生活に役立つお金の情報です。

転職回数はむやみに増やさない

記事作成日:2015年7月4日

転職回数はむやみに増やさない方がいいです。すぐに辞めてしまう可能性がある人は採用で不利になります。転職回数が多い人は、またすぐに転職してしまうのではないかと考えられてしまうため、どうしても採用で不利になりがちです。年齢によって異なりますが1~2回の転職は多くの場合問題になりません。

スポンサーリンク

転職回数が多いとどのようにみられるか

転職回数が多いと通常は採用で不利になります。企業側としては採用には時間も手間もお金もかかるので、なるべくなら採用した人に長く働いてほしいと考えます。

そのため、すぐに辞めてしまう可能性がある人は採用で不利になります。転職回数が多い人は、またすぐに転職してしまうのではないかと考えられてしまうため、どうしても採用で不利になりがちです。

もちろん、多くの違う環境で働いた経験や、積極的に挑戦する姿勢を前向きに評価してもらえる場合もありますが、少ない例と言えます。

長く続けられず、すぐに辞めてしまう

転職回数が多い人には、1つの仕事を長く続けらず、何か嫌なことがあると我慢しないですぐに辞めてしまう人がいます。仕事が合っていない、職場の人間関係が上手くいかないなど何か仕事に不満を持った場合に、努力せずに辞めてしまうのではないかと疑われる可能性があります。

実際には個人個人の努力ではどうしようもない場面もあって、そのために転職をするということもあるのですが、採用する側は転職回数が多いというだけで疑いの目を向けてしまうのです。

良い条件を求めて転職を繰り返す

仕事が出来て優秀な人でも転職回数が多い場合があります。転職をしてより良い条件の会社に移っていくことが多く行われるような業界では、仕事が続けられないという理由ではなくても、転職回数が多い場合があります。転職に寛容な業界では問題はあまりないのですが、別の業種で働こうとする場合には、転職回数の多さが理解されないことがあります。

いくら優秀であっても条件次第ではすぐに他社に移ってしまう恐れがある場合、企業側は採用しづらいと考えられます。

転職回数は何回までならいいのか

転職回数はなるべく少ない方がいいです。年齢にもよりますが1回や2回くらいでは問題になるケースは少ないでしょう。もちろん20代前半の人が2回転職していると働いている年数と比べて転職回数が多いということになるので、しっかりと理由が説明できないと採用で不利になる場合があります。年齢によっては3回位でも違和感を持たれない可能性があります。

また、転職の理由が、企業の倒産など本人が原因ではないと考えられるような場合は、不利にならないよう考慮してもらえる可能性が高いと考えられます。

転職回数が多い場合は

転職回数が多い場合はなぜ転職回数が多くなってしまったのか相手が納得できる説明が必要です。何らの事情があったのであれば、説明して理解を得ることが大切です。しかし、なんとなくの転職で回数が増えてしまった場合は、採用で不利になることは避けられません。今度こそは長く働きたいということを丁寧にアピールすることが大切になります。

若い時や好景気の時は簡単に転職できてしまう

年齢が上がってくると転職はしづらくなってきますし、家族を持つようになればなおさら転職は慎重になっていきます。しかし、若い時は経験や実績ではなく、潜在的な能力、いわゆるポテンシャル採用で簡単に転職できてしまう場合があります。住宅ローンなどの負債や扶養している家族がない場合には積極的に転職することができます。

また、景気が良い時には求人も増えるため、人手不足感が強まり企業によっては採用を積極化する場合があります。そのため、比較的簡単に転職できてしまう場合があります。景気が悪い時であればなかなか転職は出来ないのですが、時期によって転職市場の状況は大きく変わります。

そのため、なんとなく転職することができてしまい、転職回数を増やしてしまうことがありますが、転職は慎重にしましょう。

まとめ

  • 転職回数が増えると採用で不利になる場合があります。
  • 年齢によって異なりますが1~2回の転職は多くの場合問題になりません。
  • 転職回数はむやみに増やさないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

【転職回数はむやみに増やさないの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ