生活に役立つお金の情報です。

退職の決断は冷静な時に

記事作成日:2016年1月27日

人生の大きな決断の1つである退職の判断は冷静な時に行いましょう。職場でのトラブルなどがきっかけとなって衝動的に退職を決断してしまうことがありますが、できれば冷静な時に退職の判断をするようにしましょう。衝動的に退職すると後悔してしまうことがあるからです。退職した会社に戻ることは基本的にはできません。

スポンサーリンク

会社員は辞めたいと思うのは当たり前

会社員であればもう会社を辞めたい!と思うことがあります。1度や2度ではなく毎日会社を辞めたいと思っている人もいるでしょう。しかし、ちょっと会社を辞めたくなってしまったからと言ってそのまますぐに辞めてしまってはいけません。辞めたいと思うのは特別な事ではなく、ごくありふれた感情なのです。本当に辞めたいのか、冷静に立ち止まって考えなければいけません。

時間が経って冷静になると気持ちが変わる

勢いに任せて退職を決断した場合でも、時間が経って冷静になると辞めなければよかった、会社に残っていたかったと思うことがあります。人間の気持ちとは移り変わりやすいもので、時間が経てば全く逆の気持ちになることもあります。感情に任せて退職の決断を行うことを避けた方が良い理由は、本当は辞めたくなかったということがあるからです。

辞めたいと思ってもいったん我慢

会社を辞めたいと思った場合でも、すぐに行動に移したり、周りに伝えたりするのではなくて、いったん我慢して自分の中で考えましょう。職場のトラブルなどがあって感情的に辞めたい!と思うことがあってもぐっと衝動を抑えて気持ちを飲み込むようにしましょう。退職をしたいと言い出すのはいつでもできます。しかし言ってしまうと取り返しがつかないことがあるのです。

喧嘩別れの後味の悪い退職になる恐れも

職場でのトラブルなどを原因に感情的に退職を決断してしまい、会社や会社の人と揉めたまま喧嘩別れのような状態で退職をしてしまうと非常に後味が悪い場合があります。引継ぎや退職手続きなどが円滑にできなくなる可能性もあります。円満に退職できなかった場合には、親交があった職場の人とも会いづらくなってしまうかもしれません。

冷静になってから退職すべきか判断する

退職の判断は冷静な時に行いましょう。感情が高ぶっている時、落ち込んでいる時、周りが見えなくなっている時、肉体的・精神的に病んでいる時や疲れている時などは自分の状態が落ち着くまで待ちましょう。ゆっくり休んで、たくさん睡眠をとり、気分転換をして気持ちを落ち着かせましょう。1晩とは言わず少なくとも1週間は時間をおいて冷静になってから判断をしましょう。

勢いに任せないと退職できない時は?

勢いに任せないと退職の決断ができないというような場合があります。辞めるか辞めないかで迷っているような時や言い出す気力を振り絞れないような時です。自分の中で退職の決断は出来ているけれども言い出しづらいというような場合は何かの勢いに任せて切り出しても良いのですが、退職を迷っている時は勢いに任せてはいけません。迷っているのであれば迷っている理由があるはずだからです。しっかり考え抜かないと後悔をする可能性があります。

まとめ

  • 感情に任せて衝動的に退職を決断して実行に移すのは辞めておきましょう。
  • 退職の決断は冷静になっている時にじっくり考えて決めましょう。

スポンサーリンク

【退職の決断は冷静な時にの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ