生活に役立つお金の情報です。

貯金があると安心できる

記事作成日:2015年6月13日

貯金があることのメリットは金銭的なものだけではありません。貯金があると安心につながり、心にもゆとりができます。お金が少ないと気持ちも沈み心にゆとりが無くなります。貯金があると人生にプラスの影響があるので、しっかりと貯金をするようにしましょう。貯金があると精神面でもメリットがあるのです。

スポンサーリンク

お金がないと心に焦りが

お金が足りなくなってくると心にも焦りが出てきます。やりくりが厳しいと、電気料金が支払えないとか、借金でもしないとやっていけないとか、お金に関する不安で頭の中がいっぱいになってしまいます。

お金が苦しくなってくると、食事などの人づきあいも断らなければならなくなるかもしれませんし、家族の間でもお金のことでもめて険悪になってしまうかもしれません。

お金の心配で頭がいっぱいになれば仕事にも集中できなくなってしまうかもしれません。

気持ちのゆとりが生活を豊かに

お金に苦しまないようになると、気持ちにゆとりが出てきます。お金の問題で焦ったり、追い詰められたりするようなことがなくなると心にゆとりができて、生活をしていく時にお金が原因で人と揉めるようなことが減ります。そうすると人間関係を築いていく上でトラブルの原因が減らせるので、より豊かな生活を送りやすくなります。

病気やけがなどいざという時も安心

まとまった貯金があると病気やけがになった時も安心です。病気やけがになった上にお金の心配までしないといけないなんてとても嫌だと思います。お金がないから治療を受けるのを尻込みしてしまうなんてことがあるのはとても悲しいことです。貯金があれば、いざという時に安心感が高まります。

給料日が待ち遠しくなくなる

貯金があれば、給料日前にお金のやりくりが厳しくなってしまい、給料日が待ち遠しいということもなくなります。簡単に貯金を崩してはいけませんが、備えがないとなると余計に気になってしまって心にもゆとりがなくなりますが、備えがあると思えば焦りは出てこないので給料日の事ばかり考えるということもなくなります。

失業時の備えにも

貯金がお給料など毎月の収入の3~6か月分以上貯まるようになると、失業への備えとしても使えるようになります。突然失業するような状況には遭遇したくないですが、会社の経営上居が厳しくなってもまとまった貯金があれば焦らずに転職活動ができます。

失業時への備えができていると、会社で働く気持ちにも少しゆとりが出てきます。この会社で働かないと生活が成り立たないという状況に身を置くよりも、備えもあるしいざとなったら転職できるという気持ちの方が、仕事にゆとりをもって向き合うことができます。

法律上あるいは倫理上望ましくないことを強制されそうになったり、いわゆるブラック企業と呼ばれるような会社で劣悪な労働条件に置かれたりした時に会社に従わないといけないと思わなくて済みます。

嫌なことがあっても備えがあるし次の仕事を探せると思うと、多少のことは簡単に流せるようになります。

まとめ

  • お金が少ないと気持ちも沈み心にゆとりが無くなります。
  • 貯金があればお金の問題で悩むことが減り気持ちにゆとりが出て、安心できます。

スポンサーリンク

【貯金があると安心できるの記事は終わりです】

「貯金と家計|お金を貯める」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ