生活に役立つお金の情報です。

貯金の目的や目標は続けるために大切

記事作成日:2015年12月2日

貯金を成功させるためには貯金目的や目標は案外大切です。なんとなく貯金しようと思っていても、最初は貯金出来てもそのうち続かなくなってしまうことがあります。せっかく先取り貯金のような仕組みを作っていないと貯金に回すお金がほとんど残らなかったり、先取り貯金の仕組みを作ってもお金を引き出してしまったりしていつの間にか貯金が失敗してしまいます。

スポンサーリンク

貯金をする目的は何?

もちろん貯金の目的が無くても上手くいく人は上手くいくのですが、目的があるのとないのとでは貯金に対する姿勢が全然変わってきます。例えば趣味のためのお金、結婚のためのお金、出産のためのお金、子育てや教育費のためのお金、海外旅行に行くためのお金、家を買うためのお金、老後に備えたお金、色々な目的があると思います。

何も考えず貯金をするのと、何か目的や必要性があって貯金をするのでは、やはり気持ちが全然違います。

貯金そのものが目的だっていい

貯金の目的は特定のお金の使い道だけとは限りません。世の中には貯金自体に喜びを感じる人もいます。貯金そのものが楽しくてしょうがなくて、お金が貯まることで満足を感じる人もいます。そのような場合には特別に目的を定めなくても貯金そのものを楽しむという姿勢でも問題ないでしょう。

いつまでにいくら貯める?

貯金の目標額を決めることも大切です。例えば結婚資金貯めたいという時を想像します。実際にはお金がそれほどなくても結婚をすることはできなくもないのですが、仮に100万円を貯めたいとします。100万円はいつか貯まればいいやという性質のお金ではないはずです。いつまでにお金を貯めて、結婚式を挙げたいというようになるわけですから、貯めたい時期は決まってきます。

貯金をする時にいつまでに、いくらという目標を決めておくことはとても大切です。いつかお金が貯まっていればいいやと思っているといつまで経っても貯まりません。

目標があれば毎月の計画が立てられる

いつまでにいくら貯めるという目標があると、目標から逆算して毎月いくら貯めないといけないなということが分かります。毎月の必要な貯金額が分かると、毎月の貯金の計画を立てることができます。そうなると家計の状況を考えて、先取り貯金でいくら回すとこのくらい支出を抑えなければいけないなとか、家計での対策を考えることができます。

まとめ

  • 貯金を続けていくためには貯金をする目的や貯金をいつまでにいくら貯めるのかという目標が重要です。
  • 目的があれば貯金を続けていこうという意識が高まりますし、目標があれば具体的な毎月の貯金の計画を立てることができます。

スポンサーリンク

【貯金の目的や目標は続けるために大切の記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ