生活に役立つお金の情報です。

手当たり次第に応募するのはやめましょう

記事作成日:2015年7月6日

転職活動をする場合には、転職活動の期間にゆとりがあるのであれば、就職活動の時とは違って手当たり次第に応募するのではなく慎重に絞って応募することをおすすめします。手当たり次第応募すると、入社しなかった会社と仕事上の関わりを持った場合や次の転職の場合に困ることがあります。狭い世界であることがあるのです。

スポンサーリンク

簡単に応募できてしまう

転職サイトを使った転職活動では比較的簡単に多くの企業に応募することができます。転職エージェントを利用している場合でも、エージェントによってはとりあえず書類選考だけでも試してみましょうということで、数多くの企業に応募を促す場合もあります。

簡単に応募できるからといって気軽に応募していると後で後悔する事態に陥る可能性があります。

多数の同時進行で面接日時の調整が難しく

同時に多数の企業に応募してしまうと、順調に進んだ場合、面接日時の調整が難しくなってきます。特に働きながら転職活動をしている場合はかなり難しくなってしまいます。

また、多数の企業に同時進行で応募してしまうと、1社1社に対して十分な分析をする時間をとることができず、何となく転職先を決めてしまうということにもなりかねません。

次の転職の選択肢を狭めてしまう可能性が

複数の会社に応募してその中の1社に転職が決まった場合を考えます。しばらく働いて再び転職したいと思い、次の転職をする時に希望条件に合う会社が、過去に応募したことがある会社ばかりだと場合によっては選択の幅を狭めてしまう可能性があります。

別に再度の応募は出来ないということはないのですが、なぜ前回の応募で入社しなかったのかなどが問われる可能性があり、転職の難易度を上げてしまう可能性があります。

取引先として関係する可能性がある

関連する仕事で複数の会社に応募し、ある会社に採用された場合、応募した別の会社は取引先になる可能性があります。

場合によっては取引先の会社で面接で会った人などと仕事でかかわるようになれば気まずい思いをする可能性もあります。また、仕事で直接関わることがなくても、変な評判を立てられてしまい仕事に影響してしまう可能性があります。

手当たり次第に応募するのはやめましょう

特に若い時には経験などを問わずに潜在的な能力を評価して採用してもらえる場合があるために、幅広く会社に応募することができます。そのため、多くの会社に応募してしまうことがありますが、手当たり次第応募してしまうと、入社しなかった会社と仕事上の関わり合いを持った場合や、次の転職をする場合に困ってしまう場合があります。

そのため、手当たり次第に応募するのはやめましょう。

情報は広く集め、応募は慎重に

転職をする場合は、自分の希望に拘り過ぎず幅広い視点から様々な角度で情報を集めることが成功につながります。会社の情報も幅広く集めて検討することが必要ですが、応募は慎重にすることが大切です。

どうしても急いで転職を決めなければならない場合は同時に複数社の選考を進めなければいけませんが、時間的に余裕がある場合には応募は絞って、ダメだった場合に次に応募するというように慎重に進めた方が良い場合があります。

複数の会社と面接をすることで比較できるという面があるため1つに絞らなくても良いと思いますが、多すぎても問題があります。

まとめ

  • 転職活動では転職サイトや転職エージェントを通じて比較的容易に多くの会社に応募することが出来ます。
  • しかし、手当たり次第応募すると、入社しなかった会社と仕事上の関わりを持った場合や次の転職の場合に困ることがあります。
  • 手当たり次第に応募するのはなるべく控え、応募は慎重に行いましょう。

スポンサーリンク

【手当たり次第に応募するのはやめましょうの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ