手の両親との相性も重要になっています。結婚相手と両親との関係性、結婚相手の両親の考え方や経済環境などについて結婚相手とよく話し合っておくことが重要です。

特に介護、同居、経済的援助の有無などは夫婦の体力的・精神的・経済的な負担の有無にかかわってくるため、結婚前にお互いの考え方をよく確認しておくことが必要です。

まとめ

  • 結婚では結婚相手の両親との相性の良さも重要な問題となります。
  • 結婚相手の両親とは結婚後も人付き合いをしていくことになるほか、育児や介護などで深くかかわることになる場合があります。

スポンサーリンク

【結婚は相手の両親と相性が合わず上手くいかないと苦労するの記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ