生活に役立つお金の情報です。

転職で収入がアップしやすい条件

記事作成日:2015年7月6日

転職をする場合、収入がアップしやすい条件があります。大きく分けて一般的な経済環境によるものと、転職する会社の特徴によるものと、転職者の特徴によるものの3つがあります。転職で収入がアップするためには転職者の経験や能力が重要と思われがちですが、そもそも賃金が高い業種などに転職することも効果的です。

スポンサーリンク

一般的な経済環境による条件

景気が良く転職市場が活発化している場合

経済環境が良く、企業の多くが採用を活発化させている場合、転職者に対してもより良い条件が提示されやすく、収入アップにつながりやすくなります。

転職先の会社の特徴による条件

転職で収入が上がるか下がるかどうかは個人の経験や能力に大きく左右されると思われがちですが、転職先の企業が変わるだけで収入が上がりやすくなる場合もあります。

平均賃金が高い業種であること

商社やマスコミ(放送)、銀行、保険、証券など平均的に賃金が高い業種に転職すると収入がアップしやすくなります。

平均賃金が高い職種であること

経営や企画などを行う職種や、専門的な知識や能力を必要とする職種など平均的に賃金が高い職種に転職すると収入がアップしやすくなります。

業界内の有力企業であること

ある業界内のトップを走っている会社は給料も高くなる傾向があります。業績が高いことや、優秀な人材を集めるために給料水準を高く設定していることなどが理由として挙げられます。

成長している会社であること

転職先の会社が成長している場合、年収がアップしやすくなります。業績が良い場合には高い給料を払うことができること、人材を集めるために高めの給料を支払う可能性があることなどが理由です。

平均賃金が高い地域の会社であること

東京の都心部などでは正社員だけではなく、アルバイトやパートなどの平均賃金も全国平均よりも高いという傾向があります。人口や産業が集積していることから生産性が高まりやすく、収益を上げやすいということや、生活に必要な費用が高いということが背景にあるとみられます。働く場所によって求人が多い業種や求人数にも差があるため、働く場所はかなり重要です。

大企業であること

規模が小さい会社であっても生産性が高く、高い利益を出しているために高い給料水準となっている企業もありますが、傾向的には大企業の方が給料水準が高くなりやすいです。規模のメリットを生かして生産性が高くなりやすく、世界規模の市場を開拓できることなどが背景にあります。

親会社の社員になること

会社の所有構造で見た場合、子会社よりも親会社に転職した方が給料の水準は高くなりやすいです。親会社と子会社でも給料水準が変わらない場合がありますが、上下関係が強い場合は給料水準や待遇に明確な違いが出ている場合があります。

発注元や元請けの社員になること

下請けの会社に転職するよりも元請けや発注元の会社に転職する方が給料の水準は高くなりやすいです。ビジネスの仕組みを考えて、より付加価値を生み出しやすい会社、おおもとの部分に位置している会社に転職すると収入がアップしやすくなります。

転職者の特徴による条件

収入がアップするかどうかは最終的には転職者の能力や経験が重要となります。

非正規社員から正社員になること

派遣社員などから正社員になると多くの場合、収入はアップします。収入が高い雇用形態で採用されると収入がアップしやすくなります。

役職が上がること

役職が転職によって上がる場合には収入がアップすることが多いです。役職が高いほど給料水準が高い傾向があるからです。

企業の求める人材像と一致していること

企業が求めている人材像と一致していると企業は採用したいと考えるため良い条件を提示する可能性があります。

特殊な技術や経験、能力を持っていること

特殊な技術や経験、能力を持っていると収入がアップしやすくなります。ただし、企業の業務で活かせることが必要で、企業が求めていないものであればどれだけ希少価値があっても収入アップには結びつきづらくなります。

企業が求める実績や経験があること

企業が求めている業務での実績や経験があると収入が上がりやすくなります。全くの未経験であれば収入は上がりづらくなります。

マネージメント経験があること

プロジェクトのリーダーや部長、課長などの管理職経験がある場合には、転職で収入がアップする可能性があります。採用する企業が管理職的な立場を求めている場合、マネージメント経験がないと採用が難しくなりますし、管理職であれば給料水準が高くなりやすいです。

転職回数が少ないこと

転職回数が多いと採用されづらくなるため、転職回数が少ないほど選択肢が広がり収入をアップさせやすいです。ただし、転職をすることが一般的で、転職回数を重ねても問題とならないような例外的な業種では転職回数が多くても、収入が上がる場合があります。

まとめ

  • 転職で収入がアップするためには転職者の経験や能力が重要と思われがちですが、そもそも賃金が高い業種などに転職することも効果的です。
  • マネージメント経験がある場合、必要とされている分野で実績や経験がある場合などは転職で収入がアップする可能性があります。

スポンサーリンク

【転職で収入がアップしやすい条件の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ