生活に役立つお金の情報です。

転職しないで残るのも選択肢

記事作成日:2015年8月26日

転職をしたいと思って転職活動を始めた場合でも、最終的に転職をしないという選択肢があります。転職は失敗する場合もあるので慎重になりましょう。景気が悪い時や何がしたいのか分からない時などはもう少し転職を待っても良いかもしれません。転職をしたいと思っても、転職をしないで残るのもの選択肢なのです。

スポンサーリンク

景気が悪い時

転職にはタイミングが重要です。同じような経歴の人でも転職活動をした時期によって、転職活動が上手くいきやすい場合と、苦労する場合があります。

一般的に景気が悪い時期は企業の求人が減ってしまうので、転職活動は難しくなります。そのため、景気が良くなって求人が増えるまで転職を待った方がいい場合があります。

ただし、景気が悪い時期に思い切って求人を出せる企業はある意味強いとも言えますし、景気が悪い時は知名度が無い会社でも優秀な人材が採用しやすいことから採用を積極化する会社もあり規模は大きくないけれども優良な会社と巡り合える場合があります。そのため、転職を希望するなら情報収集は欠かさないようにした方が良いかもしれません。

仕事をやりきっていない時

仕事に不満がある、なんとなく合わない気がするという時でも、その仕事を始めて間がないうちはとりあえず打ち込んでみるということも選択肢の一つです。何かの仕事に就いて時間が経ってない間はその仕事の面白さや意義が見えてきていない場合もあります。

続けてみることで新たな発見が得られる場合もあります。今の仕事をやりきったと思っていないうちは、まだその仕事を続けてもいいかもしれません。

ただし、もう何も得られることがないんじゃないかという思いが強くなるようであれば転職や部署異動について考えましょう。

何がしたいか見えない時

自分がどんな仕事をしたいのか今一つ見えていない場合も、思いとどまってもいい場合かもしれません。新しいことにチャレンジすることで自分がやりたいことが見えてくるときもあるのですが、何となく転職をしてしまうと失敗しやすくなるのも事実です。

今の職場には満足していないけれど、どうしたら満足するのか分からない、どんな仕事がしたいの分からないという場合には考えがまとまるまで転職を思いとどまってもいいかもしれません。

とはいえ、悩んでいるだけでは年齢を重ねてしまうので注意しましょう。

候補の会社に魅力を感じない時

転職活動をしていて採用にむけて良い感触が得られても、話を聞いているうちに、何となく入社したいと感じない、不安を感じるというような場合があります。

今の会社に強い不満がある場合でも、転職の候補となる会社にあまり魅力を感じないのであれば無理して転職するよりも残った方が良い場合があります。

人間の直観は当たるもので漠然とした不安感は何かのシグナルなのかもしれません。

まとめ

  • 転職をしないで今の会社に残るのも選択肢です。
  • 景気が悪い時や何がしたいのか分からない時などはもう少し転職を待っても良いかもしれません。

スポンサーリンク

【転職しないで残るのも選択肢の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ