生活に役立つお金の情報です。

異動が状況を改善することも

記事作成日:2015年6月24日

凄く規模が大きな企業でなくてもそこそこ規模が大きくなってくると複数の部署、事業者を抱えるようになります。転職したいと思った場合でも、異動をすることで状況が改善することがあります。転職だけが問題の解決策ではない事を意識しておきましょう。人事異動が仕事の様々な問題を解決することもあるのです。

スポンサーリンク

同じ企業であれば適応しやすい

全く違う企業で働くのと同じ企業の別の部署で働くのは最初の適応の早さが全く異なります。同じ企業の別の部署であれば会社の基本的なルールは同じなので、これまで積み上げてきた経験が多少は活かせます。しかし、全く違う企業だと仕事のやり方が全く違ってくる場合もあり、ルールを最初から覚え直さなければいけないこともあります。

全く環境が違う場合も

企業の規模が大きくなればなるほど多様な部署が存在するようになります。異動によって今の仕事とは異なる部署で働くことになった場合、環境が全く変わってしまう場合もあります。ほとんど転職に近いような状況になることもあります。しかしそれでも同じ会社であれば会社のルール自体は変わらないので、全く違う会社よりは戸惑うことが少ないと思います。

人間関係のトラブルなら異動で改善も

会社そのものの不満というよりも職場の上司や同僚などとの人間関係が嫌だと感じているのであれば、異動することで問題が解決する場合が多くあります。会社の規模が大きくなると複数の部署があり普段はほとんど関わり合いがない部署が存在するようになるはずです。そうなると、異動先の部署で現在の人間関係をほとんど引きずらずに働くことができる場合もあります。

異動でやりたい仕事ができる場合も

やりたい仕事があるから転職するという場合も、場合によっては異動によって希望する仕事ができるようになる場合もあります。特に企業の規模が大きくなると、他の部署でどのような仕事をしているか分からないものです。案外、自分に合った仕事が社内で見つかるかもしれません。

社内公募制度があるなら活用を

異動は希望通りにいくとは限りません。そのため、様々な機会を通じて会社に異動したいということを伝えていく必要があります。社内公募制度を取り入れている会社の場合は、積極的に活用して希望する仕事を伝えることで、転職しなくても異動で状況が改善することがあります。積極的に活用しましょう。

会社に不満なら異動では改善しないことも

人間関係の不満ではなく、会社の方針や自分の処遇など会社そのものに関する不満であれば部署を異動しても状況が変わらないことがあります。その場合は、転職を考えたほうがよい場合もあります。

まとめ

  • 何らかの不満があり転職したいと思った場合、異動で状況が改善することがあります。
  • 特に部署が多くなってくると多様な職場環境が出来るため、状況が改善する可能性が高まります。
  • 単なる人間関係の問題であれば、部署が変わることで解決する可能性があります。

スポンサーリンク

【異動が状況を改善することもの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ