生活に役立つお金の情報です。

転職で道が開けることもある

記事作成日:2015年7月12日

後ろ向きな転職は良くないといわれます。しかし、転職をすることで道が開ける場合もあります。場合によっては、転職で逃げてしまってもいいんです。価値観に反することを強制される場合、組織風土が停滞している場合、活躍の場がない場合、正当な評価がされない場合、セクハラやパワハラがひどい場合などは転職した方が、豊かな人生を送れる場合があります。

スポンサーリンク

冷静に自分に問題がないか考える

職場に不満を感じている場合、自分自身に直す部分がないのか、自分自身に問題がないかということをしっかりと考える必要があります。職場に不満があるからと転職をした場合でも自分自身に問題があれば、同じような不満を感じてしまう可能性が高いからです。

しかし、中には自分自身に問題がない場合はもちろん、多少の問題がある場合でも、職場環境に大きな問題が潜んでいて、職場を変えたほうが良い場合もあります。

仕事や職場には合う合わないがある

人間には向き・不向きがあり、人の好き嫌いもあります。どうしても合わないところで耐えようとして仕事に対する苦手意識が強まってしまったり、変な仕事のお作法を身に付けてしまうくらいなら、自分に合う職場に早く転職した方が、より高い成果を上げることができて充実した人生を歩むことができる場合があります。

価値観に反する場合

自分の価値観に反するような職場で働いていると自分に強いストレスとなります。会社の仕事のやり方が社会や顧客にとって良くないことだと感じる場合、仕事の仕方がおかしいんじゃないかと思うような場合など自分の価値観と強く相反する場合です。

社会に出たての頃は、社会の仕組みが分からずに経験不足から価値観と違うと感じるような場合があり注意が必要ですが、自分の価値観と全く相いれないようなことをしている職場に長くいると人生を歪めてしまう場合があります。

自分の意に反することを強要されるような場合は、本当にそのままでいいのかよく考えてみましょう。

組織に問題がある場合

会社も色々ですが、組織に問題がある場合、転職をした方がよい場合があります。いわゆるブラック企業と呼ばれるような労働者の能力の向上や福利厚生など全く意に介せず、低いコストで使い尽くすことだけを考えているような組織の場合、早く離れた方が良いです。

また組織の活力が失われている、輝きを失っている場合も、離れたほうが仕事の満足度が上がることがあります。歴史が長い企業、規模が大きな企業でありがちです。

不満が渦巻き、重い雰囲気が漂う職場で我慢を続けるよりも、違う風土の会社で働いたほうが気分的にも良いはずです。

活躍の場が与えられない場合

大企業などでは若手には活躍の場がほとんど回ってこない場面があります。組織が大きく、管理職の数も限られている場合は20代や30代のうちは下積みの期間となり、マネジメントやプロジェクトのリーダーをする機会がなく、人を動かす経験、重要な判断をする経験が得られない場合があります。

また、理系や文系、採用職種などによって与えられるチャンスに差が出てくる場合もあります。

若いうちに活躍の場が与えられないような企業にいる場合には、若いうちに様々な挑戦をしたいと考えるなら、転職をした方が良い場合もあります。

評価の視点がずれていて評価されない場合

会社の人事評価体系の視点が自分が望むものとずれている場合があります。評価制度自体が事実上なく人間関係で評価が決まってしまう場合や、チャレンジしたことよりも小さなミスの有無が評価の中心となる場合、仕事の効率が良くても悪くてもとにかく労働時間が長い人評価される場合など、自分の努力が正当に評価されていないと感じる場合があります。

もちろん自信過剰であってはいけないのですが、冷静な状態で客観的に考えてみても自分が正しく評価されていないと感じる場合は、その組織にとどまって良いのかどうか考えたほうがよい場合があります。

セクハラやパワハラ等がひどい場合

セクシャルハラスメント(セクハラ)やパワーハラスメント(パワハラ)がひどい場合も転職を考えたほうがよいことが多いです。

セクシャルハラスメント(セクハラ)とは性的な言動や行為による嫌がらせを指しています。

パワーハラスメント(パワハラ)とは、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」(2012年1月)によると同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為とされています。

労働者の人権が十分に守られないような環境からは一刻も離れたほうがよい場合があります。上司や対応窓口に相談しても解決につながらないばかりか、逆恨みをされる場合さえあります。

我慢し続けるくらいなら逃げも一つの手

職場に問題があるにもかかわらず、我慢をし続けてしまうと大きなストレスとなってしまい、仕事で十分な力を発揮できなくなってしまいます。

変な職場環境で我慢し続けるくらいなら、転職で別の良い環境に逃げ出すことは、むしろ望ましいです。転職で道を切り開ける場合もあります。

短期間で転職を繰り返すなら自分自身を見つめて

もし短期間で転職を繰り返してしまうなら、職場環境よりも自分に問題がある可能性があります。2回位までなら不運な職場が続いてしまうこともありますが、4回、5回と不満を持ってしまうなら、転職先企業の選び方に問題があるか、自分自身に問題がある可能性が高いです。

まとめ

  • 仕事や職場には相性があり、向いていない場合は我慢するより転職した方が良い場合もあります。
  • 価値観に反することを強制される場合、組織風土が停滞している場合、活躍の場がない場合、正当な評価がされない場合、セクハラやパワハラがひどい場合などは転職した方が、豊かな人生を送れる場合があります。
  • ただし、短期間で転職を繰り返してしまう場合には自分自信に問題がある可能性があります。

スポンサーリンク

【転職で道が開けることもあるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ