生活に役立つお金の情報です。

転職エージェントは話しやすい人を選ぶ

記事作成日:2016年3月12日

転職エージェントを選ぶ場合には、求人案件の豊富さや業界知識、転職ノウハウの有無も重要ですが、転職活動を進める上で話しやすい相手かということがとても重要です。いくら求人案件が豊富でも話しづらい転職エージェントでは転職活動がなかなかうまくいかないからです。話しやすい転職エージェントの方が転職活動は進みやすくなります。

スポンサーリンク

求人案件数や業界知識・ノウハウも重要ですが

転職エージェントを選ぶ場合には、当然ですが転職情報、転職の案件を数多く持っている人を選んだ方が、転職の可能性が広がります。転職エージェントを選ぶ上で転職の案件が豊富かどうかというのはとても重要です。また、業界知識や転職ノウハウに詳しい転職エージェントは転職活動を進める上でとても心強いはずです。

しかし、案件を豊富に持っているだけで、求人情報をぴったりな転職希望者に紹介することができなければ意味がありません。業界知識や転職のノウハウも同じで、転職希望者の役に立たなければ意味がないのです。転職活動では、転職エージェントと転職希望者の相性はとても重要です。転職エージェントと転職希望者の相性が悪いと転職活動を成功させるのは困難になります。

話しやすい転職エージェントを選ぶ

転職エージェントが求人情報を豊富に持っていたり、転職を希望する業種や職種に詳しかったり、転職のノウハウが豊富であったり、過去の実績があったりしても、自分の希望を上手く伝えられないと転職活動を思い通りに進めることは難しくなります。

転職活動では本音と建前があります。転職希望者が転職エージェントに最初に話すのは建前も多くあります。しかし、実際には建前とは別に本音があり、本音を上手く話せないまま建前の説明を基に転職先を紹介されても上手くいかないのです。

自分の希望を丁寧に聞いてくれない、一方的に求人案件を勧めてくる、何かと決めつけて話をすすめる、自分の希望と違う求人案件を紹介するなど、自分の話が十分聞き入れられていない場合は、別の転職エージェントを利用した方が良い場合があります。

また、転職エージェントと年齢が離れすぎている場合、転職エージェントの得意とする分野と自分が希望する業種や職種が大きく違っている場合、転職エージェントと性格がずれていている場合、転職エージェントの価値観に違和感がある場合など、上手く話せないと感じるような場合も同様に別の転職エージェントの利用を考えた方が良いでしょう。

言い出しづらいことを我慢しない

転職は人生を左右します。言いたいことを言えないような転職エージェントと転職活動を進めてしまうと、転職活動で妥協をすることになって、人生が狂ってしまうことがあります。転職活動では機微に触れることも多く、言い出しづらいということも多いのです。

転職エージェントに希望を伝えづらい、面接で上手くいっている企業があるが違和感があるので辞退したいが言い出しづらい、条件で確認したことがあるのに聞きづらいなど、転職活動を行っていく上で言いたいことを言えないということは大きな問題があります。違和感があるまま転職をしてしまうと、転職後に違和感が大きくなって上手くいかないことがあるからです。

転職活動で言い出しづらいことがあって我慢しているというのは大きな問題があります。転職活動は希望が全て叶うわけではありませんが、言いたい事、確認したい事、聞きたい事、伝えたい事は我慢せずに、納得がいく転職活動を行うことが重要です。モヤモヤする気持ちを抱えたまま、転職を決めてしまうと後悔する可能性があります。希望通りにいかない事でも、あらかじめ理解して納得していれば受け入れられますが、言い出しづらくて我慢してしまうと気持ちのモヤモヤが残ってしまいます。

まとめ

  • 転職エージェントを選ぶ場合には、求人案件の豊富さや業界知識、転職ノウハウの有無も重要ですが、転職活動を進める上で話しやすい相手かということがとても重要です。
  • 転職活動では言い出しづらいことが言えず、我慢してしまうと、十分な納得考えられないまま、妥協して転職を決めてしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

【転職エージェントは話しやすい人を選ぶの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ