生活に役立つお金の情報です。

転職は妥協できることと妥協できないことの見極めが重要

記事作成日:2018年11月13日

転職活動では、全ての転職に関する自分の希望や条件が叶うわけではありません。すべてが理想通りという職場はなかなかありません。そのため、自分の希望や条件をすべて叶う職場でないと転職をしないと決めて付けていると転職活動が上手くいかなくなります。安易な妥協をし過ぎると望まない職場に転職してしまうため、妥協のしすぎも問題ですが何も妥協できないと転職活動は難しくなるのです。

スポンサーリンク

全て希望通りの転職は難しい

転職をしようと思い立った時、どんな転職先が良いか色々と考えを巡らせ、転職の条件を思い浮かべると思います。仕事内容は自分がやりたいことで、収入は現在よりも良いところ、勤務地は自宅の近く、残業はなしで、役職が付いた待遇が良い、など色々望むことが出てくると思います。

しかし、全てが自分の希望通りとなるような転職をすることはなかなかできません。何かを望めば、何かが叶わなくなるというようなことがほとんどなのです。

また、理想的な転職先があったとしても、離職が少なくなるでしょうから、転職の門戸は狭く、募集が少なくなり、倍率も高まる可能性が高いです。

全ての条件を叶えようとすると転職活動が上手くいかなくなる

自分の希望通りの転職をしようとすると、なかなか思ったような転職先が見つからず、転職を決断できなくて長期化してしまったり、転職そのものを辞めてしまったりすることがあります。また、本当は自分の希望に沿っているにもかかわらず、わずかに気に入らない部分があるため、良い転職先を逃してしまう可能性もあります。

逆にあまりに希望通りいかないので諦めてしまい、とりあえず転職することそのものが目的化することで、妥協すべきでないところで妥協して転職を決めてしまい、後で後悔してしまうこともあります。

転職をしようと思った原因は何か

転職に思い至る原因は色々なものがありますが、自分はなぜ転職をしようと思ったのか、転職をすることで何を得たいのか、転職に何を望んでいるのかをはっきりさせることが重要です。ほとんどの場合、何か今の仕事や職場では叶わないこと、できないこと、不満に思うことがあるからこそ、転職を思い至ったはずです。

前向きな転職といいますがほとんどの場合、何か不満があるからこそ転職をしようと考えるのです。不満がなければ、転職をする必要がないからです。

転職で何を望むのか明確にする

転職をしようと思った原因があるはずですから、自分が何を転職に一番望んでいるのか、求めているのかをはっきりさせることが重要なのです。転職に求めるものを曖昧にしたまま、何となく転職活動をすると、転職をした後に後悔する可能性が高まります。転職では、全ての希望条件を叶えることが難しいため、何かを妥協しなければいけなくなることが多いからです。

何を譲ることができて、何を譲ることができないのかが自分のなかではっきりしていないと、満足する転職先を選ぶことができませんし、条件の交渉段階になった時に何を求めればいいのか分からなくなってしまいます。業種なのか、職種なのか、仕事内容なのか、地位なのか、お金なのか、労働時間なのか、勤務地なのか、明確にしておくことが重要です。

希望条件に沿う転職先がなければ条件を緩めていく

転職活動をしていて、どうしても自分に合った転職先が見つからない場合、転職先が見つかるまで転職活動を長期化させるか、希望条件を緩めていって転職活動の範囲を広げることになります。

もし、時間をいくらでもかけられる場合、良い条件の転職先がなければ転職を断念しても良い場合は、希望通りの転職先が見つかるまで転職活動を続けるのも1つの手です。

しかし、何らかの事情で転職活動の期間が限られている場合、転職を希望する時期がある場合は、条件を緩めていくしかありません。その場合、やみくもに妥協するのではなく、妥協する部分と妥協しない部分をしっかりと区別することが重要です。

転職活動で自分がどうしても叶えたいことがあればその部分は妥協しないようにして、それ以外の部分で妥協するようにします。

転職は妥協できることと妥協できないことの見極めが重要

転職活動が成功するかどうかは、自分が転職先選びで妥協できることと妥協できないことをしっかりと見極められているかが重要になります。

妥協すべきでないことが分かっていれば、何となく妥協して流されるままに転職を決めてしまうというようなことがなくなります。妥協してもいいことが分かっていれば、条件を緩めて転職活動の幅を広げることができます。

なぜ転職したいかという転職を思い立った原因をはっきりさせて、転職する時の希望条件を自分の中で整理することが大切なのです。

まとめ

  • 転職活動では、全てが自分の希望通りになるような転職先が見つかることはなかなかありません。
  • 転職活動を成功させるためには、転職をする時に何を妥協できて、何を妥協できないかをはっきりさせておくことが大切です。そのためには、転職をしようと思った原因を見つめて、転職に何を求めているのかを明確にすることが重要です。

スポンサーリンク

【転職は妥協できることと妥協できないことの見極めが重要の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ