生活に役立つお金の情報です。

転職後は戸惑いと失望に悩まされる

記事作成日:2015年7月14日
最終更新日:2015年7月16日

転職後は戸惑いや失望に悩まされる場合がありますが、誰もが通る道と思って割り切りましょう。期待の高まりを自覚し、環境の変化や行き違いはあって当然と考えることで戸惑いや失望を和らげることができます。時間が経てば慣れてくるので、マイナスの気持ちを仕事に持ち込まないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

転職では新天地への期待が高まる

転職をする場合、会社の倒産などやむを得ない事情である場合を除いて、今までの職場よりも何かが良くなることを期待して転職することになります。そのため、今までの会社を辞められてよかったという気持ちと、新しい会社への期待感が高まっています。

期待が高い分、失望も多くなる

新しい会社への期待感が高まっていると、ちょっとしたことで期待外れだった、思っていたこと違うという気持ちになってしまいやすいです。実際には前の会社よりも改善されていても、期待が高まり過ぎていると、がっかりする気持ちが強くなってしまいがちです。

環境の変化には誰もが戸惑う

転職慣れしていれば環境の変化にはそれほど戸惑わないかもしれませんが、転職回数が1回や2回という場合には、新しい会社に入ると最初は環境の変化に戸惑うことが多くなります。前の会社とやり方が違うことに遭遇するたびに違和感や戸惑いを感じることになります。

多少は思っていた事と違うこともある

転職前に仕事の内容や労働環境、職場の雰囲気などを細かく確認していたとしても、実際に働いてみないと分からないことがあります。聞いていた話と違うということは多少はあります。

確認が十分にできていなかったという場合も多いですが、採用側はどうしても都合がよい部分を強調してしまうことがあること、多少の誇張が入ってしまうことがあること、応募者側も自分の都合がよいように解釈してしまうことがあること、職場の雰囲気などは人によって感じ方が違うこと、言葉では伝えきれないこともあることなどが理由です。

転職後の戸惑いや失望を減らす方法

転職後に戸惑いや失望が大きくなりすぎると、モチベーションの低下を招き、再び転職を考えてしまうことになりかねません。

もちろん、聞いていた話と大きく食い違う場合は問題がある企業である場合もあるため、早く離れたほうがいいこともありますが、冷静に状況を見極めることが大切です。

期待の高まりを自覚する

転職をする時は期待が高まってしまうことを自覚することです。期待を失望に変えるのではなく、冷静に前の職場と転職後の職場では何が変わっているかを考えましょう。

また、全ての条件が揃った完璧な職場というのはなかなか巡り会えないはずですし、過度な期待を持たないように気を付けることも重要です。

環境変化は当たり前と思う

会社が変われば、ありとあらゆることが変わって当然で、何もかもが違うということは当たり前だと思って転職すると環境変化を受け入れやすくなります。前の会社のやり方を持ち込むのはあまりいいことではありません。

本当に素晴らしいことは提案すればよいですが、転職して職場に慣れた頃の方が波風が立たないため良いと考えられます。

念入りに事前に確認する

事前の確認が不十分だったため想像と違ったというのは良くありません。面接などを通じて、仕事の内容、労働環境、職場の雰囲気などはよく確認しておきましょう。

確認不足の場合には、望む会社と全く違う会社に転職してしまうことにもなりかねませんので、丁寧に確認することが大切です。

多少の行き違いは割り切る

どれだけ事前に確認しても、多少の行き違いは起きてしまいます。少しくらい思っていた通りでなくても、そんなものと思って割り切ることも必要です。

粗探しをして想像とは違う部分を探すより、新しい職場の良い所を考えて前向きに仕事に取り組む方が、転職で良い結果を出せるようになります。

慣れるまでには時間も必要

転職直後は戸惑いや失望が続いていても、時間が経てば新しい環境に慣れてきます。入社して半年くらいは慣れるまでに必要な機関と割り切って、じっと我慢することも大切です。

まとめ

  • 転職直後は期待の高まりや行き違いから戸惑いや失望を感じることがありますが、誰もが通る道と割り切りましょう。
  • しかし、期待の高まりを自覚し、環境の変化や行き違いはあって当然と考えることで戸惑いや失望を和らげることができます。時間が経過すれば、新しい環境にも慣れてきます。

スポンサーリンク

【転職後は戸惑いと失望に悩まされるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ