生活に役立つお金の情報です。

会社員は転職で自分の人生を決められる

記事作成日:2015年10月28日

会社員でいると会社との関係でどうしても自由にならない部分が多くなってしまいます。自分が望まない仕事をしなければいけなかったり、自分が望む場所や待遇で働けなかったりします。そんな時は転職をすると状況を変えられる場合があります。会社員は転職をすることによって自分の人生を選ぶことができるようになるのです。

スポンサーリンク

会社員は自分が決められないことが多い

自分の人生であるはずが、会社員になってしまうと会社に左右される人生になってしまいます。給料を始めとして、住む場所、仕事の内容、時間など人生の重要な部分を会社が決定することになってしまいます。それでも、会社員としての生活で自分自身が満足できるならば良いのですが、必ずしも満足できる待遇が得られるとは限りません。自分の意に反した転勤もあるでしょうし、給料が少なければ生活していくのさえ苦しいかもしれません。

会社員でいると毎月決まった日に給料が入り、収入の面では一応安定しているように見えるのですが、人生の選択権、選択の幅が大幅に狭くなってしまい、自分で決められることが少なくなってしまいます。

自分の人生は自分で決める

せっかくの人生なのですから、人が決めた人生を歩むよりも、自分が歩みたいと思った人生を歩んだ方がすっきりするのではないでしょうか。自分が望まない会社の意に沿った人生を歩んでしまうと、定年を迎えて振り返った時に、もう少し違ったやり方があったかもしれないと後悔してしまうかもしれません。会社員であったために諦めることも出てきてしまうかもしれません。

しかし、自分の人生なのですから、望まないことはできる限り避けて自分が望んだ道を歩めるように努力すべきです。会社員は自分で決められないことも多いですが、自分の人生はなるべく自分で決められるように努力することが良いのではないでしょうか。

転職は会社員の切り札

比較的規模が大きい会社であれば、仕事の内容にも幅があるため人事異動の希望などによって、自分が望む会社員人生を歩むことができる可能性が高くなります。また、比較的規模が小さい会社では、経営者と従業員の距離が近いため、意思疎通を図ることで会社の労働環境を変えやすい場合もあります。

しかし、どうしても現在の会社では望むような人生が歩めないと感じることもあるはずです。会社員にとって人生を好転させる切り札と言えるのが転職です。会社を変えることで状況を変えられる可能性があります。

ただし転職はリスクもある

しかし、転職は万能薬ではありません。転職することによって状況がかえって悪化する場合さえあります。転職した先が今よりもより望まない職場環境である可能性もありますし、能力や経験によっては望んだ企業に転職できず妥協して転職先を選ばなければならないかもしれません。

切り札がいつでも使えるように備えを

転職という会社員の切り札を使えるようにしておくためには、自分の能力や経験を高め、転職の可能性を常に広げておくことが大切です。年齢を重ねるうちに転職時に求められる人物像は変わってきますが、他の企業でも受け入れられるような魅力ある人材になっておくことで、転職を切り札として使えるようになります。

転職を活用して自分が人事権を行使する

転職を活用することで、自分の人生をなるべく自分の希望に沿ったものにすることができる可能性が高まります。会社が示した道筋を歩んでいくだけではなく、自分が望んだ道を歩める可能性が高まります。つまり、自分が人事権を持つことになります。

ただし、どうしても会社などの組織に馴染めないという人もいるかもしれません。そのような人は起業を選択肢に入れることによって人生を豊かなものに変えることができる場合もあります。

まとめ

  • 会社員は、給料や住む場所、仕事内容、時間などの面で自由にならない部分があります。特に望まない仕事をしなければいけない場合もあります。
  • 転職を活用すると、自分が望める人生を歩めるようになる可能性が高まります。自分の人生は自分で選ぶという点で転職は会社員の切り札となります。

スポンサーリンク

【会社員は転職で自分の人生を決められるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ