生活に役立つお金の情報です。

10円玉貯金でお金を貯めるコツ

記事作成日:2017年5月15日

10円玉

10円玉貯金の特徴と10円玉貯金を楽しむ方法についてです。10円玉貯金とは、買い物のお釣りなどで手に入れた10円玉を使わないでとっておいて家に帰ってから貯金をする貯金方法です。10円玉はお釣りとしてかなり手に入れやすい硬貨であるため始めやすく、続けやすいことが特徴です。ただし、1枚10円なので貯める効率は良くないです。

スポンサーリンク

10円玉貯金の特徴やメリット

10円玉貯金の特徴やメリットについてです。

手に入れた10円玉は使わず貯金する

買い物のお釣りなどで10円玉を手に入れても、支払いに使わないようにして家に持ち帰って、貯金するようにしましょう。10円玉を支払いに使わなければ、買い物をするたびに10円単位の端数が出てお釣りで10円玉をもらうことが多くなります。

10円玉貯金は簡単にできて続けやすい

10円玉を手に入れるのはとても簡単です。何かを買ってお釣りをもらえば大抵10円玉が1枚以上含まれています。50円玉をもらうためにはお釣りの10の位が5、50円以上のお釣りがないといけませんが、10円玉をもらうためにはお釣りの10の位が1、10円以上のお釣りが出ればよいのです。

何かを買い物で買った時に、手持ちの10円玉を支払いに使わないで、50円玉以上の硬貨か紙幣で支払いをすれば、多くの場合でお釣りとして10円の端数が出るため10円玉を手に入れることができます。

10円玉はとても手に入りやすいので、10円玉貯金を始めるのは簡単で、毎日買い物をしていれば10円玉は大抵手に入るので、無理なく続けることができます。

10円玉貯金は家計への負担も少ない

10円玉貯金をするのに必要なのは10円玉です。1回10円の貯金なら家計への負担が少なく、貯金をするのが大変だというようなことを感じなくて済みます。

枚数を増やしても数枚なら100円以下に収まります。家計への負担が少ないので、貯金で家計が苦しくなって、もう貯金できないとか、貯金をちょっと使ってしまおうということがなくなります。

10円玉貯金は少額なので途中の使い込みが起きづらい

10円玉は500円玉や100円玉などの硬貨と比べると1枚の金額が少なく、途中でちょっと使おうかと思っても、何枚も取り出さないと少額なので使いづらいです。1000円が欲しいと思ったら、10円玉では100枚が必要ですが、100枚を取り出して使おうという気にはなかなかならないと思います。

10円玉貯金はお金が足りないからという理由で途中で使い込んでしまう可能性が低いため、続けやすいといえます。

10円玉貯金を楽しむコツや注意点

10円玉貯金を楽しむためのコツや10円玉貯金をする上での注意点についてです。

貯まる金額には過度な期待をしない

10円玉貯金は1枚貯金しても10円にしかならないためかなりの枚数を貯金しないとまとまった金額になりません。

仮に1日1枚貯金すると、1年365日で3,650円ですが、貯金額としては少ないと考えざるを得ません。仮に1年で1万円貯金するなら、1日2.74枚、つまり3枚は貯金する必要があります。10万円なら1日28枚は貯金する必要があります。

10円玉貯金は続けても多額の貯金にはなりづらいので過度な期待を持たないようにして、ちょっとしたおまけの貯金みたいな感覚で楽しむとよいでしょう。

10円玉はこまめに口座に入金し何回も繰り返す

10円玉貯金で多額の金額を貯めるためには大量の10円玉硬貨が必要になります。10円玉貯金で10円玉が貯まってくると、場所を取りますし重いので、自宅で貯めっぱなしにしないでこまめに銀行の窓口かATMで入金するようにしましょう。

そして、空になった貯金箱を再利用して、10円玉貯金をもう1度始めるというように、何回も繰り返していく方が良いでしょう。10円玉貯金を長い間続けて、何回か入金を繰り返せば数千円、数万円位までは貯められるはずです。

1日の貯金枚数は柔軟にする

1日に貯金する10円玉の枚数を決めておくことも良い方法ですが、目標の貯金枚数にこだわりすぎないようにすることが大切です。ノルマや義務のように感じてしまうと楽しめないこともあるからです。

家に帰った時に財布に入っている10円玉を貯金するというような決め方でもよいので、気楽に続けていくやり方で続けましょう。

先取り貯金も一緒にする

10円玉は貯金では大きな金額を貯めることは困難です。10円玉貯金をしてるだけでは貯金をしているとは言い難い部分があります。

先取り貯金などで貯金をした上で、日々の生活の10円玉を貯めて楽しむ、位の感覚で10円玉貯金を実践するようにしましょう。先取り貯金に加えて、10円玉貯金も貯まっているというような感じで、ちょっとしたボーナスのように貯めるとよいでしょう。

まとめ

  • 10円玉貯金とは、買い物のお釣りなどで手に入れた10円玉を使わないで貯金する貯金方法です。
  • 10円玉貯金は、貯まるペースは早くありませんが、10円玉が手に入れやすいので続けやすいことが特徴です。

スポンサーリンク

【10円玉貯金でお金を貯めるコツの記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ