生活に役立つお金の情報です。

実家暮らしはストレス・イライラや不自由さを感じることも

記事作成日:2017年3月27日

実家暮らしには、一人暮らしの場合とは違って、実家暮らしの特有のストレスがあります。実家暮らしの場合には、自分のペースでは生活しづらく行動の制約を受けるということがあるほか、親の干渉を受けるということがあり、ストレスや不自由さ、イライラを感じてしまうことがあります。

スポンサーリンク

行動の自由度が低く自分のペースで生活できない

実家暮らしの場合、家で過ごしている間も他の家族がいるので完全に自分の自由にできるというわけではなく自分のペースで生活するのは難しいです。

食事の時間やお風呂の時間、睡眠の時間など家での生活は他の家族の影響を少なからず受けることになります。また、外食をするような場合や帰りが遅くなるような場合には、家族に伝えておく必要がある場合もあり、行動に気を遣わなければいけないことがあります。

実家は1人でゆっくりしづらい

人は1人で誰の干渉も受けずにゆっくりしたいと感じる時もあります。自分の部屋があればある程度は落ち着いてゆっくりできるのですが、家族との距離感によっては、両親や兄弟が突然部屋を訪れてくることもあり、本当の意味で1人でゆっくりとすることが難しいこともあります。

辛い事があって1人になりたいときがあってもなかなか1人になれないこともあります。会話をしたくない時に会話をしなければいけないこともあります。

他の家族の音が気になることがある

実家暮らしの場合、自分以外に両親や兄弟姉妹などが暮らしていることになります。自分以外の家族が出す音が気になってしまうことがあります。

朝早くあるいは夜遅く起こされてしまったり、他の家族の話し声が気になってしまったり、生活音や話し声がストレスになってしまうことがあります。

外出の自由に制限がある場合がある

女性が実家暮らしをしている場合には、外出の制限がある場合があります。帰宅時間を決められる門限というほど厳格でなくても、夜遅く帰ってくると心配されてしまうので外出をしづらくなる、外出しようとするとどこへ行って誰と会うのかしつこく聞かれてしまうため外出を躊躇ってしまうといったようなことがあります。

恋人や友人を自宅に招きづらくなる

実家暮らしの場合は恋人や友人を自宅に招いて遊ぶと言うのは難しくなります。恋人や友人を自宅に招く場合には、必然的に家族に紹介し、家族と過ごすことになりかねませんが、居心地が悪いと感じるでしょうし、特に恋人の場合には交際について親から聞かれたり、干渉を受けたりする可能性もあります。

夜遅くの帰宅は家族への配慮が必要

夜遅くまで残業をして仕事からの帰りが遅くなった場合や人付き合いで夕食をした場合などで帰りが遅くなった場合には、他の家族への配慮が必要な場合があります。他の家族が既に寝ているような場合には、大きな音を立てるような行動をすると他の家族を起こしてしまうこともあります。

親の干渉を受けてしまう

実家暮らしであれば親の干渉を受けることになります。男性か女性かを問わず、日常生活全般について親から注意されたり、意見を言われたりするなど何らかの干渉を受ける場合があります。例えば、部屋の片付け、食生活、掃除、洗濯物、帰宅時間、睡眠時間、家での過ごし方、人間付き合い、家事や育児の方法など様々な場面で両親の干渉を受けることがあります。

プライバシーが確保できないことがある

両親の性格によっては、子どもの行動を事細かに監視してしまうようなことがあります。不在の間に部屋の中を勝手に探して、日記やスマートフォン、そのほかの私物などを見てしまうようなこともあります。仕事や交際相手のことなどを詮索されてしまい、プライバシーが十分に確保できない場合にはストレスを感じる事があります。

金額の大きい買い物がしづらくなる

実家暮らしは親の目があるため、金額の大きい買い物がしづらくなることがあります。いつもは買わないようなものを買うと親に見つかった場合、買い物についてお金の無駄づかいではないか、といったように注意や意見を言われたりすることがあります。親の干渉を意識してしまって、買い物がしづらくなってしまうことがあります。

自立できないことに引け目を感じる事がある

人によっては実家暮らしをしていて親から独立・自立していないことに引け目を感じてしまい、ストレスになってしまうことがあります。真面目な人ほど実家暮らしをしていることで自分が甘えているのではないかと感じてしまって、ストレスを感じてしまうことがあるのです。

実家暮らしのストレスやイライラを解消するには

実家暮らしの場合には、実家暮らしをしていることによるストレスやイライラを感じてしまうことがあります。実家暮らしのストレスやイライラを解消するためには家族と話し合うか一人暮らしを始めるという方法があります。

家族と話し合う

実家暮らしのストレスやイライラを解消するためには、まず家族と話し合うことで改善できる問題であれば、話し合うことが良いでしょう。家族とはいっても、それぞれ別の人間で違った時間の過ごし方をしていますし、考え方なども違っているので衝突することもあります。

しかし、お互いが話し合って、お互いの心情に配慮しながら解決できる方法があるならば、話し合いで解決するのが良いでしょう。

一人暮らしを始める

どうしても実家暮らしでストレスが溜まってしょうがない、イライラがおさまらないといったような場合には、一人暮らしを始めることも選択肢の1つです。とはいえ、ある程度収入がないと一人暮らしは出来ませんから、収入があることが前提になります。

家族との話し合いではどうしても実家暮らしのストレスやイライラを解消できない場合には、実家から離れた方が良いことも多いです。家族との距離が近すぎることで、言い争いや衝突が増えてしまうこともあり、距離を置くことで逆に上手くいくこともあります。

まとめ

  • 実家暮らしをしていると、行動の自由に制約を受ける場合がありますし、実家暮らしによるストレスやイライラを感じる事があります。
  • 実家暮らしのストレスやイライラは家族の間で話し合って解決するのであれば良いのですが、そうでない場合は一人暮らしをして距離を置いた方が良い場合もあります。

スポンサーリンク

【実家暮らしはストレス・イライラや不自由さを感じることもの記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ