生活に役立つお金の情報です。

年齢が上がると転職は難しくなる

記事作成日:2015年7月14日

一般的に年齢が上がると転職は難しくなります。転職は若い方が潜在力に期待して採用してもらえるため選択の幅が広いです。一方で、年齢が上がると実績や経験が重視されるようになるため今までと違う分野への転職は難しくなります。また、年齢が上がると処遇面で問題が出てくるため転職自体難しくなります。

スポンサーリンク

若いと潜在力、成長余地で採用される

若い時は誰もが実績や経験があまりないことになるため、人物や潜在的な能力、今後の成長余地、伸びしろなどで採否が判断されることになります。

そのため、違う分野の仕事への転職も問題なくできる場合が多く、実績や経験を厳しく問われるということはあまりありません。若いうちはやり直しがしやすく、最初の会社の仕事が自分に合っていないと感じた場合はキャリアを大きく変えるチャンスがあります。

同じ条件なら若い方が採用されやすい

企業の採用担当者から考えた場合、全く同じ能力を持っている人がいた場合、30歳の人と40歳の人ではどちらが魅力的に感じられるでしょうか?大半の場合が30歳だと答えるはずです。若くて優秀な人の方が人材的に価値が高いと考えられるでしょう。

また、会社でどれだけ長く働いてくれるかということを考えた場合も、40歳の人は20年働くと60歳になりますが、30歳の人は60歳になるまで30年働くことができます。採用担当者であれば、できるだけ長く働いてくれる可能性がある人を選ぶ方が合理的だといえます。

更に、通常は年齢が高くなるほど、様々な経験をしている反面、自分なりの仕事のやり方が出来上がってくるため、新たな環境への適応が難しくなる傾向にあります。逆に若い方が「染まっていない」ため、人材育成という面からは好まれる傾向があります。

年齢が高い場合は実績や経験で採用

即戦力としてすぐに仕事で活躍して欲しいという場合は、経験が重要視されます。そのため、新卒から間がない若い人よりも、ある程度経験がある人が好まれる場合があります。

年齢が高い場合は、通常は即戦力として期待されていて、企業が求める分野での実績や経験が求められます。経験がない人をゼロから育成しようとは考えていない場合がほとんどです。

年齢が高いと違う分野への転職は難しい

逆に、自分の経験とは全く違う分野の仕事がしたいという場合は、年齢が高くなるほど難しくなります。年齢が高い場合には実績や経験が強く求められるため、異なった分野への転職では若い人の潜在的な能力への期待に負けてしまいます。

どうしても転職したいという場合、年収が大幅に下がれば可能性がありますが、それでも狭き門といえます。仕事に関係する資格がある場合でも実務経験がないと難しい場合も多いです。

キャリアチェンジしたいという場合は、自分で起業してしまうなど別の方法を考えないといけなくなります。

年齢が高いと処遇が難しく転職は難しくなる

年齢が高いと一般的に給料水準が高くなり、ある程度の責任を持った役職で迎え入れないと社内でのバランスが取れないことがあるため、条件にぴったり当てはまる人材でないと採用が難しくなります。

日本では年功序列的な考え方も根強く残っているため、年下の上司の下に配属するといったようなことが難しい場合もあります。年上の部下が配属される人にとっても戸惑いがあります。

まとめ

  • 転職は若い方が潜在力に期待して採用してもらえるため選択の幅が広いです。
  • 年齢が上がると実績や経験が重視されるため違う分野への転職は難しくなります。
  • また、年齢が上がると処遇面で問題が出てくるため転職自体難しくなります。

スポンサーリンク

【年齢が上がると転職は難しくなるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ