生活に役立つお金の情報です。

プリペイドとポストペイの電子マネーの共通点と違いの比較

記事作成日:2016年12月12日

プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の電子マネーの特徴の共通点と違いの比較についてです。電子マネーは現金と同様に支払い手段として利用することができますが、対応しているお店でないと使えません。プリペイド型(プリペイド式)は前払い式の電子マネーでポストペイ型(ポストペイ式)は後払い式の電子マネーで、異なった特徴があります。プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の共通点と違いについて比較します。

スポンサーリンク

プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の電子マネーの特徴の共通点

プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の電子マネーの共通点についてです。

かざすだけで使える

電子マネーは基本的にお店にある決済用の端末にカードやスマートフォンなどをかざすことで決済が完了します。店員に渡したり、サインをしたり、暗証番号を入力する必要は原則としてありません。ただし一部例外はあります。多くの場合はクレジットカードよりもスムーズに決済ができます。現金と比較してもお釣りのやりとりが発生しないため、スムーズに支払いが完了することがあります。

電子マネーに対応しているお店で使える

プリペイド型とポストペイ型の電子マネーは対応しているお店で利用することができます。対応していないお店では支払い手段として利用することはできません。電子マネーは現金と同じように支払い手段として利用できますが、完全に現金と同じようにはいかず、お店が対応していなければ、利用できません。これはクレジットカードと同じです。

スマートフォンなどでも使える

電子マネーは電子マネーの機能がカードに備わっている場合もありますが、スマートフォンなどにも電子マネーの機能を備えることができます。クレジットカードや電子マネーのカードを持ち歩かなくても、スマートフォンなどを持ち歩いてかざせば決済が完了します。

利用するとポイントが付くことがある

電子マネーはプリペイド型であってもポストペイ型であっても利用することによってポイントが付くことがあります。ただし、ポイントの付き方はプリペイド型かポストペイ型かで変わってきます。

利用限度額がある

プリペイド型・ポストペイ型の電子マネーはともに無限に利用できるわけではありません。プリペイド型は電子マネーごとにあらかじめ定められた金額までしか入金できないようになっていますし、ポストペイ型の電子マネーは支払いを一緒に行うクレジットカードの利用限度額の範囲内でしか利用できないことになっています。

プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の電子マネーの違いの比較

プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の電子マネーの違いについて比較します

プリペイド型とポストペイ型の電子マネーの特徴の比較・違い
特徴プリペイドポストペイ
支払い前払い後払い
事前入金必要不要
残高不足あり基本的になし
引き落とし不能なしあり
クレジットカード不要基本的に必要
審査なしあり
利用可能額少なめ多め
ポイント入金・利用利用
不正利用の補償限定的基本的にあり

支払い方式

プリペイド型の電子マネーは前払い式、ポストペイ型の電子マネーは後払い式となります。

事前入金

プリペイド型の電子マネーは事前に入金が必要ですが、ポストペイ型の電子マネーは事前の入金は必要ありません。

残高不足

プリペイド型の電子マネーは事前に入金したお金が足りなければ残高不足となって購入ができません。ポストペイ型の電子マネーはクレジットカードの利用限度額の範囲内であれば購入できます。

引き落とし不能

プリペイド型の電子マネーは事前の入金の範囲内での買い物になるため問題にはなりませんが、ポストペイ型の電子マネーはクレジットカードの利用料金の請求時に口座にお金がなければ引き落としが出来ず未払いとなってしまうリスクがあります。プリペイド型は事前に電子マネーの残高を気にしなければいけませんが、ポストペイ型の電子マネーは事後に支払口座の残高を気にしなければいけません。

クレジットカード

プリペイド型の電子マネーはクレジットカードがなくても利用できますが、ポストペイ型の電子マネーは基本的にクレジットカードがなければ利用できません。ただし、例外があります。

審査

プリペイド型の電子マネーは基本的に誰でも利用できますが、ポストペイ型の電子マネーはクレジットカードがないと利用できません。クレジットカードの利用には審査があるため、ポストペイ型の電子マネーを利用するためには、クレジットカードの審査があるということができます。ただし、クレジットカードがなくてもポストペイ型の電子マネーを利用できる場合があります。

利用可能額

プリペイド型の電子マネーは入金の範囲で利用出来ますが、入金の限度額が数万円の少額に設定されています。一方でポストペイ型の電子マネーはクレジットカードの利用限度額によりますが、基本的に10万円以上となります。ただし、1回の買い物での利用限度額が定められている場合があります。

ポイント

プリペイド型とポストペイ型の電子マネーどちらもポイントが付くことがありますが、プリペイド型は入金時と利用時(支払い時)にポイントが付与されることがあります。一方でポストペイ型は利用時(支払い時)にクレジットカードと同様にポイントが付くことがあります。

不正利用の補償

プリペイド型の電子マネーでは所有者情報を登録していたり、記名式だったりした場合には、紛失などによって利用停止をした時点での残高が補償されます。ただし、利用停止をするまでに不正利用されてしまった部分は基本的に戻ってきません。一方でポストペイ型の電子マネーはクレジットカードと同様に不正利用されてしまった部分が補償されることがあります。

まとめ

  • プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の電子マネーは、お店の端末にかざすだけで使える、ポイントが付く場合がある、スマートフォンなどでも利用できる場合があるといった共通点があります。
  • 一方で、プリペイド型(プリペイド式)とポストペイ型(ポストペイ式)の電子マネーは、事前の入金が必要かどうかという違いがあります。プリペイド型は事前の入金が必要ですが、ポストペイ型は事前の入金は必要ではありませんが、使い過ぎる可能性が高まります。

スポンサーリンク

【プリペイドとポストペイの電子マネーの共通点と違いの比較の記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ