生活に役立つお金の情報です。

転職を繰り返すと収入が下がりやすい

記事作成日:2016年11月16日

転職は人生を変える重要な手段ですが、より良い職場があるはずだと安易に転職を繰り返してしまうと、かえって自分の立場を苦しいものにしてしまうことがあります。転職を繰り返すと、良い条件の仕事を見つけづらくなり、待遇が良くなるどころか悪くなっていくことが多く、転職をするたびに収入が下がっていくことさえあります。

スポンサーリンク

転職回数が多いと評価されづらい

日本では転職回数が多いと、何か問題があるのではないかと疑われ、評価されづらくなってしまう傾向があります。書類選考に通りづらくなってしまい、人材としての魅力を訴えることができる機会が得られず、書類選考を通過しても厳しい目で選考されます。希望するような仕事に転職することが難しくなってしまいます。

転職を繰り返していると経験が積めずスキルも身に付かない

転職を繰り返していると、多くの場合は短期間辞めてしまうことになるため、十分な経験が積めず、スキル・技能も身に付かないため、人材としての魅力をアピールしづらくなってしまうことがあります。日本では転職を繰り返して様々な職を経験したということが評価されづらく、1つの仕事を続けた期間が長い方が評価される傾向があります。

条件が悪い仕事しか見つからなくなる

転職回数が増えると、希望する仕事に就くことが難しくなり、収入のためにどうしても働かなくてはならなくなった場合、条件が悪い仕事しか見つからなくなってしまうことがあります。収入のために仕事を妥協せざるを得ず、悪い条件を受け入れなければならず、収入が下がりやすくなります。

条件が悪いと辞めたくなってしまう

給与などの待遇面での条件が悪いと、仕事を続けようという意欲が失われてしまい、辞めたくなってしまうことがあります。せっかく転職をしても条件が良い仕事を見つけられずに妥協して次の仕事を選ぶと、またすぐに辞めたくなってしまい、悪循環にはまってしまうことがあります。

辞めぐせがついてしまうことがある

人生で仕事は重要な部分を占めるので、仕事が耐えがたいほどの苦痛であれば我慢するよりも辞めてしまった方が良い場合があります。しかし、行き過ぎてしまってちょっとした嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうような辞めぐせが身に付いてしまうことがあります。衝動的に会社を辞めるようになってしまうと、採用面接などで辞めた理由を説明しづらくなり、仕事を見つけづらくなることがあります。

転職を繰り返すうちに低収入に

最初は希望に満ちていた収入でも、転職を繰り返すうちに選択肢がどんどんと狭まってしまって、良い条件を求めていたはずがどんどんと悪い条件を受け入れざるを得なくなってしまうことがあります。振り返ってみると、転職しないで元の職場で我慢していた方がまだ良かったと思うこともあります。転職を繰り返すうちに悪循環に陥って低収入に陥ってしまうことがあるのです。

転職は慎重にする

転職は人生を変えるための重要な手段で、転職が成功するとより豊かな人生を送ることができる場合がありますが、逆に失敗すると状況が悪くなってしまうことがあります。会社を辞めたい、転職したい、と思った場合でも、勢いで転職を考えるのではなく、冷静に転職をする方が良いのかどうか考えることが重要です。

会社を辞めないで転職活動を行ってみて、どのような仕事に採用される可能性があるのかを探ることも大切です。転職をしても思ったほどは条件が良くならない、今よりも良さそうな仕事が見つからないという可能性でもあるのです。辞める前に十分な情報収集をすることが大切です。

まとめ

  • 転職を繰り返すと、条件が良い仕事を見つけづらくなっていくことがあります。
  • 転職をするたびに待遇の条件が悪くなり、収入が下がってしまうことがあります。転職は慎重にしましょう。

スポンサーリンク

【転職を繰り返すと収入が下がりやすいの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ