生活に役立つお金の情報です。

転職後にやっておくべきこと

記事作成日:2015年7月16日
最終更新日:2015年8月22日

転職を成功させるために、転職後にやっておくべきことについてまとめました。様々な人と丁寧に話して人間関係を作っていくこと、職場の明文化されたあるいは暗黙のルールや手続きを理解すること、立ち振る舞いに気を付けて悪い印象を持たれないことが重要です。転職前と同じように振る舞っていてはいけないこともあるので、転職先の状況をよく確認しましょう。

スポンサーリンク

人間関係を作っていく

誰にでも丁寧に話す

誰にでも丁寧に話すようにして、年下だから職種が違うからと差を付けてはいけません。誰にでも敬意をもって接して丁寧に話すようにしましょう。これからどんな場面でお世話になるか分かりません。若い人は職場の暗黙のルールや様々な手続き、庶務に関することなどに関わっていることも多く、様々な情報を教えてもらえるかもしれません。

入社直後だけでなく、常に必要なことですが、人と人として丁寧に接することを心掛け、不用意に反発を買ってしまうことがないように気を付けましょう。

人間関係を理解する

職場には人間がたくさん集まっているので人間関係が複雑に絡み合っている場合があります。入社直後は人間関係が全く分からない状態なので、慎重に人と人との会話を聞きながら人間関係について把握をしましょう。特に変な人間関係や派閥の対立に巻き込まれないように人付き合いは慎重になる部分も必要です。

話しかけてくる人を見極める

転職した入社直後に愛想よく話しかけてきてくれる人がいます。知らない人ばかりの職場で話しかけてくれる人はありがたいですが、仕事が忙しくない人、職場に不満がある人、だらだらと話すのが好きな人などの場合もあるので要注意です。話しかけてくれるからといってその人と付き合いを深めてしまうと、職場で浮いてしまうような場合もありますので気を付けましょう。

話し相手や相談相手を作る

転職先では新卒入社のような同期はいません。似たような時期に入社した人がいても年齢が違うことも多く、純粋な意味では同期とはなりづらいです。そのため、転職で入社をすると、社風の違いからも孤立してしまうことがあるのですが、孤立しないように話し相手や相談相手など職場で同期のように気軽に話せる人を見つけると、仕事が進めやすくなります。

孤立してしまうと情報が入りづらくなってしまいますし、再び退職することに気が向いてしまうことにもなりかねません。

職場のルールや手続きを知る

固有のルールがある

職場には固有のルールや手続きがあります。細かなルールについても、入退室の方法、職場の鍵の保管方法、情報セキュリティ、ロッカーの場所、書類の保管場所、文豪具など備品の置き場、交通費など経費の精算方法、人事に関する手続き、休暇の申請方法、会議室の利用方法、倉庫の保管物、パソコンの固有のソフトの利用方法など挙げていけばきりがありませんが、会社によって独特のルールがある場合があります。

マニュアルや研修で確認

まず、マニュアルや手続き書などがあればしっかりと内容を確認します。転職者が多い大企業であればマニュアルなどが細かく整備されていることが多く、研修などもしっかり行ってもらえる場合があります。

通常は新卒と同じように手とり足とり教えることはないので、自分から積極的に調べないといけません。研修がある場合にはかなり恵まれている方だと思います。

誰に聞けばよいか把握する

そして分からないことは分かる人に聞くことが大切です。特に誰が職場のルールを詳しく知っているのかを早い段階で把握することが大切です。1人だけからしか話を聞けないと間違った事を覚えてしまうかもしれないので、複数の人から話を聞けるようにしておくことが大切です。

分からないことは積極的に聞く

それほど若くない場合は、人に聞くということ自体躊躇してしまうことがあるのかもしれませんが、入社直後は分からないのが当たり前です。人によっては冷たく反応するかもしれませんが、入社直後は分からないのも仕方がないと理解される時期ですので、分からないことは積極的に聞いておきましょう。

疑問に思うことをよく確認しないまま進めるとトラブルの元になる可能性があるので、何かおかしいなと思ったら必ず誰かに確認するようにして思い込みで物事を進めないように気を付けましょう。

振る舞いに気を付ける

入社直後は注目されている

新卒採用で入社した人もそうですが、中途採用で入社した人も最初は注目されています。どんな人なんだろう?と関心が集まっていますので、最初の振る舞いや行動には注意が必要です。

前の会社のやり方を持ち込まない

郷に入りては郷に従えという諺がありますが、転職したら転職先のやり方やお作法に従うことが基本です。前の会社のやり方が効率的だと思っても入社直後に前のやり方が良かったからという理由で、前の会社のやり方を持ち込まないように気を付けましょう。

合理的なものであっても、摩擦を生みかねないような方法で持ち込むのではなく、タイミングを見て自然な形で改善の提案を出した方が反発を招きにくいです。ただし、新しい風を吹き込みたいということで採用されていて、仕事の改善を積極的にするよう明確に求められている場合は別です。

前の会社の悪口や不満は控える

転職直後には前の会社の話を聞かれることも多いと思いますが、悪口や不満を言うのは控えておきましょう。何かに不満があったから転職をしたわけですが、不満や悪口が多い人だと思われてしまうと評判を下げてしまいますので、気を付けましょう。

謙虚な姿勢でふるまう

ある程度、責任がある立場で転職した場合には立ち位置に苦労しますが、出来るだけ謙虚な姿勢でふるまうことが大切です。自分はわかっている、知っている、できているというような自信過剰な態度で臨んだり、自分を大きく見せようとすると、信頼されなくなってしまうかもしれません。

まとめ

  • 転職で入社したら、立ち振る舞いには慎重にしなければいけませんが、人間関係を積極的に作っていきましょう。
  • 職場のルールは会社によって違いますので、分からないことはしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク

【転職後にやっておくべきことの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ