生活に役立つお金の情報です。

5円玉貯金とは

記事作成日:2017年5月15日

5円玉

5円玉貯金の特徴や5円玉貯金をする時の注意点などについてです。5円玉貯金とは、お釣りなどで手元にある5円玉を支払いなどで使わないようにして貯めていく方法です。5円玉は1円玉や10円玉よりも手に入れづらい場合がある上に、1枚5円の硬貨なので、お金がなかなかたまらず貯金方法としては効率がよくありません。

スポンサーリンク

5円玉貯金の特徴やメリット

5円玉貯金の特徴やメリットについてです。五円玉硬貨はご縁があるという語呂からかお賽銭に使う硬貨というイメージがありますが、5円玉を貯める5円玉貯金というものもあります。

5円玉は案外手に入りづらい

5円玉貯金とは、手に入れた5円玉硬貨を使わないで貯金する貯金方法です。5円玉は少額のお金なので5円玉貯金は簡単にできると思いがちですが、5円玉は1円玉や10円玉と比べると手に入りづらいことがあります。

5円玉をもらうためにはお釣りで1の位が5円、6円、7円、8円、9円の5円以上にならなければいけませんが、思うようにいかないことも多いのです。

5円玉は1回の支払いで最大でも1枚しかもらえない

買い物をしてお釣りをもらう場合に、5円玉がもらえる場合でも1回の支払いでもらえる5円玉の枚数は最大で1枚です。1円玉であれば何枚ももらえることがありますが、5円玉は通常は最大で1枚です。そのため、何回も買い物をしないと5円玉がもらえないということになります。たくさんの5円玉を手に入れるのは大変なのです。

5円玉貯金は家計への負担は少ない

5円玉貯金では5円玉を貯金しますが、財布から5円がなくなっても家計への影響はほぼありません。貯金をするのではなく、5円玉を落としてなくしていても気づかないことが多いでしょう。家計への影響が小さいのです。そのため、持っている5円玉を貯金しても、懐が痛まず、続けやすい貯金方法であるといえます。

5円玉貯金は少額で貯金の途中で使い込むことが少ない

5円玉は1枚5円で少額です。もし貯金の途中でお金が足りないから貯金をしている分からちょっと借りて足しにしようと思っても、5円玉で貯金していると膨大な枚数を取り出さないとまとまった金額にならないため、途中で取り出して使おうという気持ちになりづらいです。

5円玉貯金のコツや注意点

5円玉貯金のコツや5円玉貯金をする上での注意点についてです。

5円玉貯金はそれほど貯まらない

5円玉は貯金方法としてはあまり適切ではありません。1日1枚貯金しても1年で1,825円にしかならないからです。5円玉貯金を1年続けてちょっとおいしいものをご褒美で食べようと思っても、1,825円では贅沢は出来ず、ちょっと贅沢な1人分の食事くらいでしょう。

では1日1枚よりも多く、何枚も貯金しようと思っても5円玉を手に入れるためには何回も買い物をしなければいけなくなり、5円玉貯金のために買い物をするという本末転倒な結果になりかねないのです。

貯まった5円玉はかさばり重いので入金は不便

5円玉貯金では5円玉1枚が5円にしかならないので、ある程度の枚数を貯めないとまとまった金額になりません。しかし、枚数を増やすとかさばってしまい、重くなってしまいます。

他の小銭も一緒に貯めるのもあり

5円玉貯金では、5円玉が入手しづらいこともあり、なかなか貯まりません。そのため、10円玉や50円玉などの他の硬貨・小銭と組み合わせて貯金をする方が貯まりやすいです。

本気で貯めたいのであれば、5円玉以外の小銭も一緒に貯金をするとよいでしょう。

5円玉貯金はあくまでおまけで先取り貯金と組み合わせる

5円玉貯金は貯金を楽しむことができますが、貯金方法としては力不足です。枚数が貯まってもあまり大きな金額にはなりません。

そのため5円玉貯金はあくまでおまけ、サブの貯金方法と位置づけで、先取り貯金などでしっかりと貯金をするようにしましょう。その上で、日々の5円玉貯金を楽しむといったような形にしましょう。

まとめ

  • 5円玉貯金とは、お釣りでもらった5円玉を貯金する方法ですが、5円玉は案外手に入りづらいです。
  • 5円玉貯金は、あまり貯まらないので、本当の貯金は別の方法でするようにして、5円玉貯金はおまけの貯金として楽しみましょう。

スポンサーリンク

【5円玉貯金とはの記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ