生活に役立つお金の情報です。

円満退職・円満退社のコツとメリット・デメリット

記事作成日:2016年5月23日

円満退職・円満退社のコツとメリットやデメリットについてです。会社を退職する場合には、例え手間や労力がかかったとしても、喧嘩別れよりも円満退職・円満退社を目指した方が後々のトラブルを回避できる可能性が高まります。もちろん、円満退職・円満退社ができなくてもその後の人生に影響がないような場合もありますが人生どんな巡り合わせがあるか分かりませんので、避けられる摩擦は避けた方が無難です。

スポンサーリンク

円満退職・円満退社のメリット

いつどこで巡り合わせがあるか分からない

円満退職・円満退社を行う最大の理由は、人生どこでどんな巡り合わせがあるか分からないからです。無駄に敵を増やすこと必要はなく、人生どこでどんな人に関わりを持ち、お世話になるか分からないので、関わった人には最低限の礼節を尽くしておくことが重要です。退職して転職した先で仕事で関わる可能性がゼロとは言い難いからです。前の職場の人が転職して、自分の仕事に関わりを持つようになるかもしれません。

退職前後の手続きがやりやすい

円満退職・円満退社を行うことで、退職前後の手続きがやりやすくなるというメリットがあります。退職時には社会保険や税金などで手続きが発生しますし、退職後に職務経歴の証明書が必要となるような場合も考えられます。円満退職・円満退社することで、手続きが必要となった場合に、やりやすくなります。

心理的なストレスが減る

円満退職・円満退社をしようとすると気を遣うことになりますが、喧嘩別れで終わってしまうよりは心理的なストレスが少なくて済む場合が多いです。もちろん、円満退職・円満退社でなくても言いたい事をちゃんといった方が自分の気持ちの上で重要だと考えてしまうような場合があるかもしれませんが、避けられる摩擦は避けておいた方が後々後悔しなくて済む可能性が高まります。

円満退職・円満退社のデメリット

円満退職・円満退社には気を遣い手間がかかる

円満退職・円満退社をしようとする場合には、職場の人への配慮や気配りが重要になってきます。労力や手間もかかってくることがデメリットです。ただし、ブラックな職場で人格を軽視したような扱いを受けている場合は別ですが、円満退職・円満退社のために気を遣うということは社会人としてのマナーでもありますので、最後だと思って頑張った方が良いでしょう。

円満退職・円満退社のコツ・工夫

退職理由を工夫する

円満退職・円満退社のために重要なのが退職理由です。角が立つような退職理由を伝えてしまうと、円満に退職・退社することは難しくなってしまいます。そのため、本音と建前を使い分けて、退職理由を工夫する必要があります。

反感を持たれてしまう退職理由

例えば、経営者や上司・同僚が気に入らなかった、仕事がつまらなかった、労働環境が悪かった、待遇が悪かった、社風や職場の雰囲気が嫌だったなど、会社や職場の人を批判するような内容の退職理由の場合には、反感を持たれてしまう可能性があります。

反感を持たれづらい退職理由

退職意向を伝えると、少なからず反発を受ける可能性はありますが、会社や仕事、職場の人を批判するような内容でない退職理由を伝えることで退職への反感を和らげることができます。

例えば、違うことに興味を持った、自分を別の環境で試してみたい、他に適職だと思える仕事が見つかった、などステップアップにつながるような転職理由を伝えることができれば、反感を持たれづらくなります。ただし、今の職場が下だとか、悪いといったような印象を出さないように露骨にステップアップとは伝えない方が良い場合があります。

家族関係の事情を退職理由とする場合も、内容次第で反感を持たれづらいです。両親の介護がしたいので労働時間を見直したいといったような理由が考えられます。

反感を持たれてしまう場合がありますが、結婚を原因とする寿退社も仕方ないと思われやすい退職理由です。結婚を機に、働く場所を変えたい、働く時間を見直したいということは分かりやすい退職理由だからです。

育児も退職理由としては分かりやすいですが、人によって受ける印象がかなり変わってくる場合もあるので、気を付けた方が良い場合があります。

退職が決まったら早めに伝える

退職が確定的となった場合には可能な限り速やかに上司に伝えた方が良いでしょう。急に退職を伝えると退職事務や引継ぎ・後任などで迷惑をかけてしまう可能性が高まるからです。もちろん、早めに退職意向を伝えることで、居心地が悪い期間が長くなってしまうことがありますが、直前のぎりぎりに伝えるよりはトラブルを回避できる可能性が高まります。

引継ぎをしっかりと行う

退職が決まった場合には引継ぎをしっかりと行いましょう。後任の人が決まっていない場合には誰に引き継ぐべきか上司と相談した置いたほうが良いでしょう。退職までに後任の人が来ない場合には、上司に仕事の内容を引き継いでおくか、引継書を作成しておくようにして、退職後に自分に問い合わせが来ないようにしておきましょう。

引継ぎがしっかりと行われていると、退職後に悪い印象を与える可能性が低くなります。

退職手続きを丁寧に行う

退職をする場合には、社内手続きだけでなく、雇用保険、健康保険、国民年金、厚生年金、所得税、住民税など社会保険や税金に関する手続きが必要になる場合があります。退職に関する手続きを丁寧に漏れなく行っておくことで、心象の悪化を防ぐことができます。また自分自身を守ることにもつながります。

備品などはきちんと返す

職場の備品などは持ち出すことはしないできちんと返却しておきましょう。自分自身が購入した私物は持ち帰っても問題ないのですが、会社の経費で購入されているもので自分が使っていたものは返却することが原則です。

名刺については会社によって扱いが違うので、ルールや慣例を確認しておきましょう。社員証や会社用の印鑑などで返却が必要なものは漏れなく返すようにしましょう。情報や企業秘密の持ち出しは厳禁です。

退職の挨拶を丁寧に行う

円満退職のために退職の挨拶を行うことは重要です。退職が近づいてきたら社外の関係者の人に退職の挨拶をしておきましょう。また退職日には社内でお世話になった人に出来る限り挨拶に行き、お世話になったことと感謝の意を伝えましょう。例え内心快く思っていない相手に対しても、最後の機会だと割り切って礼を尽くすことで退職後のトラブルを減らすことができます。

こちらが礼を尽くした挨拶を行っても、相手によっては不快な対応をしてくるかもしれません。退職する人を裏切り者だと思っている場合や、仕事で迷惑が掛かってしまっている場合、退職を羨ましいと思っている場合、様々な理由が考えられますが、最後の我慢だと思って、適当に受け流すことが賢明です。

批判や不満、悪口は言わない

円満退職・円満退社をするためには、辞める会社の批判や不満、悪口は言わないようにしましょう。内心強い不満を持っている場合でも、職場の人には決して批判や不満、悪口を言わないようにして、心の中にしまっておきましょう。どうしても誰かに相談したい場合には、職場の人を避け、家族や職場とは無関係な信頼できる友人に話すようにしましょう。

まとめ

  • 円満退職・円満退社を行うためには気配りをして手間をかけることが必要になりますが、人生ではどのような巡り合わせがあるか分かりませんので、礼を尽くして円満退職・円満退社を目指した方が良いでしょう。
  • 円満退職・円満退社のためには、当り障りない退職理由を準備して、退職の意向を早めに伝え、引継ぎや退職手続きを行い、会社の備品はきちんと返却し、社内・社外の人に退職挨拶を丁寧に行うことが重要です。

スポンサーリンク

【円満退職・円満退社のコツとメリット・デメリットの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ