生活に役立つお金の情報です。

前の職場や上司や同僚の悪口は控える

記事作成日:2016年2月22日

転職活動を行う場合には、転職前後に関わらず、前の職場や上司や同僚、部下の悪口は控えておきましょう。人生ではどこで縁があるか分からないため、不用意に人間関係を悪くしないことが大切です。円満退社ができるのであれば、円満退社をした方が後々問題の発生を防ぐことができます。また、人の悪口は自分の評判を下げることにもつながります。

スポンサーリンク

円満退社を心がける

円満退社という言葉がありますが、企業を退職する場合にもめ事を起こさず退職することを言います。退職を切り出す場合に職場や上司・同僚などの批判を行わないこと、退職の前には引継ぎをしっかりと行う、情報の不正な持ち出しを行わない、備品を返すなど、丁寧な退職手続きを行うことが円満退社につながります。

経営者や上司の方針から、強烈な引き留めが行われる、退職を切り出すと強く非難されるなどどうやっても円満退社が難しいこともありますが、可能な限り揉めないような退社を心がけるべきです。

前の職場の上司や同僚などの悪口は言わない

円満退社で重要なのが、前の職場の上司や同僚などの悪口は言わないということです。上司や同僚に腹を立てていて、直接の退職理由で合った場合であっても、敢えて悪口を言って揉めてしまうのではなく、退職まで飲み込んでしまった方が得策であると考えられます。悪口を言ってその場ではすっきりするかもしれませんが、その後の人生に影響する可能性があるからです。

退職手続きで嫌がらせを受ける

不必要に退職手続きで求めてしまうのは出来れば避けたい事であると考えられます。もし退職前に前の職場の上司や同僚、部下などの悪口を言い、もめ事を起こしてしまうと退職手続きで嫌がらせを受ける可能性があります。書類のやりとりを遅らせる、退職金の支払いを渋るなど様々な嫌がらせを受ける可能性があります。

人生どこで縁があるか分からない

世の中は案外狭く、前の職場の人と人生のどこで関わりを持つかは分かりません。同じ業界や隣接する業界に転職する際には直接あるいは間接的に仕事で関わるかもしれません。

あまり酷い辞め方をしていると、転職後に悪い評判を流されてしまう可能性さえあります。また、仕事上だけでなくても、日常生活で関わる可能性があります。例えば、子供の学校が同じだった、近所に引っ越してきたなども考えられます。

転職活動に影響する可能性がある

転職前の職場の上司や同僚など悪口は転職活動に影響する可能性もあります。

評判が伝わる可能性

直接的に転職前の職場に転職希望者の評判などを尋ねる前職調査は日本では一般的ではありませんが、偶然共通の知り合いがいて情報が伝わる可能性は十分にあります。特に同じ業界や隣接する業界に転職する場合には、仕事上の付き合いを通じて、転職希望先の企業に自分の評判が漏れている可能性があります。あまり酷い辞め方をしていると、転職活動に直接的に影響する可能性があります。

退職理由が説明しづらくなる

円満退社とは言えないような状況で退職をしてしまうと、退職理由を説明しづらくなることがあります。また、仮に喧嘩別れしてしまった場合などに、転職活動で退職理由を話した時に、自社でも似たようなトラブルを起こすのではないか、といったような懸念を抱かせてしまう恐れがあります。

まとめ

  • 転職活動を行う場合には、転職前後に関わらず、前の職場や上司や同僚、部下の悪口は控えておきましょう。
  • 人生ではどこで縁があるか分からないため、不用意に人間関係を悪くしないことが大切です。

スポンサーリンク

【前の職場や上司や同僚の悪口は控えるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ